RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2Pac「Me Against The World」
tupac-mawc.jpg


死してなお絶大な人気を誇る天才MC、2Pacの通算二作目となる『Me Against The World』を御紹介。死後もなお次々と新作(未発表曲)が発表され、“Tupacはまだ生きているのではないか”なんていう憶測までもが実しやかに流れる程。西海岸を代表するMCとして、東海岸のNotorious B.I.G.と共にHip Hop黄金期を創り上げた重要な人物で御座います。
そんな本作をするすると触れますと……まずはEasy Mo B.が製作を担当した「If I Die 2 Nite」で厳かに幕開け、Betty Wright「Tonight's The Night」とDr.Dre「Deep Cover(187)」を下敷きにしたダークながらもちょっぴりファンキーなトラックに、2Pacの唾吐く歯切れの良いラップが力強く突き進むトラック、確かにこのラップは今聴いても格好良い。DramacydalなるMC集団をゲストに招いた柑橘系のR&Bマナー曲「Me Against The World」はあのSoulshock & Karlinが製作を担当、ネタ元はIsaac Hayes「Walk On By」で御座います。Stevie Wonder「That Girl」をサンプリングした硬質な電子音にハーモニカ音が絡む「So Many Tears」、製作はD-Fliznoが担当。くぐもった音に豪な2Pacの男気ラップがぶつかる「Temptations」はEasy Mo B.がZapp「Computer Love」を下敷きに製作、どこかヒンヤリと冷たい異空間トラックもさることながら、ここでの2Pacの歌うフロウが耳に残って仕方がない。Cameo「She's Strange」をサンプリングしたキラキラぽわわんな宇宙曲「Young Niggaz」はMoe Z.M.D.なる人物が製作を担当、彼は歌フックも担当していてこれがまたなかなか絶妙でグッジョブで御座います。Mike MosleyとSam Bosticによる共同制作曲「Heavy In The Game」はRichie Richがゲスト参加、これは完全に西海岸なG-Funkサウンドではないでしょうか。The Blackvyrds「All I Ask」を下敷きにした感情高まるメロウトラック「Lord Knows」はMoe Z.M.D.が製作を再び担当、こういう流麗R&B曲にも筋肉質な2Pacのラップはカチっとマッチするから不思議、歌フックを務める女性シンガーNatasha Walkerも素敵です。Tony PizarroがJoe Sample「In My Wildest Dreams」を下敷きに製作した激メロウな泣きの一曲「Dear Mama」、その美しさに鳥肌モノで御座います。この曲でやっとこさ気付いたのが2Pacの声の奥に秘められた優しさ、この母親賛歌ではすべてを抱き締めるかのようなラップで一気に聴き手を深みへと導きます(溜息)。Mike Mosleyが製作の「Can U Get Away」でも可愛げなトラックに逆らわず、敢えてスローにリラックスしたラップを披露。SoulshockがThe Soul Seachers「We Share」とBrand Nubian「Dedication」をサンプリングしたトラックも面白い、これぞオールドスクールといった趣で懐かしさも感じたり。Johnny "J"が製作した完全に電子音構成でカチカチと迫る「Death Around The Corner」もカッコイイし、彼の為の言葉とも思える「Outlaw」での、ドロっとまったりとしたトラックで見せるThugなラップも震える格好良さですし。

今聴いてもその魅力は全然衰えていなくて、むしろ今聴くと古き良き時代の音に触れられて、かえって新鮮にさえ感じてしまう一枚です。2Pacのラップ(声質)もありそうでなかなか居ない感じで、今もまだ2Pacが求められている理由がしかと伝わってきます。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment