RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nottz「You Need This Music」
Nottz-youneed.jpg

多くのHip Hop楽曲を手掛けてきた他Producerからも絶賛される鉄人ビートメイカー、NottzのMCデビューアルバム『You Need This Music』を御紹介。僕としてはNottzといえばBusta Rhymesの諸楽曲を提供していたのが印象深いのですが、BiggieやScarfaceやSnoop Dogg、G-UnitやThe Gameなどにも楽曲提供してきた凄腕なのです。そんなNottzなので同業者からの支持も当然厚い様で、Pete RockやDr.DreもNottzを賞賛しているのだとか。僕もNottzの名がクレジットにあるとチョイ興奮します、そんな彼のMCソロ作となると気になってしまいます(当然)。
それでは簡単に内容を御紹介しますと……まず最初に述べておくと全曲をNottz自身が製作しています、そしてゲスト陣がかなり豪華だと予告しておきます。冒頭の「Intro」から殺伐としたメロディに烏の鳴き声や雷鳴が轟く重厚さがたまらない、Blink 182のTravis Barkerが参加しバキバキなドラムスを聴かせるIntroには勿体無い仕上がり。Eminemのヴォーカルフレーズを拝借した「Fair Warning」、短くループされる笛音っぽい音色とギュルギュルスクラッチがドス黒くファンキーで骨太な硬派過ぎる一曲で、Nottzの唾吐き飛ばす様な切れたラップも痺れる格好良さでグッド。ドカッドカッと力強くキックする太いビートにベンベンと弾かれる弦音が跳ねる「Blast That」もカッコイイ、途中で滑り込むエレキギターのギザギザ尖ったメロディも最高に痺れる、客演に参加のBlack Milkも素晴らしい援護射撃でよりこの曲をタイトで攻撃的なものに昇華しています。ネタ元は分からないけれどサンプリングの妙技を痛感する「Shine So Brite」なんかも面白い、ハミングっぽいソウルフルメロディに電子オルガンっぽい鍵盤音がキュートにポッピンするトラックはキャッチーでいて黒い、Nottzの舐めるようなソフトなラップも最高にキマッていてスムーズで聴き易くて僕は好きです。あのDweleを客演に招いた流麗ストリングス曲「You Need This Music」は最高にスマート、街を流れ行く街灯&ビルライティングの様な煌びやかなメロディが繊細かつスムーズに流れるオシャレ曲(惚)。Nottzもラップもくどくなくて呼吸するようにリラックスしたゆったりしたものでイイ感じ、Dweleのシルキーで滑らかなヴォーカルがふんわりと輝きを与える素敵すぎる一曲です(溺愛)。ホーンっぽい音色を前面に押し出したアダルトなコンテンポラリー風の「I Do It For Yawl」は、Kardinal OffishallとLittle Brotherという面白い組み合わせコンボでこれも面白い。独国出身の歌姫Joy Denalaneを客演に招いた45回転早回し系のしとやかライティング曲「How Long Will It Last?」も素敵、都会の夜を彩る黄金色のシャンパンの様なほのかな輝きを纏った流麗曲、Joy Denalaneのちょっぴり熱っぽくも艶やかな歌声がまたたまらないです(失神寸前)。「A Dream Come True」もスクラッチやスロウダウンしたソウル曲がじんわりと鼓膜を撫でるレイドバック曲、黒さがじっくり染み込んだ燻し銀な仕上がりに納得。各方面から賞賛を受けた白人ソウルシンガーMayer Hawthorneをゲストに招いた「I Still Love You」も最高にホット、晴れやかで和やかなソウルチューンに乗せるNottzの散歩するようなリズムのラップもさることながら、やはりMayer Hawthorneの極上ファルセットが香り高い魅力を放つドリーミーな一曲でうっとり(骨抜)。「Dontcha Wanna Be(My Neighbor)」ではAsher Roth(!)とColin Munroeを召還、煌びやかな真珠のようなピアノ鍵盤に乗っかる硬質なドラムス(途中の変調なんかも最高にホット)が塗された流麗曲はものすごくオシャレで素敵(溜息)。「No Money Down」ではTerese Cookが客演参加、古き良きソウルを復権させたメロディにニンマリまったりして溶けてしまう、昔のKanye WestやJust Blazeもこういうトラックを得意としていましたよね。「Never Caugh Slippin'」ではSnoop DoggとRoyce Da 5'9"という凄腕MC二人を配置、シリアスかつタフネスなロック調のトラック上を三人が滑走する迫真の一曲。「The Cycle」ではこれまた通好みのJoell Ortizが参加、ピアノフレーズがキラキラ輝き神々しい晴れやかな一曲でこれも耳にスーッと入り馴染む一曲で素晴らしい。最後を締め括るのはあのBilalが参加した濃厚ブルージー「Right Here」、じっくりゆったりと鳴る息遣いの様な生音演奏が泥臭くファンキーで渋過ぎる(酔)。これにまたあのBilalの煙たくくゆらすハイなヴォーカルが立ち昇るんだから憎いですね(鉄壁)。

Nottzのビートメイク能力の高さはこれまでの楽曲からも知っていましたが、この一枚で再認識致しました(天晴)。でまたNottzのラップが嫌味がなくて聴き易い、個性は薄いかもですがトラックが良いから気になりませんでした。そして多彩なゲスト陣も通好みする面々ばかりでこれがまた憎い演出でしたね、ソウルマナーをしっかり踏襲し理解した面子でマッタリ融け合っていて素敵でした。僕みたいに音重視で聴く方には是非ともオススメしたい一枚です、Nottzの腕前に惚れ込んで下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment