RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

50 Cent「Curtis」
50-curcovs.jpg


Hip Hop界の暴君こと50 Centの通算三作目となる『Curtis』を御紹介。僕はハッキリ言わせて頂くと、50 Centはかなり好きです。確かに荒過ぎる部分は否めませんが、そのラップスタイルやら声質なんかが好きで、The Gameよりは完全に50 Cent寄りな男です。そんな中で持ち上がった50 Cent対Kanye Wsestのセールス対決、勿論僕はどちらも好きですしどっちも購入するつもりだったんで良いんですが、それでもやはりちょっぴり50 Centを応援していました。でも結果は前評判通りKanye Westの勝ち、50 Centが初めて土を付けられた勝負となりました。
そんなこんなで内容に触れる訳ですが……ではこの『Curtis』は内容が良くないのか、そう考える方もいるやもしれませんが、けしてそんな事はありません(断言)。むしろバカ売れした前作よりもこちらの方が断然しっかりしていてタイトで、より1stに近い感じで僕は完全にコッチの方が好きです。まずは50お得意の銃声轟くギャングスタ曲「My Gun Go Off」で幕開け、製作はAdam DeitchとEric Krasnoのコンビ。最初聴いた時はEminemの製作かなと思ったジャカジャカトラックでしたが違って新鋭のプロデューサー、本作ではこういった無名のプロデューサーが多数起用されています。「Man Down(Censored)」はDetroit Redなる人物が製作を担当、ピアノの重々しい音に50のぼけたラップが不穏に絡む一曲。「I'll Still Kill」は売れっ子のDJ Khalilが製作を担当、加えてこれまた売れっ子のAkonが客演で参加しています。Akonのあの独特の風味の歌声がこだまするトラックはやはり存在感抜群、50との相性も思ったより悪くなくて一安心(個人的感想)。シングルカットされている御存知「I Get Money」はApexによる製作曲、Audio Two「Top Billin」ラインを拝借したクラシックとモダンが並行するこの曲は結構カッコイイ。最初はあまりピンと来なかったけれど、聴けば聴くうちにじわりじわりと熱くなる中毒性の高い一曲。「Come & Go」は絶対にDr.Dre製作だと思ったんですがそうではなく、Maurico "Veto" IragorriとRobert "Roomio" Reyesの二人が製作を担当。これがまたなんともシリアスで50の1stに収録されていそうな懐かしくも感じる一曲。そして予想通りのキラーボムとなったのがヒットシングル「Ayo Technology」、製作にTimbalandを迎えゲストにはあのJustin Timberlakeを招いた確実売れ線な話題曲。この曲は賛否両論、50が苦肉の策に遂にマス受けする曲を作ったって叩く方も多い様で。でも僕はそうは思いません、最高レベルのMCが最高レベルのプロデューサーと最高レベルのシンガーと一緒にやるのは当然だと思います。これまたTimbaland趣味の二癖も三癖もある中毒性高い細かく刻み流れるシンセトラックに、Justin Timberlakeの浮遊感たっぷりのサイケなファルセットが引っ張る、もはや鉄板な作りに圧倒されます。この曲は確かにJustin Timberlakeが50 Centを喰っているかなぁとも思いますが、でも十分に良い仕上がりで50の新たな方向性を示した一曲となりました。そして続く「Follow My Lead」も僕の中ではめっちゃ気になっていた一曲、あのRobin Thickeをゲストに招いているんですから(拍手)。Tha Biznessが製作したピアノの美しい旋律を基調としたキラキラ美しいトラックに、Robin Thickeの白魂のこもった甘美な歌声に思わず溶けそうな一曲。Robn Thickeも好きな要因の一つですがそれより何より、僕は50のこういうメロウ系のトラックの方がお気に入りだったりします、そういう意味でもこの曲はかなり好きです。「Straight To The Bank」は本作からの1stシングル、だったかな、製作はTy Fyffeで御座います。この曲はシングルとしては確かに地味かなぁと思いますが、やはり本作の流れで聴いているとカッコ良くてレベル高いんだなと実感。「Amusement Park」も本作からのシングル、Teraike "Chris Styles" CrawfordとHailey "Silence" Campbellによる共同製作。これもまぁ地味ですよねぇ、雰囲気は完全にLil' Kim「Magic Stic」な感じかな。「Fully Loaded Clip」はG-Unitの仲間であるMobb DeepのHavocが製作を担当、この陰湿で暗くシリアスな感じはさすがHavoc、50にも合っています。「Peep Show」は盟友Eminemが製作とゲストで登場、そのトラックメイクは流石で50との相性もバッチリ。しかしEminemって本当に存在感が凄まじいわ、あの声質は他に無いしね、やはりいち早く復活して欲しいMCの一人ですよねぇ(待望)。Eminem流儀の不穏ジャキジャキトラック健在、これは彼にしか作れない。「Fire」は思いがけずハッとした一曲、もうイントロからしてぶっ飛んでて一気に引き込まれました。歪んだ電子音を高速稼動させているこの踊れるトラックはDr.Dreによる製作、流石はDreと感嘆の息が漏れました。そしてこの曲の一番のエッセンスとなったのはNicole Schergingerの歌声、上に下にと弾けた歌唱法と“ふぁ~いやぁ~♪”の叫びがかなり際どくて脳天直撃でした。あとG-UnitのYoung Buckもほんのちょっと力貸していますが、これは別に50自身でやっても良かったかなぁとも。「All Of Me」では女王Mary J. Bligeが威風堂々の歌参加、本当にMJBはこういうHip Hopトラックで映えるソウルフル過ぎる歌声、Jake Oneなる人物が手掛けたこのソウル溢れるトラックもなかなかよろしゅう御座います。「Curtis 187」は再びHavocによる製作曲、これがまた不穏でMobb Deep色なんですが50にはカチっと合っているんではないかと思います。「Touch The Sky」ではG-UnitよりTony Yayoが参加、K-Lassikなる人物が手掛けたなんともG-Unitっぽい曲ですんなりって感じ。そして国内盤には最後に「Smile(I'm Leaving)」がボーナストラックとして収録されてます、K-Lassikが製作したThe Moments「With You」を下敷きにしたキラキラ系のメロウトラックで僕は結構好き、しかし50 Centのラップは終始シリアスで力強い、最後を締め括るにはこれが最も合っていると思います。

うん良かった、僕はこのアルバム好きですけどね。ただ国内盤を購入したにも関わらず何曲かしか対訳がなくて、果たして50が本作でどれほど“自分(Curtis)”という人間を掘り下げているのかが分からなかったのが残念です(悔)。ただ顔触れから考えると、内省的な一枚を本当に作ろうとしたなら、こんな豪華なゲストは呼ばず、10曲ぐらいでもいいから50独りで録った方が良かったんじゃないかなぁという気も。でも50 Centを十分楽しめる一枚だったんではないかなと思います、余談ですがG-Unit入りしているM.O.P.の新作はまだかと待っている僕です(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment