RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ne-Yo「Libra Scale」
Ne-Yo_Libra_Scale.jpg

ソングライターとしてもシンガーとしても今や大物ヒットメイカー、Ne-Yoの通算四作目となる『Libra Scale』を御紹介。元々は短編映画として書いた脚本を元に構成されたという本作は、“人は富や名声と、愛を天秤にかけた時、どちらを選択するのか”というコンセプトの元に創られているのだそう。楽曲が一曲単位で切り売りされる昨今において、こういう一貫した題材を敷くのは珍しい、流石はソングライトを得意とするNe-Yoならではですね。
それでは気になる内容を簡単に御紹介したいと思います……まずはシングルカットもされたD.Dorohn Gough製作の「Champagne Life」、それこそシャンパンゴールドに輝くキメ細やかな泡立ちの流麗曲がオシャレで華やか。Ne-Yoの相変わらず甘酸っぱい歌声が清涼に体中を駆け巡るスマート過ぎる一曲で、これぞNe-Yo節といえますね。D.Whiteなる人物が製作を担当した「Makin' A Movie」は“君が主演女優になってくれるかい♪”と口説くスウィート満点のラヴソング、Ne-Yoらしい煌びやかでラグジュアリーな輝きを持った爽やかなミッド。Rachad HolidayとSixx Johnsonが共同制作した「Know Your Name」もほんわかと円やかなシンセのこもった響きが美しい一曲で、Ne-Yo得意のスムージーなヴォーカルが心地良さそうに伸びます。“念力で君に触れずに抱かせて♪”としっとり優しく歌うNe-Yoに女性はベタ惚れしてしまうであろう「Telekinesis」はJesse "Corparal" Wilsonが製作を担当、タイトルの割にはシンプルなメロディ運びが流麗でオーソドックスなキラキラソウルチューン。「Crazy Love」は驚き、あのRyan Leslieが製作を担当したクールな夜風が頬を撫でるようなシンセチューン(都会)。Ryan Leslieにしてはシンセサイザー少なめの配置で少し物足らなくも感じますが、そこはナヨっとした鼻にかかる甘い声でラップするFabolousの援護射撃で補強されていてなかなかの出来映えです。Ne-Yoの盟友であるChuck Harmonyが製作を担当した「One In A Million」、冒頭で少し聴かせるNe-Yoのラップが結構キマっていて中間でもう一度挟んでも良かったかも。トラック自体はどこか異国情緒溢れるスパイシーエッセンスの効いた情感溢れる曲調で、刺激的でいてどこか物悲しく感傷的でセンチメンタルなのが胸に響きます(染入)。ドカドカと力強く鳴るビートが心地良い「Genuine Only」はSyienceが製作を担当、広大な大地を思わせる壮大で伸びやかなトラックが開放的で心地良いです。本作でも一二を争う格好良さなのがJackpotなる人物が製作した「Cause I Said So」、ベケベケと鳴るベース音に乗せてNe-Yoの熱っぽいヴォーカルが次第に大きなグルーヴを生み出すダンスアッパー。これはモロに確かに亡きMichael Jacksonの面影を感じずにはいられないディスコソウル風味で、シンプルながら骨太なビートが鼓動を突き動かすナイスな一曲。そして先行シングルとなっていたのが「Beautiful Monster」、製作はNe-Yo作品には欠かせないStarGateが担当(本作ではこの一曲のみにStarGateが参加、これは意外だった)。ダークでソリッドなメタリックシンセのウェーブに乗せて、Ne-Yoのスリリングに妖しく光るヴォーカルが冴え渡る近未来的な一曲で、これはまるで映画音楽さながらの臨場感とドラマチックさで素晴らしい(惚)。“彼女は美しい獣さ♪”と歌う詩も刺激的だしザワザワと感情を掻き立てる、ゾワゾワと迫りながら徐々に加速する四つ打ちビートにすごく似合っていて響きます。最後を締め括るのはD.Dorohn Gough製作の「What Have I Done?」、グルグルとクリーミーなメロディを飲み込みながら進行する、“僕はなんてことをしたんだ♪”と悔やむファルセットフックがMJ流儀なとろ~りとしたスロウチューン。

Ne-Yoスタイルを貫いた一枚、相変わらずのハイクオリティだったのは言うまでもありません(認)。ただ面白みには欠けていたと僕は思います、Ne-Yoは好きですがいつも優等生過ぎるというか、これぞといった一曲が最近は見つからない気がします(辛口)。最近はNe-Yoのフォロワーのようなシンガーも多くなっているし、R&B自体がボーダレスになりより白人POP化していて、そんな中でNe-Yoのみが魅せる突出した曲というのは無かった気が……僕の気のせいですかね、これでも結構聴いた方なんですが。個人的には「Cause I Said So」の様なレトロなダンスチューンか、「Beautiful Monster」みたいなダークな側面の楽曲を増やして欲しかった気も。勿論オールドソウルマナーも心得ているのは百も承知なんですけどね、ちょっと期待し過ぎたのかな(笑)。全十曲とコンパクトなのでサックリ聴けます、R&B愛好家はスルーしませんよね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment