RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kanye West「Graduation」
kwgrdc.jpg


世界が認める異色の才能の持ち主、Kanye West待望の通算三作目『Graduation』を御紹介。もう皆様御存知、このKanye Westの新作『Graduation』は、あの50 Centの新作『Curtis』と同日発売、これが注目されないハズが無い訳で、皆がどちらに軍配が上がるか固唾を呑んで見守っていたんです。勿論僕の予想ではKanye Westが勝利すると感じていた訳ですが、結果を見てみると下馬評通りKanye Westの勝利で御座いました。しかしKanye Westのあのナルシストぶりには正直飽き飽き、そう言いつつ購入しましたが(口先)。
そんな感じでラフに書きたいと思います……それではまずは「Good Morning」で静かに幕開け、ここではあのElton John「Someone Saved My Life Tonight」をサンプリング使用、幕開けに相応しくKanye West第三節の暁を覚えさせる一曲。ここではあの大ボスJay-Zのボーカルもちょっぴり入っています、Jiggaファンの僕にはすぐにJiggaのそれと分かるんですが、何の曲のラインだったかが思い出せません。「Champion」ではSteely Dan「Kid Charlemagne」をサンプリング、こういうトラックはKanye Westっぽくてかなり好き、キラキラしててノれて前作では聴けなかった(個人的見解)感じで、Kanye Westのラップも走ってて合っている。そして早くもシングルとしてヒットしている「Stronger」が登場、皆様もう御存知のDaft Punk「Harder,Better,Faster,Stronger」をハイセンスに加工した電子ロキッシュな次世代トラックは圧巻の一言、これはKanye Westがまたひとつネクストレヴェルに達した事を照明した強力チューンとなりました(流石)。この曲にはAdditional ProgramingとしてTimbalandってなってるけれど、彼が絡んでるんでしょうか(勉強不足)。「I Wonder」は僕の中では極めて前作的で好きになれるか際どい感じ、Kanye Westのラップとも歌とも朗読とも言えない感じが中途半端に感じてしまうんです。「Good Life」はもう完全に大ヒットのポテンシャルを秘めずと爆発させている一曲、あのT-Painをゲストに招いた間違いない人選。Michael Jackson「P.Y.T.」を下敷きにした可愛くポップでキャッチーなトラックはあのDJ Toompとの共同制作(Additional drumはTimbaland)、T-Pain十八番のボコった歌声フックが爽快に響く本当に上手い一曲。バックボーカルにJohn LegendとNe-Yoの名前も挙がっていますが、僕はよく気付けませんでした(素人)。続く「Can't Tell Me Nothing」もDJ Toompとの共同制作、という事で始終サウスっぽい雰囲気が渦巻くドロっとした一曲。途中でYoung Jeezyの地を這う合いの手が入っているんですが、元々この曲はDJ ToompがYoung Jeezy用に作ったトラックなんだとか(名残)。「Barry Bonds」は異色曲、この曲に限ってはKanye WestではなくこれまたベテランのNottzが製作を担当しているんです。ですが全く雰囲気は壊さずに、それどころかこれはNottzでないとならなかったという出来栄えでたまらない(興奮)。ゲストにはこれまた人気者のLil Wayneを招いてめっちゃカッコよくキメてまして、Lil Wayneのあのねっとり絡みつくラップが堪能できます(激薦)。「Drunk And Hot Girls」ではあのMos Defを歌で参加させています、ただこれはあまりに作りが深くて(Jon Brionも製作に関与)僕は素直にはノれないかなぁと。「Flashing Lights」はErick Hudsonとの共同制作、この曲の電子音の昇華具合はかなり好きだしDweleの甘めでアダルトな歌声もハマッていて好き。「Everything I Am」では驚き、あのDJ Premiereがスクラッチで参加したメチャ渋な一曲が登場。Prince Phillip Mitchell「If We Can't Be Lovers」をサンプリングしたメロウでオシャレなトラックに、Public Enemy「Bring The Noise」をスクラッチした豪華で通な共演で御座います。「The Glory」は僕個人としては最もKanyeらしい思う嬉しい一曲、こういうトラックがなんともベタで可愛くてKanye Westの創る楽曲の持つ魅力の真髄だと僕は思います。Mountain「Long Bed」をサンプリングした煌くトラックにJohn LegendとMos Defがバックボーカルで参加しているそうです……また気付きませんでした(苦笑)。そして本作の注目曲はコレ、「Homecoming」ではないでしょうか(当然)。あのWarryn "Baby Dubb" Campbellが共同制作に名を連ねているのもその要因の一つですし、加えてあのColdplayのChris Martinがゲスト参加しているんだから凄まじい。これはもう完全にChris Martinありきの作りで流麗で響きが良くて、Chris Martinの歌声の魅力に改めてドップリ(溺)。Chris Martinといえばつい最近、Jay-Zの「Beach Chair」に客演してましたね、どっちも好きですが……う~~~んJay-Zの方が好きかなぁ、甲乙付け難しですな(苦渋)。「Big Brother」は再びDJ Toompが単独で製作を担当、これがなかなかドラマチックな作りになっていてかなり好き。ところどころにJay-Zの使ってたラインも混じっているっぽいし、タイトルの感じからもJay-Zの事をちょっとはラップしているのかな(想像)。そしてここからは国内盤のみのボーナストラック、これがまたまた国内盤のみでは勿体無い楽曲でお得なんです(薦)。まずは「Good Night」、トラック自体は簡単な作りでこれと言って派手でなく、ちょっぴり南の島な感じ。た~だ~、この曲には帝王Jay-Zがラップで参戦していまして、この遠くでラップしている様なこもった感じの音がまた乙で御座います。「Bittersweet Poetry」は通の間では話題になっていたJohn Mayerがゲスト参加の一曲、これがまた可愛くメルヘンな感じでKanye Westの遊び心が詰まったファン涎モノの一曲で御座います(稀少)。

うん、良かった、やっぱりKanye Westは最強のプロデューサーだと痛感しちゃいました。とこうやってべた褒めしている裏にはもう一つの意味もありまして、それはプロデューサーとしては勿論最強なんですが、MCとしては……う~んやっぱり一枚丸々聴いてると、Kanye Westのラップだけではちょっと物足らない気がする様な(笑)。ただやっぱりKanye Westに対する世界の支持はいまだ熱い訳で、そりゃ50 Centもムキになって惨敗しちゃうわって感じ、それぐらいのスーパースターになっちゃいました。これからも自分の作品は勿論、多くのアーティストにそのグッドミュージックを届けてほしいです(応援)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment