RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mariah Carey「Mariah Carey」
mariah-mariah.jpg

7オクターブもの声域を持ち“世界の歌姫”の称号を欲しいままにした、Mariah Careyの記念すべきデビューアルバム『Mariah Carey』を御紹介。Mariah Careyといえば年下の黒人俳優Nick Cannonと結婚、恐らく妊娠しているであろうとの噂で、まぁ私生活も順風満帆。音楽面ではあの大ヒット作『Merry Christmas』の続編を製作中との事、これもかなり楽しみで御座います。本作はそんなMariah Careyのデビュー作という事でかなり若い、そしてまだすごく細くてスレンダーな美女といった感じです。
それでは気になる内容を御紹介しますと……まずはMariah Careyのデビュー曲「Vision Of Love」で幕開け、これがMariah Careyの奥深くも鮮明なヴォーカルがみずみずしく溢れ出す、ソウルと王道ポップの中間をゆくドラマチックな一曲。製作はRhett Lawrenceが担当、“恋の夢を描いていた私に、あなたが現れてそれをくれたの♪”と謳う可愛い詩にMaraiah Careyの深みのあるヴォーカルが堂々と響き渡ります。世界中がひとつになれるはずと歌う人類愛をテーマにしたスケールの大きな「There's Got To Be A Away」はRic Wakeが製作を担当、重そうなテーマながらも明るく弾ける電子音でより明るく心踊り温まるメロディになっていて、途中のゴスペルっぽいアレンジもMariah Careyの力強い歌声により躍動感を与えていて素晴らしい相乗効果を生み出しています。続いてもRic Wakeが製作(ソングライトにNarada Michael Walden)の長く続き冷め切ってしまった愛に終わりを告げる「I Don't Wanna Cry」は涙無くしては聴けない失恋バラード、爪弾くギターが哀愁たっぷりで切なさを余計に掻き立てるちょっぴりラテン調のスロウ、大人の色香が漂っています。またしてもRic Wakeが製作した軽快なディスコ風ナンバー「Someday」は、フックでのMariah Careyの小鳥のさえずりの羽みたいに軽やかで華やかなアップ、こういうちょっぴり黒いフレイバーの香る曲もやはりお似合いですねぇ。Mariah Careyが製作を自身で担当したのがピアノ弾き語りの純正スロウバラード「Vanishing」、“あなたは消えてゆく、どこへともなく、あなたは消えてゆく♪”と伸びやかで熱っぽい声で歌い上げるドラマチックな一曲で、ここもやはりゴスペルっぽい荘厳なアレンジがなされていて、Mariah Careyの澄み切ったパワフルヴォイスが鮮烈に弾ける溜息モノの王道ポップス(惚)。煌びやかな電子鍵盤の音色が連なる軽やかな清涼ソング「All In Your Mind」はBen MarguliesとRic Wakeによる共同制作曲、TOTOっぽい柔らかでドリーミーなサウンドアレンジがキュートで耳に残るポップスロウ。Rhett Lawrenceが製作の「Alone In Love」もほのかにシンセを配したじっとりと濡れる艶やかなスロウ、急に一人にされた女性の悲しい気持ちを綴った失恋ソング。冒頭から激しいギターリフで幕を開けるガッチリロックナンバー「You Need Me」もRhett Lawrenceが製作、Mariah Careyの力強く尖ったヴォーカルが叩きつける様に乗せられたファンキーなナンバー。Rhett Rawrence製作の「Sent From Up Above」はMariah Careyによる多重録音のフックがあまりにクールでカッコイイ、ちょっぴりザラついたサウンドがR&B調な一曲。Ric Wake製作の程よくサイバー感が乗っかるディスコ調のアッパー「Prisoner」は、途中でMariah Careyが途中で聴かせるラップ調の歌い口がまたカッコイイ一曲でグッド。最後を飾るのはあのWalter Afanasieffが製作を担当した美し過ぎる純粋無垢なスロウバラード「Love Takes Time」、Mariah Careyの感情揺さぶるエモーショナルな歌声にただただうっと聴き惚れるばかりの神々しいくらいに眩い美曲。

やはりこの頃のMariah Careyの圧倒的な歌声には感動を覚えるばかり、あの高音はもう人間業ではないですよ(驚異)。今もう一度同じ曲を同じ様にMariah Careyが歌えるかというと……正直無理なんでしょうね、残念です。一時期は低迷していた人気も最近はまた復活、Black Music勢との絡みも抜群に巧くてR&B好きにはたまりません。ここで聴けるのは完全にポップ曲、後期のMariah Careyファンにはきついかもしれませんが、それでもこの歌声は聴いておいて損はありません。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment