RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Trey Songz「Passion Pain & Pleasure」
trey-passionpain.jpg

今のR&B界でも最も勢いのある若き肉体派シンガー、Trey Songzの通算四作目となる『Passion Pain & Pleasure』を御紹介。甘いマスクと鍛えられた肉体美、そこからは想像つかない程に甘美なソウルフルヴォイス(R.Kellyからの影響が如実)で確固たる人気を得ているTrey Songz。一時期は若手の中ではChris Brownが突出していた感がありましたが、今ではその客演量からもTrey Songzが大きく二歩はリードしていると思います(断言)。そのルックスで年上の御姉様Toni Braxtonとの熱愛の噂が持ち上がるなど、セクシャルな側面もきっちりアピール出来ています。
それでは気になる内容を簡単に確認していきますと……まず「Love Faces」は盟友のTroy TaylorとEdrick Milesが共同製作、ピアノの切なくしっとりしたメロディに後追いする様に響き渡るTrey Songzのヴォーカルがより胸にじんわり沁みる。Trey Songzの咽び泣く様な歌声がたまらなく素敵、感情が一気に高まるじっとりスロウダウン曲。同じくTroy TaylorとJohn "SK" McGeeが共同で製作した「Massage」は、静寂系のこもったシンセサイザーのメロディがコスモチックな不思議な魅力を発揮する、キラキラと美しいミッドスロウ。どことなくTPainっぽいヴォーカルスタイルがロボチックな加工で面白い「Alone」、製作はTha Biznessが担当。近未来風味も溢れるサイバーミッドなんですが、しかしそんな電子音使いの中にも後ろで絶えずキラキラ流れるハープっぽいメロディが綺麗でウットリな電光ブライトチューン。いま最も熱いMCといえるNicki Minaj を援護射撃に迎えたシングル曲「Bottoms Up」、製作はKane Beatzなる人物が担当。短くフレーズを切る様なTrey Songzのフックは完璧にMinajスタイル、鋭く力強くカッティングされたビートの連打がとにかく強烈で刺激的。と同時にグアングアンとバウンスするベコベコな歌フックが耳にこびり付く変態曲で、またこういう変てこなビートに乗っても全く喰われないNicki Minajの悪魔キュートさがすごい(笑)、気味が悪いんだけどなんだか可愛くて病み付き。あのMario WinansとTroy Taylorが共同制作した「Can't Be Friends」、サンプリングにRyuichi Sakamoto(!)「Bibo No Aozora」を使用した、ストリングスにピアノ鍵盤の悲しいメロディが濃霧の様に辺りを漂い冷たく包み込むバラード。“もう今さら友達になんてなれないよ♪”と嘆き悲しむTrey Songzの歌声が悲劇的(涙)、トラックも荘厳でいて物悲しくドラマチックで、流石はMario Winans×Troy Taylorの玄人タッグです(一流)。Troy TaylorとMark "The Mogul" Jacksonが共同制作の「Please Return My Call」、温かなオルガン旋律にソフトリーな歌声が寄り添うハートウォーミングなオールドソウルマナー全開の一曲。「Made To Be Together」はEric Hudsonが製作を担当、これなんかは押しては引く様なメロディの波打ち際感がR.Kelly節満開。ピコピコサイバーが炸裂したダークエッヂチューン「Red Lipstick」はTroy TaylorとJohn "SK" McGeeが製作、電子音駆使ながらも四つ打ちでなくどこかドロッとした跡の残るトラックがTrey Songzらしい。Popなる人物(Oak?)が製作した「Unusual」はDrakeが客演参加、硬質なドラムスビートにオールドソウルなメロディが派手に絡むトラックは未来と過去が融合した不思議なメロディ。ほんのちょっぴりほのかに香るエスニック風味のメロディがスパイシーな「Doorbell」はTroy TaylorとJohn "SK" McGeeが共同制作、ファルセットを器用に織り交ぜながら“でぃんどん♪でぃんどん♪”と口ずさむフックも相俟って不思議な感覚に陥るメロディ。ふわふわと無重力状態の空間でポツンと浮かびながら歌声を響かせる「Unfortunate」、製作はNoah "40" Shebibが担当という事で納得の世界観。こういう静寂宇宙をしんみりと神秘的に描き出すのはNoah "40" Shebibの得意技、その中でTrey Songzが悲しげに引きずった声で“残念だね、もったいないね、僕を信じてなかった♪”と暗く陰湿に責める詩もとても痛々しくて耳に残ります(傷跡)。新進気鋭のProducerであるBei Maejorが製作の「Blind」、単調に繰り返す電子音メロディに硬質なドラムスをカチカチと組み込んだマイナー調の一曲。最後を飾る「You Just Need Me」はKane Beatzが製作、流線型の滑らかクールなシンセサイザートラックにTrey Songzの線を細めたヴォーカルがスーッと滑走するクラブチューン。とここまでが本編、国内盤にはこれらに加えて二曲のボーナス曲が収録されています。まずは前作『Ready』からの特大ヒット曲の別録版「Panty Droppa(The Complete Edition)」、相変わらずの濃厚なエロさがネットリ耳に残りますねぇ(吐息)。Troy TaylorとJ-Kittが共同制作の「Love Me Better」はそのカラフルな電光の眩しさがすっきり爽快な輝きを放つなかなかの一曲。

うん、やはりTrey Songzは普通に歌も巧くきちんと声に個性もあるから、彼独自の一枚に仕上がっていたと思います。また最近は完璧にテクノポップっぽい曲が横行しているけれど、そんな中でもある程度王道なトラックを配した辺りも好感が持てます。ただ本作は実験的な曲はなかったかな、毎回Trey Songzは強気に攻めていた気がするのでそこが残念(辛口)。前作『Ready』で見せた超濃厚&超濃密なセクシー(エロ)路線でまとめても良かった気がします、前作の方がパンチがあったのは確か。でもすごく聴き易いし良~~い一枚に仕上がっている事は確か、僕は特にMario Winans関与の「Can't Be Friens」が好きです(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment