RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Waka Flocka Flame「Flockaveli」
wacka-flocaveli.jpg

Gucci Maneの主宰するレーベル“1017 Brick Squad”に所属する、Wacka Flocka Flameのデビューアルバム『Flockaveli』を御紹介。Wacka Flocka Flameの母親が以前はGucci ManeやNicki Minajのマネージメントを行うも金銭的な問題で解雇、それが原因でGucci ManeとWacka Flocka Flameの間にBeef勃発と囁かれていましたが、結局はBeefも解消し行動を共にしているそうです。ちなみにこのWacka Flocka Flameなる名前も、Gucci Maneが名付け親なのだそう。
それでは簡単に内容を御紹介したいと思います……本作でまず述べておきますは、新進気鋭のProducerのLexus "Lex Luger" Lewisが多くの楽曲を書いているという事、そんなLex Luger製作曲から触れます。まずはWacka Flocka Flameの合言葉“ばうばうばうばうばう♪”と“わかわかわかわか♪”と組み合わせた銃撃サウンド曲「Bustin' At 'Em」、とにかくWacka Flocka Flameの灼熱の業火声で吼え回すラップが熱い一曲。ドロドロしたサウンドがぐるぐると回る毒々しい一曲「Hard In Da Paint」、やはり地獄からの使者よろしくWacka Flocka Flameの容赦ないガウガウ声が響き渡ります。とにかくLex Luger製作曲はどれも似ていて、キキキキキンと金切り音に浮ついた鍵盤音が鳴り止まない「TTG(Trained To Go)」(French Montana、Yg Hootie、Joe Moses、Baby Bomb客演)、Wacka Flocka Falameの“ばうばうばう♪”に加えてフックの“ばぁいん♪ばぁいん♪”が繰り返されるのが病み付きの「Bang」(Yg Hootie、Slim Dunkin客演)、隙間をわざと空けたSoulja Boyっぽいチープなノリが中毒性高い「Bricksquad」(Gudda Guudda客演)、ピコポコした電子音にWacka Flocka Flameが噛み付く「Grove St. Party」(Kebo Gotti客演)、初っ端からのマシンガン“ばうばうばうばうばう♪”の連打で耳を嫌が応にも持って行かれる爆曲「Karma」(Yg Hootie、Popa Smurf、Slim Dunkin客演)、銃声を軸ビートにした危険度MAXなシリアス曲「Live By The Gun」(Ra Diggs、Uncle Murda客演)、銃撃の嵐に血生臭いシンセサイザーがヒリヒリと鳴る「G Check」(Yg Hootie、Bo Deal、Joe Moses客演)、女性MCのCartier Kittenを援護射撃にシングルヒットしている「Snake In The Grass」、最後を締め括る「Fuck This Industry」までスタイルは一貫して地獄っぽいゴーストタッチで攻め続けます(飽)。Lex Luger以外のProducerも参加しているのですが、これまた皆が似たり寄ったりでちょっと飽和気味。Roscoe DashとWaleという援護MCがいる事で少しカラフルにはなっているDrumma Boy製作の「No Hands」、Pastor TroyとSlim Dunkin参加の電子鍵盤鳴らすJoshua "Southside" Luellen製作の「Fuck The Club Up」、ゾワゾワするシンセサイザーが侵食する幽霊曲「Homies」、シングルヒットを記録したCap客演の「O Let's Do It」、NikoとLil Jonが製作するも全くCrunk趣味はない「Smoke, Drank」と、どうも全てが同じ曲に聴こえて仕方がないのです。

う~~~~ん、Wacka Flocka Flameに関しては面白いMCだと思います、あのバウバウキャラならば存在感はバウ群だと思います(笑)。ただこれだけ同じサウンド(しかもおどろおどろしくへヴィー)だとやはり胃がもたれるかな、あと客演が多過ぎてWacka Flocka Flameを認識したい僕にはちょっと不利。これからはもうちょっと違う毛色のトラックも乗って欲しい、あとは客演を沢山こなしてスタイル確立してほしいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment