RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Daz Dillinger「So So Gangsta」
daz-ssgcovs.jpg


西のベテランのDaz Dillinger『So So Gangsta』を御紹介。西の古株MCデュオ、The Dogg Poundを組んでいたのがKuruptとこのDaz Dillingerで御座います。本作はそんなDaz DillingerがJermaine Dupri率いるSo So Defに移籍しての第一弾アルバム、ここでは名義がシンプルにDazとなっています。犬の足跡がなんとも可愛いですな。
それでは早速と内容の方に触れていきたいと思います……まずは「Thing On My Hip」で幕開け、製作を担当しているのはあのNo I.D.で御座います(歓迎)。Act One「Friends Or Lovers」を下敷きにした静寂でミステリアスなトラックに、意外としっかり骨太なDaz Dillingerの唾吐きラップがゴリゴリと迫ります。「On Some Real」は皆が楽しみにしていた注目曲、Jermaine Dupri製作であのRick Rossが援護射撃をかます強力チューン。Jermaine Dupri提供のトラックは彼らしい上から下へと電子音が行き来する中毒起こしそうなドロドロトラックで、そこに絡むRick Rossのボスな存在感たっぷり過ぎるラップがかなり熱いです(好物)。「Rat-A-Tat-Tat」はDaz Dillinger本人による製作曲、銃声鳴り響きDazが叫ぶギャングスタ一点張りな一曲で、どことなく90年代を思い出させる懐かしい一曲。「Weekend」は再びJermaine Dupriが製作を担当した一曲、しかしここでは派手さは身を潜め曇った音でカラッと仕上げています。注目すべきはゲストにJermaine Dupriの右腕こと、ソングライター兼男性シンガーでもあるJohnta Austinが参加している点、その歌声をほんのちょっと楽しむ事が出来ます。「DPG Fo' Life」はこれまたDaz本人による製作曲、ちょっぴり晴れやかな可愛げあるトラックにSnoop DoggとSoopaflyが陽気に参加しています(憶測)。「Badder Than A Mutha」はJermaine Dupriが製作を担当したちょっぴりダンスチックなステップ踏む一曲でグッド、ゲストにNelly周辺でよく聴く男性シンガーAvery Stormが参加しておりまして、甘酸っぱい歌声の彼がまたなかなか良い仕事をしてくれているんですよ(褒)。「Money On My Mind」はScott Storchが製作を担当したちょっぴりアジアン味を混ぜ込んだシンプルな一曲、ゲストに相棒のKuruptを呼んだ濃い一曲。「Strizap」では大御所Ice Cubeが援護射撃、Daz Dillinger手製のトラックにこの二人の無骨なラップが邁進するベテラン底力な一曲。おとぎの国なピロピロヒャラヒャラな電子音が散りばめられたJermaine Dupri製作の「All I Need」も面白い、でもちょっぴりパンチが足らないかなとも、JDなだけにかなり期待しちゃうんで。電話での会話から始まる⑬「The One」もJermaine Dupriによる製作曲、ここでは贅沢にJagged Edgeのハーモニーをエッセンスに調合。哀愁たっぷりなギターと民族笛が小気味良く絡む結構ダークなトラックで、このトラックでのJagged Edgeの紳士な歌声がまたカッコ良過ぎるぐらいにカッコイイ、たまらんですわ(鼻血)。最後を締め括る完全に男臭い無骨でエネルギッシュな「Dat's Dat Nigga」も自身による製作、Daz Dillingerのトラック製作能力の高さに驚かされますし、その野郎なラップもカッコ良くて惚れましたよ。

とまぁそんな感じで、ほどよく豪華なゲスト陣とトラックが用意された順当な一枚に仕上がっていました(褒)。僕はDaz Dillingerの昔を知らないからなんて抵抗も無く聴けたケド、昔からのファンにはJeramaine Dupriとの絡みはあまり好まれるものではなかったのかな……まぁ僕は普通に良いと思いましたよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment