RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Seal「Commitment」
Seal_-_Commitmentcov.jpg

そのハスキーヴォイスと顔の傷がトレードマーク(揶揄している訳ではありません、純粋に僕はそれがSealの印象だったりする)のグラミー受賞シンガー、Sealの通算六作目となる『Commitment』を御紹介。最近ではコンスタントに作品をドロップし、愛妻でありモデルのHeidi Klumとリアリティ番組に出演したりと、公私共に順調なSealで御座います。ソウルカバー集となった前作『Soul』も素晴らしかったのですが、本作はその前作で指揮を執ったDavid Fosterとガッチリ手を組んで製作された一枚なので御座います。凛とした横顔のジャケットがまたなんとも素晴らしい、惚れ惚れしてしまいます。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しますと……念のために述べておきますと全曲のソングライトをSeal、製作をDavid Fosterが担当しています。まずは繊細かつ優雅に奏でられるピアノ鍵盤に誘われて壮大に幕を開ける「If I'm Any Closer」、Sealの一切淀みのないクリアな歌声が空いっぱいに広がるような爽快過ぎる一曲。“僕の失敗の重さは、僕の感じ方によって変わる♪”と歌う「Weight Of My Mistakes」、どこか懐かしさを感じるミステリアスポップな風合いが軽快ながらも、やはり詩は深みがある意味深長で奥行きを感じずにはいられないSealの余韻に浸るばかり。静寂の中のSealのアカペラから幕を開ける「Silence」は、“君がいないと静寂はちっともうるさくならない♪”と優しく柔らかにSealが囁き歌いかける美しきスロウバラード。こういう純度の高い透き通った美曲が、なぜかSeal擦れたハスキーヴォイスには似合っていて安心するのです(安息)。この曲では特に最後の方のアコースティックギターを爪弾きながらのリフレインがたまらなく綺麗で、胸に響き渡ります。“君は最高の僕を引き出してくれる♪”と真っ直ぐに歌う「Best Of Me」は、ほんのりとストリングスの滑らかなメロディが高級感を醸すクラシカルなソウル曲でグッと来ます。少しマイナー気味の暗めな鍵盤音にSealの打ちひしがれた様なヴォーカルがだんだん感情を込み上げる「All for Love」、ただフックに架かる辺りになると徐々に雲に切れ間ができ光が差し込む、最後にはかすかな希望が光るブライトな一曲。別れを告げに訪れドアの前に立つ恋人に心を突き破られる男の悲しい心情を綴った「I Know What You Did」、ほぼDavid Fosterのピアノ伴奏が主軸の深々と染みる悲しきバラード(涙)。まるで映画のラストシーンを涙零しながら観ている様な感覚に陥る、愛情と切なさと寂しさが溢れ出すバラード、Sealの時に消え入る様な胸の奥から吐き出し倒れる歌声がまたすごく切ないです(心砕)。終わってしまった愛に気付かない女性にそっと別れを告げる「The Way I Lie」、ふわっと飛び上がりながら残像がちらつく様なサウンドが正にSeal節でないかと僕は思う。アコギを弾きながらの優しいメロディがハートウォーミングなフォーク調のラヴソング「Secret」はただただ温かい、こういうブルージーカントリーなスロウ曲もSealのクリアなハスキーヴォイスなら汚れなく絡みます(浸透)。“君は僕を参らせる、100万回聴いた美しい曲のように♪”と謳うしっとりと煌びやかな純粋ラヴソング「You Get Me」はもう溜息が漏れるばかりの美しさに感動、穏やかでなだらかなストリングスに寄り添いSealの歌声が風船のように浮かんで消えてゆく、そんなドリーミーで柔らかな素晴らしい一曲。弦のキキキと擦れる音が聴こえる程の生音ギター曲「Letting Go」、静かな中にも躍動感がありグングンと惹き込まれるどこか旅情(と寂しさ)を感じる一曲。最後を飾るのは派手でスリリングなバンド演奏が映画サントラっぽい「Big Time」、途中の展開なんかも含めてやはりDavid Fosterの音作りの妙を知る一曲に仕上がっています。

う~ん深い、詩の意味を読み取るのが凡人の僕には難しいです、でもこういうのは“感じるもの”だから。Seal×David Fosterはやはり相性良かったですね、Sealはそんなどっぷりソウルな音楽をやっていないから、こういう純白に近い壮大曲にやはり馴染みますねぇ。ただやはりTrevor Hornとのタッグが最強かなと思います、やはりTrevor Hornの製作曲を聴きたくなってしまいます。夜の静寂の中で、まったりとリラックスした精神で聴くとヒーリング効果がありますよ(個人的見解)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment