RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Curren$y「Pilot Talk II」
PtII-currensy.jpg

次世代を担う期待の巧者MCの一角、Curren$yの通算四作目となる『Pilot Talk II』を御紹介。前作『Pilot Talk』の続編なのですが、これほど短いスパンで繰り出してくるとは驚きです(嬉)。前作が最近のHip Hopが忘れかけていた飴色の悩ましい音色で彩られていて、思わずハイになりそうな煙たいトラック&ラップが凄く良かったですよねぇ。また前作同様に少ないトーンでまとめられた画ジャケが素晴らしい、飾らずにオシャレです。
それでは気になる内容を簡単に御紹介したいと思います……まず最初に述べておきますと、本作でもほぼ全曲をSki BeatzとThe Senseisが担当しており、完璧な世界を構築しております、まずはそんなSkiとThe Senseisの製作曲から御紹介。ヒーユーユー♪と細く繊細に鳴る高音の伸びが気持ち良い「Airbone Aquarium」で幕開けを飾るのですが、ここからもうCurren$yのとろりバターのようなラップが光ります。そしてフックで繰り返す“まいこない♪まいこない♪まいこない♪”が耳に残って離れない「Michael Knight」、これもゆったりと妖しく曲がり伸びるシンセラインが滑らかでセクシー、Curren$yの舐めるように柔らかなラップがネットリ絡みます。硬質なドラムスの鳴りにホーンの華やかな音色が挟まるノスタルジックなアダルトナンバー「Montreux」、派手さは皆無なんですがこのなんとも渋く煙たいブルース感がたまらなくカッコ良くて痺れてしまいます。Young RoddyとTrademarkが客演参加の「Flight Briefing」はホーンとドラムスも印象的ながら、ジャカジャカと鳴る弦音とドリーミーでスウィートな煌びやかメロディがすごくソフトで心地良い滑らかなスムージーチューン(浮)。ピアノ鍵盤にギターの弦律がジャラーンと絡むオシャレ過ぎるシティライツ曲「A Gee」も最高に渋い、シックにキメる黒のスーツの様な気品と自信がキラリと輝くスマート過ぎる憎い一曲(痺)。「Real Estates」ではDom Kennedyが客演参加、ボワンボワンと凸凹なシンセの歪みの中をスイスイと滑り浮遊するCurren$yは、まるで深海魚のような不思議な魅力を放ちます。寂しく悲しげな細く冷たいピアノ鍵盤音が響くシリアスな「Silence」、McKenzie Eddyなる女性シンガーの儚くもドラマチックなヴォーカルが深々と響き渡り辺りを暗くする一曲。重なったホーンで始まりタイトなまったりアッパー「Highed Up」、そんなホーンの放物線を身軽に交わしながら繰り出すCurren$yのしなやかなラップがしなってぶつかってくるこの快感がたまらない。とここまでがSki BeatzとThe Senseisの共同制作曲、その他のProducer陣も勿論良い仕事います。とろーり妖しい光を放つ悩ましげなメロディに骨抜きにされる艶っぽい「Famous」はMonsta Beatz製作曲、Curren$yの吐息混じりの“あ~~~♪”挟みながらの変則技フロウが最高に切れていて(でも舌触りはまろやかなバター味だから不思議)脳内をグルグルと回って指先まで痺れてしまいます(中毒)。Young RoddyとTrademarkを客演に招いた「Hold On」はNesby Phips製作曲、ちょっとカルメンチックなギター弦がスパイシーでやはり胸に焼きつく素晴らしいミッド、客演の二人も本当にイ~~~イ味出しています(要注意)。ピアノ鍵盤の流麗で高貴なメロディに思わずウットリしてしまう「Fashionably Late」はMonsta Beatz製作、The Neptunesが作りそうなさらりと触れて撫でる鍵盤のスベスベしたメロディが極上の肌触り。Curren$yも短く切りながらも丸みのある滑らかなラップですごくスーッと胸に吸い込まれる、とろ~りバターのようなほんのり甘いラップがやはりたまらない(惚)。「O.G...(The Jar)」はDrupeyが製作、客演には野太くタフな低音バスでヌルヌルと押し潰すラップのFiendが参加。これまた万華鏡のように不思議な色彩を魅せながら回転するシンセメロディが癖になる曲線美で、気づけばフンワリと身体が浮かび上がって地上を離れているドラッグチューン。最後を締め括るのはあのRaekwonを新たに援護射撃に迎えた「Michael Knight(Remix)」を収録、ここでRaekwonを指名するのが燻し銀でたまらない、あのしゃがれたシェフ声がきっちり殺伐と料理してくれています。

僕の文章力が乏しいせいで、このCurren$y『Pilot Talk II』の魅力を存分に伝え切れないのが残念でなりません(悔)。とにかく聴けば分かります、渋くファンキーでスウィート、これぞ古き良きHip Hopの継承で御座います。新MCはどちらかというとボーダレスな人が多いですが、Curren$yは正真正銘の王道Hip Hopで聴かせてくれます(溺愛)。Ski Beatzとの化学反応が半端じゃなく素晴らしい、Curren$yのとろりと溶けるバターの様な甘い深海魚ラップと、Ski Beatzの創る飴色のまったりトラックが最高に相性抜群です。聴いていない方は絶対に損します、前作『Pilot Talk』と合わせて聴いて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment