RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Eric Benet「Hurricane」
ericbenet-hurricane.jpg

D'AngeloやMaxwellと並んで“”New Classic Soul"の旗手として知られる、Eric Benetの通算三作目となる『Hurricane』を御紹介。元奥様はあのHalle Berryという事でも知られるEric Benet、あんな美女を射止めるだけあって彼もまたかなりの男前、そのうえ甘い歌声なんだから向かうところ敵無しですね。そんなEric Benetの男前過ぎる横顔に惹かれて購入したのが本作、というのは冗談でEric Benetはシンガーとしても好きなので。新作『Lost In Time』を間もなくリリースする予定で、それに先駆け発表された「Sometimes I Cry」は、あの獄中のLil Wayneも絶賛しているそう。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずはHod DavidとEric Benet共同制作の「Be Myself Again」で幕開け、アコースティックギター掻き鳴らしカントリーテイストな温もりあるテンポで心地良さそうに歌い上げるブルージーな一曲でグッド。続く「Pretty Baby」もギターやオルガンを丸みを帯びた柔らかさで奏でる生音演奏が素敵なスロウ、Eric Benetの幾重にも重ねられたファルセットは極上に甘くて滑らかで美しい、聴いているだけで溜息が漏れてしまう一途な想いを綴ったラヴソング。トラック的にも思い切りニューソウルな仕上がりで、Eric Benetの真骨頂ともいえる一曲に。表題曲でもある「Hurricane」はあのDavid Fosterが製作を担当した哀愁漂う切ないバラード、David Fosterならではの真っ直ぐで汚れのない心揺さぶる情動的なスロウにただただ聴き入ってしまうばかり(溺)。“ハリケーン、それしか痛みを洗い流す方法がない時もある♪”と歌うEric Benetのフックは全てを飲み込み包み込む強さと穏やかさがあり、壮大なメロディに乗せてEric Benetの優しくも芯のあるヴォーカルが溢れ出す人生応援歌になっています(涙)。アコースティックギターをジャキジャキと鋭く爪弾くエッヂの効いた「Where Does The Love Go」はHod David製作、ちょっぴりスパニッシュというかカルメン調なんですが、Eric Benetの気品の香るファルセットがしなやかでほんのり微熱感じさせるタッチなのですんなり聴けるスパイシー曲。「My Player」は僕個人としては注目したい一曲、あのWalter Afanasieffが製作を担当した壮美曲なのだから。ピアノ鍵盤の荘厳で奥行きのある響き、少し冷たくて悲しさが滲んだメロディはドラマチックで流石はWalter Afanasieffという奥行き。Humberto GaticaとDavid Fosterが共同で製作した「Man Enough To Cry」も聴いているだけで涙が零れてしまう美曲、優しく抱き締めるようにEric Benetが“君と一緒に、僕は泣けるだけの男になれたんだ♪”と囁くように歌うラヴバラード。優しくのどかでゆったりと流れるドリーミーなメロディラインはもう優美で繊細で素晴らしい、Eric Benetのスウィートフルな甘いヴォーカルも素敵過ぎる極上スロウ(溺愛)。ちょっぴりドゥーワップな空気もたまらなくカッコ良いRaphael Saadiq調のブルージーソウル曲「I Know」、製作はDrew RamseyとShannon Sandersが共同で担当。Humberto GaticaとDavid Fosterが共同制作の「India」は、タイトル通り広大な大地のような息吹と静かに漲る生命を感じる壮大なスケールのラヴソング、爪弾くギターが爽やかな風を運ぶ清涼曲となっています(好)。続いてもDavid FosterとHumberto Gaticaが共同で製作した「The Last Time」はJazzスタンダード曲、これはもうDavid Fosterの腕がギラリと光り輝く煌びやかで御洒落でスマートなドリーミー曲でもうウットリ(酔)。“これは最後の恋になるよ♪”と謳うEric Benetの伸びやかでメルティーな歌声がまたソフトでカッコイイ、Eric Benetの紳士っぷりを存分に発揮した(とは言っても途中では情熱的に声を張り上げるシーンもある)素敵過ぎて骨抜きにされる芳醇なワインのように美しい夜会曲(絶賛)。続く「In The End」もHumberto GaticaとDavid Fosterが共同で製作、人生における様々な困難もきっと乗り超える事ができると切々と謳った、アコースティックギターの温かなメロディが心を洗ってくれるBabyface調の森林の木漏れ日曲。Eric BenetとMichael CarneyとAndy Duncanが共同制作の「Making Love」も素敵、キリッと際立ったファルセット使いのフックが鮮明で美しいR&Bっぽさを感じるアコースティック曲。Walter Afanasieffが再び製作を担当した「Cracks Of My Broken Heart」は、やはりピアノ鍵盤の繊細で儚げなメロディが胸をぎゅっと締め付けて離さない感動のバラードに(溺愛)。“君の傷ついた心のひび割れから落ちたくないんだ♪”と切に懇願するEric Benetの歌声がたまらなく泣ける、壊れた愛を修復しようと告げる復縁ラブソングに涙です(号泣)。Eric BenetとDemonte Poseyが共同制作の「I Wanna Be Loved」は教会オルガンっぽいこもった響きの鍵盤音が柔らかく長閑な、ゴスペル風味のスローラヴソング。最後を飾るのはやはりWalter Afanasieff製作のクラシカルなピアノ伴奏曲「Still With You」、静かにただただ真っ直ぐ見詰めて愛の告白をするかの様なメロディ&ヴォーカルに胸を打たれ涙が静かに頬を伝う素晴らしいバラードです(賞賛)。Eric Benetの純粋で真っ白なひたむきな歌声を聴いて癒されて下さい、人を愛する事の素敵さを教えてくれます。

素敵でした、僕はこういう作品も好きです(絶賛)。ただ昔からのEric Benetファンからするとちょっと黒さが足りないというか、ソウルアルバムという感じではないので物足らないかもしれません。しかし僕としては大好きなDavid FosterとWalter Afanasieffがガッチリ関与しているという点で、かなり聴き応えのある一枚となりました。それにEric Benetの歌声がそんなくどくなくサラリと洗練されているので、こういった純白曲をすんなり着こなしていたと思います(誉)。是非とも聴いてみて下さい、僕は好きです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment