RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fat Joe「Me, Myself & I」
fatjoe-mmicovs.jpg


Fat Joeの通算七作目となる『Me, Myself & I』を御紹介。その巨漢がもうトレードマークの名もそのままのFat Joe、精力的に作品を届けているベテランで御座います。前作が50 CentとのBeefの最中に発売されたってのもあってかなり注目されましたが、本作はどことなく地味に発売された感がありましたね。僕もタワレコに並んでいるのを見て発売を知った感じでした。
それでは早速内容の方に触れていきます、本作はちょっぴり少なめの全12曲を収録しています。まずは幕開け「Pendemic」はStreetrunnerが製作を担当、まぁ幕開けらしく静かにじわじわと来る一曲。「Damn」はGrind Musicなる人物が手掛けたネタ使い冴えるソウルフルな一曲、Bo Hansson「Excursion With Complications」を下敷きにひたすら熱いラップをかますFat Joeが見物。「The Profit」では今最もマイク5本に近いMCである人気者Lil Wayneが客演で参加、製作はDJ Khaledで御座います。シンプルながらもどこか緊迫感の走る警戒系トラックに、Fat Joeの野太いラップとLil Wayneの粘着質なラップが絡む濃~い一曲。「No Drama(Clap&Revolve)」はThe Runnersが製作を担当したサウス流儀のスクリュー曲、これでYoung JeezyかRick Ross辺りが絡んでたらもっと最凶な一曲に仕上がっていたに違いない。「Breathe And Stop」ではThe Gameがゲスト参加、製作はNu Jerzey Devilなる人物が担当。Bob Marley「War」をサンプリングした最近流行りのRaggae風味のトラックにThe Gameのやさぐれたフックが印象的な、でもそんな破壊力は無いちょっぴり肩透かしな一曲かと(残念)。「She's My Momma」は再びStreetrunnerによる製作、サンプリングにはBlack Heat「Keep On Runnin」を使用。こういう早回し的なトラックは僕の好物なのですんなり耳に入る、でもどことなくパンチが無いというか、ちょっぴり物足らない感じが。「Make It Rain」は本作からの大ヒットシングル、アルバムが売れなくてもその中の一曲だけ売れるっていう最近の現象そのままな一曲。製作は最近めっきり名前を聞かなくなった気のするScott Storchが担当、ゲストには本作二度目となるLil Wayneが参戦。このトラック自体はそんな破壊力は無い気がするし、かなりシンプルでそんなにバウンスも感じない。ただやはりここはLil Wayneの爬虫類フックが効果を奏している気がする、もしこの曲にLil Wayneが参加していなかったら……こんなに売れてはいなかったかも(憶測)。続く「Jealousy」は再びGrind Musicによる製作曲、Isaac Hayes「Ike's Mood」をサンプリングしたトラックがカッコよくて結構好きな一曲。「Think About It」は再びScott Storchによる製作、良くも悪くもScott Storchらしい仕上がりの緊迫感ある重苦しい一曲、もう一押し足らないかなぁとも(欲張)。StreetrunnerがMichael Jackson「Maria(You Were The Only One)」のボーカルをそのままベタ使いした「Bendicion Mami」が悔しいケド好き、原曲知らないけど聴いて一発でMJのそれだと分かる歌声。最後を飾る「Story To Tell」はDJ Khaledによる製作曲、こういう感じのダークトラックがFat Joe色なんでしょうね、しっくり来るっす。

う~ん可もなく不可もなくって感じ、もうちょっと冒険してほしかった気もするかなぁ。Fat Joeはゲスト参加とかでなら存在感大きいんだけど、ソロだとちょっと僕的には物足らないMCなのかも(失礼)。でも軽く及第点は超えているのかな、失敗している曲も無かったし。Lil Wayne好きなら「Make It Rain」狙いで購入するのも良いかもしれません(結局)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment