RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nelly「5.0」
nelly-50.jpg

Hip Hopで言うと未開ともいえたSt.Louisを一躍有名にした訛りとメロディを得意とする個性的なMC、Nellyの通算六作目となる『5.0』を御紹介。僕は全く車に詳しくないので知らないのですが、本作のタイトル『5.0』はFord社の車種“Ford Mustang 5.0”から取ったものだそう、Nellyお気に入りの車でジャケットに写っているのもそのMustang 5.0なのだそう。最近のNellyというと昔ほどの勢いはなく、ちょっと沈静化している気がして心配。僕はNellyは結構好きなタイプのMCなので、これからの活躍も期待したいところ。
それでは肝心の内容をさらりと紹介します……まずはInfamousが製作でDJ Khaledが客演参加した「I'm Number 1」で幕開け、題名程の気迫は感じられないとてもおとなしいスタートで聴いていてちょっと心配になります(焦)。しかし次の「Long Gone」で一気にNelly世界へ惹き込む事に成功、製作はPolow Da DonでMiles Jay「Let's Start Love Over Again」をサンプリング。Nellyが声高らかにカラフルにメロディを奏でラップする、キラキラと輝くラグジュアリーメロウで華やかでゴージャス。客演参加のPliesももう叫びながらラップしてテンションMAX、もう一人の客演Chris Brownはほんの少しヴォーカル加えた程度でちょっと物足らないかなぁ(欲張)。The Smash Factory製作の「She's So Fly」ではT.I.が参加、サラサラと流れるせせらぎの様な滑らかな鍵盤の音色がひんやりと冷たくクールなメロウを演出していてグッド。NellyとT.I.のアンストッパブルなスピーディーラップも柔らかな感触ながらも切れ味抜群で素敵、この二人は毎回なかなかの相性で混ざり合っていてグッドですよ。そしてNelly久々のロングヒットを記録している先行シングル曲「Just A Dream」がここで登場、製作はJim JonsinとRico Loveが共同で担当。“想ってた、彼女の事、自分の事、二人の事、将来の事、瞳を開けた……夢だった……あれは夢だった♪”と謳う詩があまりに切なく儚くリフレインする失恋曲、奏でるアコースティックギターに過去をフラッシュバックさせる鮮明なシンセサイザーがザクザクと心を透かすメロディが綺麗で溜息が漏れる。Nellyのあのほぼ歌ってしまうフロウもここで爆発的な魅力を発揮しています(涙)、寂しさと空しさと後悔が溢れ出すNellyのヴォーカルにただただ静かに胸を打たれるバラードです(溺)。男女が愛し合う様子を“映画を撮るのさ♪”と気障にキメて口説くキラーチューン「Making Movie」は再びRico Loveが製作(Back Vocalにも参加)、煌きに似たオルゴールシンセの連なりがラインストーンの様に光り輝くオシャレなスロウにウットリ溶けます(骨抜)。こういう甘くてソフトなメロウ曲にNellyのフロウが最高に似合う、腰に手を回してゆっくり揺れて踊る様な軽やかなラップに酔い痴れてしまいます。ぼぅんぼぅんと奥底で鳴って地響きを鳴らすドカドカ突撃チューン「Move That Body」はDr.LukeとShondrae "Mr.Bangladesh" Crawfordが共同制作、客演にAkonとT-Painを招いた最強布陣のパーティーチューン(踊)。ベッタベタなシンプル打打打打チューンなんですが、声質に強力な魔法を持つこの三人が歌う事でやはり中毒性が生まれています。それよりも病み付き度が抜群に高いのがDon Vito製作(Co製作をBrandon Bowles)の「1000 Stacks」、サンプリングにあのThe Notorious B.I.G.の名曲「Everyday Struggle」から声ネタをそのまま敷いた爆撃曲(失神寸前)。ドカドカとキックする無骨なビートに変テコな電子音が交錯する激アッパーチューンで、Nellyの遥か上空を滑空するハイなヴォーカルも最高に斬れていて痺れる、そしてBiggieのあの野太い声も聴けるんだから(合いの手はDiddy?)もう文句無しの出来映え。Nellyの名曲「Dilemma」の続編となる「Gone」はJim JonsinとRico Loveが共同制作、客演には勿論あのKelly Rowlandを起用した徹底ぶり(拍手)。切なく甘酸っぱいシンセメロディもたまらなく悩ましくて美しいし、Nellyのひざまずいて笑顔で懇願する様な優しい“ごーん♪ごーん♪ごーん♪ごーん♪”も素敵、弾けるような潤いのあるKelly Rowlandの歌声にも心奪われます。ティロティロと波打ちながら流れるシンセの絨毯に乗せて、Nellyのラップが滑る近未来チューン。注目の若手Yo Gottiと女性シンガー(?)Sophie Greeneを援護射撃に起用した、Rico Love製作の「Broke」もなかなか。そして僕が最も楽しみにしていたのがスレンダー美女Keri Hilsonが客演の「Liv Tonight」、しかも製作はあのThe Runnersが担当。しかしThe Runnersとはとても思えない最近主流となった四つ打ちビートが明滅するデジタルなデジタルテクノ曲で驚き、こういうClub Mixっぽいタッチの曲はあまり好きではない(飽きている)のでちょっと複雑、けして悪くはないですが正統派なメロウ物で攻めて欲しかった(我侭)。最後を締め括るのはJim JonsinとRico Loveが共同制作の健気で真っ直ぐなピアノバラード「Nothing Without Her」、ここではもうNellyは前編で完全に歌のみを披露しています。“彼女を手放さない、彼女がいなきゃ意味がないよ、何も意味ないよ♪”と謳う詩と、Nellyが時にちょっと苦しそうに張り上げる高音ヴォーカルがまた張り裂けそうな気持ちとリンクしていて素敵(涙)。真っ直ぐで淀みのないクリアな純白バラード、Nellyの歌もやはりアリだと思います(再認識)。とここまでが本編の内容、国内盤にはこれらに加えてボーナス曲が三曲収録されていまして。まずはあのTalib KweliとAliが客演参加したUriel "Frenchie" Kadouchiが製作の「Go」、スパイシーなギター弦律が効いたブルージーでドラマチックなメロディに、かなり濃い(僕は全員好き、特にTalib Kweli参加は興奮した)マイクリレーで痺れるカッコ良さです。Nellyの盟友であるシンガーAvery Stormのスウィートな歌声がキュンキュンさせてくれるTrife Trazzil製作の「If I Gave U 1」、最高にシルキーで滑らかなタッチが素敵なラヴソングで思わずウットリ。Tony! Toni! Tone!「Kissing You」をサンプリングしたRico Love製作の「k.I.s.s.」は、Dirty MoneyとMurphy Leeが客演のミステリアスな流麗曲でこれもクオリティ高いですよ。

Nellyをどう捉えるかで評価が二分しそうな気がしますが(「Just A Dream」はヒットしているが、やはり『5.0』のチャートは芳しくない気が……)、僕みたいに純粋にNellyが好きな方は安心して楽しめる一枚に仕上がっています。本作も豪華なゲストが参加していますが、前作『Brass Knuckles』に比べると散漫な印象はありませんでした。“「Dilemma」の続編を作った”という事に拒否反応を起こした方は素直に楽しめないかな、僕は素直に楽しめました。でも「Just A Dream」狙いで購入してもそれだけの価値がある作品、なかなか粒揃いの楽曲で僕は楽しめました。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment