RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jeremih「All About You」
jeremih-allabout.jpg

突如彗星の如く現れたDef Jam契約の若きシンガー、Jeremihの通算二作目となる『All About You』を御紹介。自ら様々な楽器を操るJeremih、前作『Jeremih』もなかなかの仕上がりで「Birthday Sex」が特大ヒット、僕は結構驚いたのを覚えています。容姿もなかなか素敵だし前作も良かった、次なる作品を密かに楽しみにしていた僕としては本作は嬉しかったです、さすがDef Jamは時間を空けさせませんね。
それでは気になる内容を簡単に御紹介したいと思います……まず先に述べておきますと、本作も前作同様にJeremihとMick Schultzが全曲の製作を担当しております。ザクザクしたシンセサイザーの波にピアノ鍵盤のキンキン鳴る音が隙間を埋める「All About You」、The-Dreamっぽく一語一語を溜めて繰り返すフックが、なんとなく後追いで脳内を巡る一曲。プイーーーンと鳴る光線音にしなやかに軽やかに奏でられるピアノ鍵盤、そしてドカドカと力強くキックするビートがアクセントになった「X's & O's」。Jeremihのわざと平坦にのっぺりと伸ばす歌唱法に、ゴシックゴスペルっぽいコーラスが乗っかってどこかシリアスな響きを生んでいます。まさかの50 Cent召還がかなり嬉しかったのが「Down On Me」、洞窟みたくボグンボグンとこもった太鼓音にJeremihのヘロヘロ加工されたヴォーカルがLil Wayne意識したロウなタッチで面白い魔術曲。50 Centもあの暈したあの声でしっとりと怪しくブレス少なく畳み掛けて来る、一気にはやらず弄り殺すような圧力のラップが相変わらず強力で耳に残るんです(存在感抜群)。美しく品のあるストリングスにザックリと突き刺さる様なシンセビートがつんざめく「Take Off」、後ろで鳴る時計の針の様な音が胸の奥のセンチメンタルな部分を引っ掻く切ない感じのミッドチューン。前作からの爆発ヒット曲「Birthday Sex」にかなり似た作りの「I Like」、後ろに引っ張られる様なJeremihのしなるヴォーカル、暗室に妖しくぼやけて光る様な電子音のこだまがじっとりとセクシーでやはりグッド。そこにLudacrisがスロウダウンしたバキバキなラップを捻じ込むんだからインパクト有り、こういう音の少ないトロトロスロウにもLudacrisの力業はカッチリ嵌るからカッコ良いんです(惚)。「Waiter/The 5 Seasons」は電子音一音をずっと伸ばして上げ下げして不思議なメロディを紡いだスロウ、ゆっくりと静かに沈んでゆきますね。指スナップに変声“だーだーだー♪”が挟まる事で、より危なくてスリリングな夜を描く艶やかな「Broken Down」はブルース風味で面白いメロディ。雪のように脆く儚く冷たいメロディが悲しさをよぎらすバラード「Holding On」も素敵、どちらかといえば純白系のバラードでJeremihの汚れのないあくまで真っ直ぐなヴォーカルが胸に響く一曲で僕は好き。ピコポコピコポコと細かく連打しながら曲線を描く電子音が鮮やかなちょいアッパー「Wanna Get Up」、もっとピッチアップしても面白かったかも。オルゴールっぽい音色とアジアンなメロディが入り混じったスパイシーな「Sleepers」も、Jeremih節全開で良い感じです。最後を締め括るのは、キラキラと輝きを放つ細く弾かれた弦音がすごく印象的な「Love Don't Change」。これはもう純正R&Bという感じでとても美しく可憐で切ない、Jeremihのほんのりむせび泣く様に搾り出すヴォーカルも胸を締め付ける、最後に静かにじっくりと聴かせてくれる美しいラヴバラード(好演出)。

意外と結構期待をしていただけに、最初聴いた時はちょっとつまらなく感じていたんですが、こうやって何度か繰り返し聴いているとなかなか良い味出します(流石)。突出した曲は皆無ですが(50 Centを擁すもそこまで爆発はしていなかった)、Mick Schultzが丹念に全てを手掛けているので一枚をしっかりじっくり聴く事が出来ます。11曲というコンパクトさもそういう意味では功を奏しているかな、ただやはり国内盤が出ないのが悲しいですねぇ(涙)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment