RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Clipse「Hell Hath No Fury」
Clipse_HellHathNoFury.jpg


Clipseの通算二作目『Hell Hath No Fury』を御紹介。人気プロデューサーチームThe Neptunesに見出されデビューした兄弟デュオのClipseの二枚目。個人的には好きだけど一発屋で終わるんでは思っていたんですが、その後もちょこちょこ客演などこなして発売された嬉しい二枚目で御座います。今回も当然ながらThe Neptunesの強力バックアップ、これはもう買うっきゃないって感じで。
そんな訳で早速ですが内容の紹介に……今回もThe Neptunesが全曲でその腕を揮っていますので乞う御期待。まずは「We Got It For Cheap(Intro)」で幕開け、完全にThe Neptunes仕様のシンセトラックながらかなりシンプルな作りで、本作をかなりストイックでシリアスなものに印象付ける事に見事に成功しています。「Momma I'm So Sorry」ではアコーディオンっぽい音の崩れた旋律とハイハットが“チチチチチ♪”と鳴り続けるトラック、かなり静かで地味な曲が続きます。「Mr. Me Too」では早くもPharrellがゲスト参加しラップを披露、ここではThe Neptunesらしいベイ~ンと鳴る電子音をスカった構成で仕上げた浮遊世界で三人のラップが遊泳する彼ららしい一曲。乾いた打楽器の音がドコドカと鳴り回す「Wamp Wamp(What It Do)」はSlim Thugがゲスト参加、シングル曲ながらもこれもかなり地味な感じで、だからこそClipseの鼻にかかった這う様なラップが映える(それとは好対照にやさぐれたSlim Thugのラップも良い)って感じ。民俗音楽スレスレを突く感じがなんとも巧い、The NeptunesにしてもTimbalandにしても。AB-Livaをゲストに招いた「Ride Around Shinning」もかなり地味なんだけど面白い、何かに変身する様なキラララ音を配したThe Neptunesらしい奇天烈趣味な一曲。エッジの効いた「Dirty Money」は僕はかなり好き、王道なドラムパターンにThe Neptunes味のシンセを加えた、思わず体が揺れるHip Hopな一曲。「Hello New World」はPharrellの軽めに歌ったフックが小粋なスペーシー曲、こういうやんわりしたシンセが絡むのが好きだしPharrellのリラックスした歌声がなんとも素晴らしい。本作中で最も派手な作りの「Ain't Cha」ではRe-Up Gangが参加、暴れ回ります。続いても縦横無尽に駆け回る「Trill」、ブインブインと歪んだ音の構成はThe Neptunesならではで耳障りにならないから不思議。御馴染みの仲間Roscoe P.Coldchainをゲストに招いた「Chinese New Year」はThe Neptunesの全要素が混ざった一曲、もうちょっとピコピコ音を多めに配合して欲しかったかな。そして僕が本作で最も楽しみにしていた、そして一番大好きなのが最後を飾る「Nightmares」で御座います(拍手)。何故そんな気になったかってゲストが良い、Pharrellに加えてあのBilalが参加しているんですから(驚)。クラシックなGeto Boys「Mind Playing Tricks On Me」を下敷きにしたThe Neptunesのメロウ側面爆発のスムーズなトラックに、Bilalの甘美過ぎる撫で声ファルセットが絡みまくる極上トラック、これ大好きですよ素敵ですよ(絶賛)。

てな感じで聴いていて思ったのが、前作『Lord Willin'』はThe Neptunes全盛期を象徴するかの様にピコピコ音全開な作りだったのに対し、今回はかなりシリアスでよりClipseに焦点を当ててあった様に感じました。本作でClipseはその評価をグーンと上げ、もはや“The Neptunesがバックアップしている”という肩書きは要らないMCデュオに成長した様です(特にPusha Tの評価が高いそう)。The Neptunes好きな方は聴くべき、なかなか良かったですよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment