RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lloyd Banks「Rotten Apple」
lloydbanks-rotten.jpg

N.Y.はQueens出身で50 Cent率いるG-Unitの二番手でもある。Lloyd Banksのお通算二作目となる『Rotten Apple』を御紹介。どうしても人気MCが率いるクルーの一員となると、いかなる凄腕MCも霞みがちになるもの(宿命)。Lloyd Banksもそんな感じがしないではないですが、それでも実力はやはり折り紙つきで一度聴いたら耳にこびりつくあのしゃがれたフロウがなかなかのもの。僕的にLloyd Banksの実力を認めたのは、Busta Rhymes「Touch It(Remix)」での彼の援護射撃を聴いてからかなり好きになりました。前作『Hunger For More』もヒットしましたし、まぁなかなか順当にリリースされた感のある本作で御座います。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しますと……まずはボスである50 CentとMobb DeepのProdigyが揃って援護射撃する「Rotten Apple」、Mobb DeepのHavocが製作を担当。いかにもHavocらしい殺伐としていて硬質で冷淡なドラムスとビートが怪しく光る危険曲で、50 Centのあのボケたフロウとフックも相変わらずへヴィーなんですが、それに負けじとジリジリと焦がした様なLloyd Banksのラップが最高に渋い。「Survival」はYoung RJ Riceなる人物が製作、G-Unitらしいデンジャラスでひりひりと恐ろしいメロディを短く切ってループしたギャング丸出しな一曲。Ron Browz製作の「Playboy 2」がまた曇ったピアノ旋律を延々とループさせ、そこに硬質にバチバチ鳴るなんとも硬派でタイトな一曲で痺れる一曲、Lloyd Banksも平静を保ちつつもちょっぴり熱っぽくラップを繰り出す辺りがカッコ良く、聴けば聴くほど病みつきになる中毒性の高い一曲。Triumvirat「I Believe」をサンプリングしたThe 10製作の「The Cake」、客演に50 Centを召還して変わらず煙たくシリアスなラップをぶつけ合います。この二人は最初は似ているなぁと思っていたんですが、こうやってLloyd Banksを意識して聴いていると全く違った味わいを出していて、でも相性は抜群でそこはやはり仲間である事を痛感させられます。続いてはDirty SwiftとBruce WayneのMidi Mafiaが共同で製作を担当した「Make A Move」、ここでもギュルギュル擦られるスクラッチやドカドカと力強くキックするビートが無骨でタフでカッコイイ、Lloyd Banksのちょっとハイトーンでざらついた声質にバッチリ似合った硬派な一曲。あのEminemとDangerous LLCとBang Outが共同で製作した「Hands Up」、まずは50 CentとLloyd Banksがハイでソフトに舐め上げるようなメロディフックをかましていてそれがかなり癖になるんです。トラック自体はやはりEminem色の強いザザザザザザと細かくベースっぽいシンセが鳴り響く不穏ながらアップな一曲で、欲をいえばこれでEminemも参加していたら最強だったと思うEminem仕様な一曲。Ron Browzが製作を担当したキラキラとオシャレにラグジュアリな輝きを放つしっとり夜会系の「Help」、客演には美し過ぎるKeri Hilsonが参加。しっとりとシルキーな肌触りのトラックは上質かつ気品に満ち溢れていて、そこにLloyd Banksのほんのり甘いしゃがれたラップと、Keri Hilsonの艶やかで官能的な繊細ヴォーカルが優しく包み込む美曲で素敵。続く「Addicted」ではあのMusiq Soulchildが参加という事でもう即K.O.です、Daniel JonesとJermaine Mobleyが共同制作。このトラックはけして柔らかで滑らかという訳ではないんですが、ピアノ鍵盤を鳴らしたやはり都会の夜のような冷たさが残るシャレたメロディで、Musiq Soulchildのチョコレート声がほんのりビターなコーティングを施していて素晴らしい(賛辞)。Major製作の「You Know The Deal」では、N.Y.が誇る伝説のMCであるRakimが参加(驚愕)。トラック自体はダークなトーンに抑えた静かにスリリングな王道の作り、Rakimはフックのみの登場ですがそれでも貫禄は充分、そうする事でかえってLloyd Banksのラップが引き立ってよりシャープに聴こえて素晴らしい演出かと。Needlz製作の「Get Clapped」ではレーベル仲間であるMobb Deepが参加、Mobb Deep参加ならここはHavocに製作してもらいたかったというのが本音、結構普通の出来で化学反応は起こっていなかったかなぁ。Lloyd Bnaksの押し潰した様な暗いフックがグルグルと脳内を渦巻く「Stranger」はNick Speedが製作、暗いしG-Unitっぽいギャング風味なんですがどこかソウルフルな香りも残る一曲。PrinceとMachavelliが共同制作の「Change」、ポロポロと鳴る鍵盤音がより殺伐さを増幅させているシンプルながら芯の通った一曲。Eminemが再び製作のみで関与した「NY NY」は同じくG-Unit所属のTony Yayoが参加、これもオカルトっぽさが香るチープなエクソシストメロディがEminem趣味で、やはりEminemの毒々しいラップが欲しくなってしまいます(欲求不満)。本作中の個人的ハイライト曲ともいえるのが「One Night Stand」、あの9th Wonderが製作を担当し客演にはKeon Bryceが参加した極上ソウルフルな一曲。Carolyn Frnklin「As Long As You Are There」をサンプリングした溶けそうな程に熱く濃厚なソウルメロディに合わせて、まったりゆったりとラップするLloyd Banksは50 Centに負けないメロウさを発揮していてバッチリ紳士にキメています(似合)。Keon Bryceの歌声は言わずもがな素晴らしい、より華やかにムーディーに仕上げています(色香)。Dave Morris製作の「Iceman」ではYoung Buck、Scarface、8Ballという南部の猛者が一堂集結、特にScarfaceの登場は驚いたしやはり圧倒的な存在感で燻し銀にギラギラと輝いています(圧巻)。最後を締め括る「Gilmore's」はYoungloadが製作、ちょっぴりサイケで懐かしいディスコフレイヴァなシンセの跳ね方がカッコイイ曲で
僕は好きですよ。

思った以上に素晴らしい出来で、当時かなり聴いていたのを覚えています。製作陣もかなり豪華だし、客演陣も粋な人材ばっかりでかなり熱い一枚に仕上がっています。あの50 Centが援護射撃に加わっても全く喰われていないLloyd Banksが凄い、主役はあくまでLloyd Banksなのが良いんです(賞賛)。最近はKanye Westにも絶賛され、Kanye Westの楽曲にも参加するなどかなり急接近しているのも気になります。N.Y.のカッコ良さを十分にアピールした、クールでスマートは夜の都会を印象付ける一枚で御座います(N.Y.の摩天楼の夜景を眺めるLloyd Banksのジャケットが象徴していますね)。そろそろ発売されるだろう新作『Hunger For More 2』が楽しみですね、その前にまずこの一枚を確認しておくべきです(警告)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment