RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bun B「Trill OG」
bunb-trillog.jpg

UGKとして活躍しソロとしてもヒットを飛ばし客演も多し、サウスの新たな重鎮として鎮座するBun Bの通算三作目となる『Trill OG』を御紹介。相棒であるPimp Cは残念な事に亡くなってしまいましたが、それでも精力的に活動を続けているBun B、客演も相変わらず忙しく参加しています。本作はあのThe Sourceでも久々のマイク五本を獲得したらしいですね、まぁ今ではこの評価はほぼ無意味かもですが、それでも素晴らしい作品に仕上がっている事には間違いありません。
それでは気になる内容を御紹介してゆきましょう……まずはSteve Below製作の「Chuuch!」で厳かに幕開け、教会オルガンみたいな電子鍵盤の厳かな鳴りに合わせて揺らすBun Bの野太いラップがタフでカッコイイ、客演のJ.Princeの青く高いヴォーカルも良い味出しています。ティロティロと小川のせせらぎの様に流れるシンセメロディがネオンの様に輝く電光曲「Trillionaire」はJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作をっ担当、客演にはT-Painが久々の登場。光ファイバーっぽい細やかなシンセサイザーの構築トラックとBun Bのタフさの対比が面白い、そこにT-Painのヴォコーダー駆使の揺らめき多重フックがよりサイボーグチックな冷たい輝きを放つ素晴らしい仕上がり。「Just Like That」では腕利きのサグYoung Jeeezyが参戦、Drumma Boy製作のスリリングで不穏なヒリヒリ冷たいトラックが濃霧のように迫る電子トラック。Bun Bが短くドロップする様にラップし、Young Jeezyが焦がす様にジリジリと伸ばしたザギザギ声でラップするのが絶妙に混ざり合う一曲でグッド。「Put It Down」は2010年を代表する売れっ子コンビ、Drake客演×Boi-1da製作の注目曲。Drakeっぽいゆるくマッタリと纏わりつくような仕上がりかと思いきや、Bun Bに合わせた静寂を基調としたクールな一曲になっています。Drakeはいつものごとく歌とラップを混ぜ合わせて披露、しかしここではBun Bに喰われている気がしますねぇ。そして皆が喜ぶであろう曲が「Right Now」、Pimp Cと2Pacという亡きスター二人に加え、現代R&B界の若きスターTrey Songzまでを擁した最強布陣の一曲(豪華)。Steve Below製作のキラキラと煌びやかに華やかなシャンデリアトラックも綺麗だし、そこにBun B×Pimp C×2Pacの最高にイルな擬似マイクリレーを聴けるんだから素敵(感動)。そしてTrey Songzが例の甘美でじっとりと濡れたヴォーカルを絡ませるんだから極上のシルキーさが実現、これだけの鉄人MCの中にあってもTrey Songzのスウィートな魅力がキラキラ輝いています。DJ B-Do製作の「Countin' Money」はYo GottiにGucci Maneという若手実力者を揃えて召集、へヴィーで殺伐とした重厚な一曲に仕上がっています。Big E製作の「Speakeasy」はTwistaとBluesman Ceddy St. Louisが客演参加、ザクザクとカットして繋げたソウルフルなメロディがブルージーで濃厚な味わいを生む土臭い一曲。Bun Bが踏みつける様にラップして回るのに対し、Twistaが例の斬りつける様な神風ラップで場を掻き回し混乱させる感じがたまらない(痛快)。鼓笛隊っぽいコチコチコチコチと太鼓バチ音が連打する軽快アップ「Lights, Cameras, Action」、再びSteve Belowが製作を担当。これは変則的なビートの運び&ごちゃ混ぜメロディが奇抜で面白く病み付きだし、それに合わせてクルクルと色彩を変えるBun Bに驚く程の柔軟さを感じるファンキー&ファニー過ぎる一曲でかなり好き。引き続きSteve Belowが製作を担当した「Show Money」はシンプル過ぎるビートの流れに合わせ、ポンピンして跳ねるBun Bのラップ運びが耳に残る一曲。「Ridin' Slow」はSlim ThugとPlay-N-Skillzが客演参加、製作はPlay-N-Skillzが担当。退廃的なスロウながらも後ろで鳴り続けるガラスの様に繊細なシンセメロディが、脆い幻想感を演出するマイナードリーミーな不思議曲。Bun Bに似て野太くゆっくりと締め上げるSlim Thugのラップは相性抜群、Play-N-Skillzの鼻から抜けるような煙たく燻らすヴォーカルも甘くて素敵ですね。個人的に最もお気に入りなのがあのDJ Premierが製作を担当した鬼黒いドープ曲「Let 'Em Know」ですね、Primo得意の鬼黒く深みのあるソウルメロディのぶつ切りループに、ギュイギュイと擦り上げる声スクラッチがぶつかる燻し銀過ぎる一曲(昇天)。またこういうシックでクラシカルなビートに、Bun Bの飾らない無骨で真っ直ぐな落ち着いたフロウが銃身の様に黒光りしてて最高にクールなんですよ(惚)。そしてもう一曲、僕が聴いた途端に失神したのがNotorious B.I.G.「Juicy」のあの有名な出だしラインを声そのままにベタ使いした「All A Dream」、製作はJ.U.S.T.I.C.E. Leagueで客演にLeToyaが参加。じんわりと広がり浸透してゆく煌びやかでメロウな柔らかシンセサイザーの波に、Bun BとBiggieのフックが共鳴する正にドリーミーでメルティな一曲。またそこにLeToyaの華やかで艶っぽいヴォーカルがカラフルに弾けて彩り豊か、すごくフローラルに仕上がっています(感動)。最後を締め括るのは再びDrake×Boi-1daが関与した「It's Been A Pleasure」、硬質で微細な打ビートに電子鍵盤がトローリと緩やかに伸びるトラックで、ここではDrakeが本領発揮しBun Bと妖しくも器用で巧みなマイクリレーを魅せています。

ド派手な曲は皆無ながらも、やはりサウスのベテランらしいどっしりと落ち着いた貫禄のある一枚に仕上がっていて流石。TupacとBiggieの二人と一枚の中で惹き合わせて擬似共演している点も面白い、そのどちらもが素晴らしい出来上がりなんだから尚の事です(納得)。ただ僕的にはDrakeとの絡みがあまり上手くいっていなかった気がします、そんな面白い化学反応もしていないし、月並みに仕上がりでした(辛口)。ただ聴いておかないと勿体無いのは確か、Bun Bの重みのあるラップを拝聴させて頂きましょう。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment