RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kanye West「Late Registration」
kwlrc.jpg


天才Producerの名を欲しいままにしたKanye Westの通算二作目『Late Registration』を御紹介。そのトラックメイキング能力だけでなく、自虐ネタやコンシャス要素、ギャングスタな要素までも織り交ぜたそのラップ能力も高く評価されたKanye West。まさかここまでの大物になろうとは、流石のJay-Zも予想していなかったんではないでしょうか。最近の自惚れ発言があまり好きになれないせいか(それだけ自信あっても当然の結果を持っているんですが)、MCとしての彼はあまり好きでもなかったり(笑)。それでもやはり気になったので即購入、彼の創る音はいつだって最高に冴えてますから。
そんなこんなで内容に触れますと……誰もが期待し待ち望んだ本作、けして期待を裏切らない仕上がりになっているかと思います。まず本作で先述すべきはKanye Westが得意の45回転早回しを多用していない事、そして外部ProducerとしてPop畑の奇才Jon Brionとの共同制作曲が多いという点ですね。まずはそのKanye West×Jon Brion製作曲群から紹介、先頭はあのMaroon 5よりAdam Levineをゲストに迎えた「Heard 'Em Say」で幕開け。Natalie Cole「Someone That I Used To Love」を下敷きにしたピアノ旋律基調のキラキラトラックにKanye Westの優しく語り掛ける様なラップが心地良いし、Adam Levineのあの鼻にかかったたるい歌声がまどろむ一曲。Ray Charles「異Got A Woman」を下敷きにしたホーンとハンドクラップを散らす「Gold Digger」、Ray CharlesのフレーズをJamie Foxxに歌わせる粋な計らい(策略)、思わず体を揺らしてしまう黒魂漲るトラックが大好物です(涎)。「Crack Music」ではThe Gameを客演に招きダークに振舞う、ここではThe Gameにフックだけ謳わせているんですがそれだけで充分の存在感(Additional VocalsにKeyshia Cole、Charlie Wilsonの名前も)、New York Community Choir「Since You Came In My Life」を下敷きにした無機質ドラム鳴るトラックが緊迫感を高める。Bill Withers「Roise」をべったり使った「Roses」のドラマチックさ、これはJon Brionあっての味わいなのかな。「Bring Me Down」では歌姫Brandyを招いてオーケストラ仕様の劇的なトラックを準備、清涼感のあるBradyの歌声が儚くて内容にもフィット。Etta James「My Funny Valentino」使いの「Addiction」の浮遊感爆発ながらもしっかり疾走する生音っぽさが最高、こういう埃被ったような曇った音使いにいつも痺れます。映画『007』の劇中歌であるShirley Bassey「Diamonds Are Forever」をネタに使ったこれまたドラマチックな「Diamonds From Sierra Leone(Remix)」はJay-Zを迎えたバージョン、申し訳ないけれどJay-Zが登場した途端に主役はJay-Z、どんなトラックでさえも完全に自分の物にする、Jay-Zのその柔軟さが光る実力差を見せつける一曲。Donal Leace「Today Won't Come Again」を早回しサンプリングしたKanye West流奥義の「Hey Mama」が最高、愛する母親に捧げた詩もとても素晴らしくあたたかい(涙)、ナルシストな顔の奥にこういう人間臭い顔も持っているのもKanye Westの魅力の一つなんでしょうね。KayGee's「Heavenly Dream」を下敷きにした生音たっぷりに電子音が乗っかる不思議な「Celebration」(Additional VocalsにJohn Legend参加)、これもHip Hopをちょっと通り越した新たな魅力の詰まった遊園地曲。とここまでがKanye West×Jon Brion製作曲、あと一曲この二人に加えてあのWarryn "Baby Dubb" Campbellが製作に加わったキラキラと煌く「We Major」も素敵、NasとReally Doeの援護射撃もキマッています。Lupe Fiascoなる新星をゲストに迎えた「Touch The Sky」では公私共に仲の良いJust Blazeが製作を担当、超有名曲であるCurtis Mayfield「Move On It」使いのスピード感溢れるトラックは流石はJust Blaze、こういう分かり易くノれる曲って大好きなんですよ。あとはKanye Westが単独で手掛けた曲、Paul WallとGLCをゲストに招いたブルージーな「Drive Slow」、CommonがKanye Westトラックとの抜群の相性を証明する渋過ぎる「My Way Home」、Otis Redding「It's Too Late」をざく切りサンプリングした「Gone」ではCam'ronとConsequenceが参加。こうやって見るとかなりバラエティに富んだゲスト陣も本作の魅力の一つ、国内盤にのみ収録のボーナストラック「We Can Make It Better」「Back To Basics」も侮れない快作ですしね。前者は可愛さ溢れる早回し曲にTalib Kweli、Q-Tip(!)、Common、Rhymefestがマイクを繋げる玄人好みの抹茶曲。後者もCommonが参加した聴き逃せないナイスな一曲で、これらがボーナスとは勿体無い(溜息)。

うん、やはりトラックに関しては抜きん出ている事は確か、Jon Brionを招いた事でまた普通のHip Hopとは一味違った魅力を生み出しています。ただそこが僕的にはちょっと物足りなくも感じたかな、もっと黒くHip Hopしていても良かったかなぁって。ただこのトラック群でもしJay-Zがラップしていたら……なんて考えるのは僕だけでしょうが(失礼)、そのぐらいKanye Westのラップのみを長く聴くのは個人的意見として疲れる(飽きる)んですよね。とは言っても聴いて損は無いです、てか聴くべきですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment