RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Cee Lo Green「The Lady Killer」
ceelo-lady1010.jpg

Atlantaを代表する強烈なHip Hopグループ、Goodie Mobのフロントマンとしても活躍するCee-Lo改め(?)Cee Lo Greenの通算三作目となる『The Lady Killer』を御紹介。DJ Danger Mouseとのタッグ、Gnarls Barkleyでもその奇怪とソウルフルの際どい線を攻めたヴォーカルで、世界中の多くの人々を魅了したCee Lo Green。あの丸っこい風貌も凄いインパクトですし、やはりあ鳳凰か怪鳥の如きケーーーーッと繰り出すヴォーカルが独特で耳に残る、でも奇抜なだけでなくきちんとソウルを醸し出しているから不思議。本作もかなりの期待がかかった一枚、輝くサングラスが彼のソウルをばっちり表していますね。
それでは気になる内容をここで簡単に……まずはCee Lo GreenのJames Bond顔負けの決め台詞“女性を悩殺するライセンスを持っているのさ♪”で幕を開ける「The Lady Killer Theme(Intro)」が素敵、まるで一本の映画が今からスタートするかの様。そして煌びやかな閃光の様な眩しいシンセサイザー使いが綺麗な流線型メロディ「Bright Lights Bigger City」、製作はBen H. Allen(Co製作はGraham Marsh)が担当。シンセを使いつつも美しいストリングスが張り巡らされていて、それがオールドソウルの雰囲気を醸し出す好楽曲、Cee Lo Greenの天高く飛び上がる様な歌声も突き抜け感が半端なくて気持ち良い。そして先行カットされて特大ヒットとなったのが「Forget You」(Bonus Trackとして収録された「Fuck You」が実際は正規ですが)、製作はThe Smeezingtonsが担当しています。この懐かしい空気全開の軽快なノリなソウルチューンに、Cee Lo Greenの怪鳥ヴォーカルがキュートに弾ける感じがたまらなくハートウォーミングでたまらない(興奮)。自分ではない男を選んだ女性に悪態を吐きながらも、最後の最後にCee Lo Greenが放つ“俺の胸はズキズキ痛むけれど、それでも幸運を祈ってるぜ、こう思いながら……勝手にしろよ!”がカッコ良過ぎッ(痺)。しとやかに流れるピアノ鍵盤に疾走するドラムスがドラマを感じさせるスリリングな「Wildflower」、Fraser T. Smith製作のこのトラックも古き良きソウル曲を現代に見事に蘇らせた一曲で、少しまろやかに上品にファルセットを利かせるCee Lo Greenがやはり曲者な魅力抜群。「Bodies」はベテランSalaam Remiが製作を担当、コチコチコチコチと連打するタカタカドラムスにシリアスなメロディは浮遊する奇妙なトラック、詩の最後の結びもすごく悲劇的で独特の空気が充満しています。Patrice製作の「Please」はSalah Sueが客演参加、これもブルージーで退廃的なメロディがCee Lo Greenの妖しく輝く怪鳥声を存分にギラギラさせる奇妙なラヴソング。派手に鳴るホーンがメロディの華やかさをより一層と際立たせる「Satisfied」はFraser T. Smith製作、ズカズカと突き進むトラックは痛快かつ爽快で気持ちが良いぐらい晴れやかなサザンソウル曲で、Cee Lo Greenの張り上げるでもなく優しく奏でるヴォーカルが滑らかでとっても綺麗(惚)。Fraser T. SmithとJack Splashが共同制作した丸みのあるホーンに柔らかく悩ましいストリングスが絡まる「I Want You」、どこか夜の帳にも似た妖艶さが漂うトラックがセクシーで悩ましく、そんなメロディに乗せてCee Lo Greenが色っぽく“そんな冷たくしないでベイビー、お前が欲しいんだ♪”とひざまずく詩がまた真摯でたまらないラヴソング(感動)。その優しさがまた罪とも言うべき、Cee Lo GreenがそのLady Killerぶりを発揮した「Cry Baby」はFraser T. Smith製作、これはフックでのちょっぴりエフェクト掛かった一人ハーモニーがシンプルなだけに凄く効いている一曲。本作で最も僕が注目していたのがJack Splash製作の「Fool for You」、なぜならばあのPhilip Bailey(Earth, Wind & Fire)が客演参加しているからです(驚)。流麗ながらもどこか力強くドラマチックなメロディの波がダイナミックで素晴らしい高揚感、Philip Baileyのファルセットはバックでほんのり絡む程度なのが、物足りないようなでも燻し銀で良いような(我侭)。「It's OK」はElement製作(Co製作はPaul Epworth)、さっくりと軽やかに流すドラムスに乗せてウキウキ気味のCee Lo Greenの歌声が華やかに響き渡る一曲。レコードの様に曇った音色でしっとりと濡らして聴かせるソウルバラード「Old Fashioned」はAlan Nglish製作(Co製作はSalaam Remi)、こういうレトロなセピア色のスロウをじっくり聴かせる事の出来る怪鳥Cee Lo Greenはやはり稀代のソウルシンガー。とここまでが本作の内容、あとは国内盤にはボーナス曲も三曲収録されていまして。Thomas Benneck製作の酒場っぽい怪しさと熱っぽさがたまらなくアダルトで興奮する「Georgia」、Cee Lo Greenのケタケタと啼き叫ぶ怪鳥ヴォーカルが渋く冴え渡ります(輝)。そして最後を飾るThe Grey Area製作の「Grand Canyon」がかなり秀逸で聴き惚れてしまう、アコースティックギターを爪弾き鳴らすメロディは、純白というべき穢れなさでスーッと心に沁みて浸透するクリアな昇天曲。Cee Lo Greenの地平線の果てまで聴こえそうなクァーーーーと啼くヴォーカルが心を揺さぶります(溺愛)。

う~~~ん、サザンソウル溢れる素敵な名盤で御座いました。とにかくシングル「Fuck You」が好きだった方は絶対に購入ですね、最近はこういうレトロなソウル曲もだんだんと増えてきて、王権復古ともいうべきこの動きはすごく嬉しいです(戻)。ただ、今までのCee-Lo作品に比べるとあまりにスマート過ぎたかなとも思います、王道のソウルを聴かせる一枚にしたのだから仕方ないのでしょうが。でもやっぱりラップなんかも織り交ぜた、奇天烈に近い斬れ味の曲も聴きたかったかな、Cee Lo Greenでしか作れない癖モノソウルを。でもこういう真っ当なソウルチューンに乗せて、Cee Lo Greenがひとりのソウルシンガーとしてただただ魂込めて歌うこの一枚は、必聴盤である事は間違いありません(認定)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment