RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Soulja Boy「The DeAndre Way [Deluxe Edition]」
Soulja-Boy-THE-DeANDRE-WAY-Deluxe-Edition.jpg

動画サイトへアップしたラップ&動画で一気に知名度を上げスターダムを駆け上った若きMC、Soulja Boyの通算三作目となる『DeAndre Way』を御紹介。もしかすると一発屋で終わるかなと思いきや、作品をきちんとドロップし客演もこなし、Twitterでも多くのファン層を獲得しているなかなかの曲者で御座います(要注意)。Ice TやSnoop Doggから“Soulja BoyはMCじゃない”など言われたり(後にSnoop Doggは撤回)、でもKanye Westからは“若く才能あるMC”と擁護されたり、とにかく業界もこのSoulja Boyを放っておきませんから。Soulja Boyのこの凛とした涼しげな横顔が良いじゃありませんか、何かを期待させます(高鳴)。
それでは簡単に内容を御紹介したいと思います……まずここで述べておきますと、僕が購入したのは通常盤よりも四曲多い“Deluxe Edition”、どうせならガッツリ聴きたいのです。まずはピアノ鍵盤のだらんとした揺れのメロディにストリングスが絡む、オリエンタルな香り際立つResource製作の「First Day Of School」でしなやかに幕開け。低い所から徐々に音程を上げて声を張り上げるSoulja Boyのラップが面白いし、フックでの子供でも口ずさめそうな単調かつゆったりなのそのそリズムがやはり中毒性高くて聴いていて楽しい。Rico Beatsが製作の「Touchdown」はへヴィーなノリでバウンスを効かせたのっそりサウスチューン、グルグルと頭上を渦巻くメロディにSoulja Boyのフラットで貼り付ける様なラップが耳にペッタリと離れません(虜)。Soulja BoyとTrey Songzという両世界(Hip Hop界とR&B界)の人気若手がタッグを組んだ最強キラーチューン「Hey Cutie」、製作はYoung Yonnyなる人物が担当。オルゴールっぽい繊細でキラキラ輝く電子音が眩いラインストーントラックに思わずウットリ惚れます、雪降る夜にしんみり聴きたい綿雪メロディがものすごくキュートでメロウなんです(溺愛)。Soulja Boyも軽くハミングっぽいメロディを口ずさむラップで可愛い、そして時に耳元で囁く様に優しく控えめな声質がたまらない(痺)、そこにTrey Songzの甘くてネットリと艶やかなヴォーカルが華やかでよりドリーミーに温もりを与えます。いま注目の集まる旬のProducer、Boi-1daが製作を担当したとは思えないドカドカ攻撃曲「Speakers Going Hammer」もインパクト抜群でパンチが効いてて好き。太鼓の派手なビートとシンセの金切りにアラームっぽい音使い、そのトラック上を滑走するSoulja Boyのキレキレなラップがタイトでトリッキー、フックでの掴み上げる様なヴォーカルも癖があって病みつき度高し。G5KidMurphが製作したスカスカヘロヘロ曲「Pretty Swag」、音数が少ない分Soulja Boyのあの単語を短く切ってボトボト落として繰り返すラップが次第に鼓膜を蝕んでくる不思議な面白さが良い。ビリビリビリビリする様な電子音が不穏に鳴り響くシリアスな「30 Thousand 100 Million」はSoulja Boy製作、客演には盟友のArabとLil' Bが参加。そして本作の注目曲はなんといってもあの50 Centを召還してしまった「Mean Mug」、Rico Beats製作のシリアスで殺伐としたスリリングメロディは完璧に50 Cent仕様。こういうへヴィーな曲でなく程よくメロウな物でも良かった気もします、ただこの異色なコンボが面白いフレーヴァーで思わず乗ってしまうギャングチューン。これまた業界注目のBei Maejorが製作&客演した「Blowing Me Kisses」が予想以上の出来映え、ピコポコしながらもどこか柔らかな丸みを帯びたシンセのライティングが色鮮やかで綺麗なスムージーチューン(輝)。ヴォコーダーをちょっぴり使ったSoulja Boyの揺れて跳ねる様なフロウが心地良くてミルキーな優しさ、Bei Maejorもヴォコーダーを駆使してマッタリと伸ばすヴォーカルが滑らかですごく気持ち良いんです(浮)。しかし本作で僕が最も好きなのがRico Beatz製作のKanye West風味の一曲「Fly」、これがもう聴いた瞬間にツボって何度もリピートして聴いた程。フックではSoulja Boyがエフェクト加工したトローリ甘い歌声を垂れ流し、カチカチ鳴るビートと弾く様に鳴る電子音を隙間を潜り鋭く斬れ味のあるラップにスイッチングする巧者ぶりがたまらない(痛快)。どこかドラマチックな展開を感じるこの曲のフラッシュバックに似たスピード感がカッコ良い、Soulja Boyの底無しの吸収力を感じさせられる素晴らしい一曲。同じくRico Beatsが製作した「Grammy」も興味深い一曲、客演には女性ソングライターのEster Deanが参加(驚)。繊細でどこか悲劇的なピアノ旋律に力強く脈打つビートが絡まるドラマチックな一曲、どこかColdplayっぽい静寂と激動が入り混じった深遠な世界観が壮大で飲み込まれます。Soulja Boyの凛とした真っ直ぐなライムも胸に突き刺さるし、Ester Deanの叫び崩れるような力強いヴォーカルにも心奪われる感情的な一曲。ここからは“Deluxe Edition”にのみ収録されたボーナス曲、これも聴き逃すには勿体無い癖ある曲ばかり。Resourceが製作の後追いな輪唱フロウがいかにもSoulja Boyらしい「Steez」、Clinton SparksとBei Maejor製作のビコビコシンセにサイレン音やドンドンビートが絡むアンドロイドっぽい機械曲「Boom」、ブバブバ鳴るホーンの野太い音に投げつける様なSoulja Boyのカットフロウが最高に似合っているInertia製作の「Do It Big」、ゴーストホラーっぽい奇怪なメロディに合わせてSoulja Boyのリピートラップが刺さるResource製作の「Xtra」と、どれもSoulja Boyならではのフロウが楽しめる楽曲になっています(虜)。

面白い、その一言に尽きます。前作と前々作に比べるとより表情豊かで、Soulja BoyのMCとしての魅力がより光っている様な気がします(それとも僕の感性がやっとSoulja Boyに追いついたのかな)。Soulja Boy自身はとても魅力を感じるMCながら、作品一枚を通して聴くとどこか一本調子に聴こえてしまっていたのですが、本作『The DeAndre Way』はそんな事なく楽しんで聴けました。これは聴いておいて絶対に損はありません、Soulja Boyの面白さがギュッと濃縮されて詰まった一枚、勿論僕はこの“Deluxe Edition”の購入をお薦めします。ところでSoulja Boyなのでしょうか、Soulja Boy Tell 'Emなのでしょうか、もうSoulja Boyで良い気もします(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment