RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil Wayne「I Am Not A Human Being」
lilwayne-imnothuman.jpg

獄中にいながらもその人気は一向に衰えず、むしろよりそのファン層を拡大したかのように感じるLil Wayneの通算八作目となる『I Am Not A Human Being』を御紹介。Lil WayneのみならずDrakeやNicki Minajといった新世代の人気MCを擁するCash Money Recordsは勢いに乗っていますね、Nicki Minajのデビュー作はまたすごく楽しみですし。本作はまずデジタル配信でのみ発売された物を、三曲追加してCDとして発売したもの。デジタル配信でも良いから購入しようかと思っていたので、この盤販売はかなり嬉しかったです。
それでは気になる内容に触れたいと思います……まずはKnaeなる人物が製作した「Gonorrhea」で幕開け、硬質なキックビートにザクザクと切る様なシンセサイザーが怪しく絶え間なく鳴り続ける、なんともLil Wayneらしいチロチロ舌を出して挑発するようなジワジワ系。客演にはDrakeが参加、水の中みたいなプクプク感の漂うトラックの中でLil WayneとDrakeのべったりとした爬虫類っぽいネッチリとしたラップが絡みます。やはりこの二人のラップは質感が似ています、どちらも違った良い味出していますがね。「Hold Up」はThe Olympicsが製作を担当、客演にはT Streetsが参加。これもピコピコピコピコと上ずった電子音のソワソワした浮いたメロディにドカドカと野太いビートがぶつかる、Lil Wayneの絡みつくようなラップが這い回るグルグル酩酊曲。「With You」はStreetrunnerが製作、サンプリングにValerie Simpson「Benjie」を使用したあまりにドリーミーで美しいしなやか曲。艶やかな女性のハミングをピアノ鍵盤がしっとりと優しく撫でる上品なメロディが極上ソウルフル(素敵)、それに合わせてLil Wayneもまったりとレイドバックした溶けるような言葉を垂れ流すスロウチューン。ここで客演のDrakeがまた甘くてしなやかな歌声で華を添えていて素敵、やはりDrakeの魅力はこのヴォーカルですね。そして表題曲となる「I Am Not A Human Being」はInfamousとDrew Correaが共同制作、バキバキに激しく吼えるエレキギターのメロディに硬質なドラムスがぶつかり、途中で隙間空けたHip Hopっぽいビート転調したりとかなり癖があるんですが面白い一曲。これはこれでオールドスクールなのかなと感じさせる、ある意味で王道な一曲でアリ。こういうロック調の曲でもLil Wayneが少し粘着質に吼えたりしながらラップすると面白い、きちんとHip Hopとして成立しているから良い。Noah "40" Shebibが製作しDrakeが客演参加している「I'm Single」は完璧に彼らの独創的な世界観にどっぷり、スーンスーンと星が堕ちてゆくような暗く冷たい夜空のような幻想的なトラックに、静かに呟く様なLil Wayneの爬虫類声がどこか御伽噺っぽくも感じるダークメルヘンな不思議曲。DVLPが製作を担当(MixにはNoah "40" Shebibが参加)した「What's Wrong With Them」ではNicki Minajが客演参加、Nicki MinajのRihannaっぽいメタリックでソリッドな歌フックが効いた一曲に仕上がっています。Kaneが再び製作を担当した「Right Above It」はDrakeが客演、ビビビビビビビと鳴るシンセに奇天烈なビートが細かく構築されたトラックはどこか宇宙船発射っぽいスペース感とドラマチックさを兼ね備えた面白い一曲(躍動感)。久々にあのCool & Dreが製作を担当した「Popular」も連打する電子鍵盤がとてもブライトに光り輝く光芒曲で眩しいメロディ、まだ青いLil Twistのフックもなかなか効いています(好演)。再びStreetrunnerが製作の「That Aint Me」はこれまた売れっ子のJay Seanが参加、ドラマチックなサントラ系メロディにLil Wayneの語る様なラップとJay Seanのスウィートで滑らかなヴォーカルが見事にマッチしたソウルフルな一曲(痺)。コチコチ叩く太鼓音にオーケストラ調の荘厳なメロディが紡がれる「Bill Gates」はBoi-1daが製作、Love Unlimited Orchestra「Somebody's Gonna Off The Man」をサンプリング使用した重厚でシリアスな一曲。Michael Cadahiaが製作した空間トリップする奇天烈シンセビートの交錯トラックがずば抜けてトリッキーで面白い「YM Banger」はJae MillzとGudda GuddaとTygaがマイクリレー、これは大人数参加が大正解でより彩り豊かになってシーンの転換が面白くなっていますし、Young Moneyの層の厚さを痛感する一曲になっています(薦)。Mr.Pyro製作でLil Twist、Lil Chuckee、Gudda Gudda、Jae Millz、Nicki Minajとこれまた大所帯で総攻撃を仕掛ける「YM Stalute」もそれぞれのキャラが立っていて凄くインパクトのある一曲になっています。Mr.Beatz製作でGudda Gudda客演の「I Don't Like The Look Of It」も、ピコピコピコピコと電子光線がピュンピュンと飛び交うサイバーバウンス曲で冒頭から登場のGudda Guddaもかなり良い感じ。ビートがサイバーなんだけど良い意味でぶっ飛んでなくて地味なので、よりLil Wayneのラップも際立ってその疾走感を全身に感じて楽しめる一曲。

練りに練った感はやはり無くて、どこか寄せ集めっぽい一枚に感じるのは致仕方ないのかなと思います。しかしそこは数多くのMixTapeで名を馳せてきたLil Wayneですから、そういった中でも高水準な楽曲ばかりで感心しました(流石)。ファミリー総出なんですが厭味も無くて、純粋な要素援軍として楽曲を盛り上げていたのも好印象でした。とにかくLil Wayneが戻ってきた事でまたHip Hopシーンも面白くなる事は必至、『Rebirth』と合わせて本作も聴いて楽しんで、暴れ回って下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment