RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil Wayne「500 Degreez」
lilwayne500degreez.jpg

そろそろ満を持しての出所が待たれる現役の中の五指に入るMC、Lil Wayneの通算三作目となる『500 Degreez』を御紹介。当初デジタル配信のみで発売された『I Am Not A Human Being』もCD盤として発売され、大方の予想通りBillboardで堂々No.1を獲得するなど、牢獄に入ってもなおその絶大な人気を誇るLil Wayneは凄い。まさかこれほどの人気MCになろうとは、この『500 Degreez』の頃のリスナー達も予想できていなかったのではないでしょうか。このチープでダサいジャケットがB級っぽさ全開で、逆にこの頃のCash Moneyの雰囲気を味わえます。
それでは簡単に内容を御紹介しましょう……まず本作では二曲を除く全曲の制作を、盟友Mannie Freshが担当しています。当時のCash Money軍団の頭脳はMannie Freshでしたからね、そんなMannie Freshの製作曲からズラリと。幕開けを飾るのは「Look At Me」、Mannie Freshらしいジギジギと鳴る金属系の弾き弦にオリエンタルなメロディラインが絡みつく、なんとも摩訶不思議なサウスバンギンチューン。Lil Wayneのチロチロと舌を舐めずるラップは少し大人しく、極めてストイックにビートと共に跳ね回ります。ぶっといベース弦の響きがちょっぴりへヴィーなバウンスを生み出す「Way Of Life」、これはサウスというより西海岸っぽい海風吹かしたサーフィンソウルチューンで、Lil Wayneのソフトに滑らすラップがハイで心地良い一曲。ここでは客演にBig TymersとTQが参加、特にTQであの渋くしゃがれたソウルフルヴォイスを挟む事でより心地良さが濃縮されています。「Gangsta And Pimps」ではBabyが客演参加、Dennis Edwards「Don't Look Any Further」をサンプリングした哀愁たっぷりのソウルフル曲。ソウルフルなんだけれど東海岸のように極端にシビアではなく、南らしい泥臭いファンクが根差していてグッド、だからこそLil Wayneの爬虫類ラップも活き活きと輝くわけです。Mannie Freshが得意のオモチャっぽい可愛さを爆発させてくれた「Lovely」、低く響いて鳴るシンセのべったりした波打ちにをLil Wayneがベロベロ舐め回すラップが最高にぶっ飛んでて嵌る(中毒)。それだけでももう病み付きなのに、フックでは女性ヴォーカルの麗しい歌声&後ろで女性の“らーらー♪”が絶えず聴こえてより舞い上がってしまう面白いキュート曲(小悪魔)。絶えずビコビコとせわしなく鳴り続けるビートにソワソワしてしまう「Gangsta Shit」では、客演にがなりながらもメロディを奏でる意外と器用なPetey Pabloが参加。Lil Wayneの少し上ずった引っくり返りそうなヘロヘロ声も確かに良いけれど、Petey Pabloの叩いて捻り潰す様な豪気溢れるパワフルラップもやはり痛快で最高にホット。ジャラジャラジャラと細かく爪弾き奏でるアコースティックギターのメロディがスパイシーな「Bloodline」は、極めて南国の熱っぽさを帯びたトラックで、Weezyのラップがそれをクールにタイトに仕上げている一曲。Lil Wayneにしては珍しくタフでパワーのあるトラックでクラッシュ系のラップで突進する「Where You At」、途中の“おーーーッ♪”の合いの手も男臭く暑苦しくて良いし、お構いなしに刻々と切り裂く様なフロウを繰り出すWeezyが神懸りな鋭さ。「Worry Me」では途中のWeezyの低くこもった歌う様なフックが耳に残る、電子鍵盤のちょっぴり宇宙空間っぽいサイバーメロディがまたカッコイイ。ビヨンビヨンとうねるトークボックスっぽいノイジーなサイボーグ曲「500 Degreez」、これもアンドロイドっぽい電子曲にWeezyの癖のある粘着質なラップがより強烈な魔法をかける近未来ダーク。これまた宇宙空間をワープするようなシンセサイザー駆使に、しゃがれた灼熱ヴォーカルが乗っかる不思議なメタリック曲「Go Hard」も面白くて中毒起こす。打楽器ビートに乗せてトロピカルなメロディが優しく絡み、Weezyもレイドバックしたソフトなラップを披露する「Young'n Blues」も最高にハイで気持ちが良い(安息)。つんざめく系のスリラーメロディにゴツい繰り返しフックが絡む「F*** You」では再びBig Tymersが参加、ちなみにBig TymersとはBabyとMannie Freshのタッグ名です。光線銃の様なビコビコが飛び交う「For Sheezy」はクールだけどホットなサイバーチューンで、細やかに構築されたビートの合間を縫ってWeezyのレロレロな爬虫類ラップが炸裂する一撃K.O.な必殺曲。Mannnie Freshは以上の楽曲を製作、そのどれもが高水準の出来映えで流石で御座います。それ以外にはJazze Phaが二曲を製作していて、BlaqueとMannie Freshを招いたピーヒャラ笛音が気になる「Believe That」と、BabyにTateezeとCristaleを招いたビコビコ落ち着きの無い電子曲「Get That Dough」がそれ。

Lil Wayneが今ほどにヘロヘロレロレロとはしておらず、爬虫類よりは両生類に近い口撃でよりスマートに聴こえるかなと。とにかくMannie Freshの製作曲が続くので、それに嵌れない場合はひどく退屈してしまうかもしれない一枚。しかしLil Wayneがやはりラップ巧者なのでそれらのビートを上手く料理して、チロチロと舌を出して余裕を見せてくれるので退屈する方は少ないかなと思います。やっぱりLil Wayneの個性は半端ないなぁと実感する一枚、蝕んできますから(病的)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment