RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ice Cube「Laugh Now, Cry Later」
icec-lnclcovs.jpg


超ベテランのIce Cubeの六年ぶりの作品となる『Laugh Now, Cry Later』を御紹介。最近ではもはや俳優としての仕事が忙しくてMCが副業って感じになってましたが、久々にIce Cubeが帰ってきました。大物の帰還というだけあって脇を固める布陣がこれまた豪華、サウス全盛の最中に西の大物がガツンと実力を魅せてくれる事を信じて購入しました。
それでは早速内容に触れてゆきたいと思います……まずは先行シングルとなった「Why We Thugs」でおどろおどろしく幕を開ける、製作は御存知(てか一聴してそれと分かる)Scott Storchによる製作。放っておいたら50 Centが現れそうな重~いギャングスタなトラックに、Ice Cubeの歯切れの良いラップが突き進みます。「Smoke Some Weed」はBuddaが製作を担当した妖し過ぎる一曲、アジアンテイストなトラックと女性の合いの手が面白い一曲。「Child Support」はTeak Teak Tha BeatsmithとDee Underdueなる二人が手掛けています、銃声鳴り響くシリアスながらもドカドカした一曲で、Ice Cubeが迫力有りまくり。「Doin' What It 'Pose 2Do」はEmileなる人物が製作を担当したシンセ曲、ピコポコと跳ねる感のある電子音にスクリューがかかる売れるエッセンス凝縮の一曲。「Laugh Now, Cry Later」はSean CとLVの二人による共同制作、くぐもった音感がなんともカッコイイ落ち着いた深みのある一曲。「Stop Snitchin'」はあのSwizz Beatzが製作を担当した相変わらずの電子音バリバリの一曲、がしかしここではどちらかというと地味めな(シンプルな)トラックを提供、Swizz Beatz御得意の煽り声も少なめでちょっぴり寂しい気も。「Go To Church」ではLil Jonが製作でその手腕を発揮、加えてSnoop Doggと一緒にゲスト参加もしています。このトラックはもう完全なLil Jon風味のCrunkトラック、最近あまり聴いてなかったからちょっと懐かしさも感じたり(笑)。Ice Cubeの後に登場するSnoop Doggのユルユルな事、Snoop Doggはどんな曲に混じっても存在感が薄れる事はないですね。「The Nigga Trapp」はDJ Green Lanternによる製作曲、彼らしい静寂の中にドラマチックさを含ませた作りのトラックでカッコイイ。「Growin' Up」はLaylowとD-Maqによる共同制作、サンプリングにMinnie Riperton「Memory Lane」を使用したメロウでソウルフルな泣きの一曲(好物)。どことなくJust BlazeなんかがやりそうなガツンガツンなEmile製作「Click, Click-Get Back!」もめちゃカッコイイし、Teak Teak Tha BeatsmithとDee Underdueが製作したブインブインなシンセ曲「The Game Lord」もめちゃカッコイイ。Buddaが製作した「Chrome & Paint」では盟友WCと共演、さすがに息の合った掛け合いを魅せてくれます。「Steal The Show」でScott Storchはいつもの作りのトラックに歪みを加えて独特の雰囲気を醸し出していて、これはなかなか好きですよ、頑張れScott Storch。「You Gotta Lotta That」では再びSnoop Doggが力を貸してます、製作はまたまたLil Jonなんですが今度はかなりシンプルに音数少なく仕上げていて、これがなんともSnoop Doggに合っています(笑)。そして最後「Holla @ Cha' Boy」が登場、これはLil Jonが手掛けた最もCrunkしている一曲、今にもUsherが出てきそうな程に“Yeah!”な感じの一曲でノれます(踊)。

流石はIce Cube、ブランクを微塵も感じさせない強力な一枚を届けてくれました。これ!といったキラーボムは無かったのでそれが残念ですが、それでもどれも及第点越えの楽曲ばかりでオーケイで御座います。映画も勿論ですが、コッチの方でもまだまだ是非頑張って頂かなくては。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment