RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽DVD  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kanye West「The College Dropout Video Anthology」
kanyewest videoanthology

今や大物MCとなったKanye Westの初期のプロモクリップを収録したDVD、『The College Dropout Video Anthology』を御紹介。Producerとして主にJay-Zの楽曲や他のアーティストの楽曲も提供し、一躍売れっ子ProducerとなっていたKanye WestがMCで表舞台に登場した時、まさかここまでの大物になろうとは誰が予想できていたでしょうか(皆無)。彼ならではの楽曲サンプリングのセンスがまず素晴らしいし、加えて自分の魅せ方(独自の世界観の構築)が巧い、そういったセルフProduce能力の高さはボスであるJay-Zに比肩しますね。そういった意味でも彼のPVは表現者としてのこだわりが入っているので、確認しなくてはいけません。
それでは簡単に内容を御紹介したいと思います……本作はタイトル通り、Kanye Westの傑作1st『The College Dropout』からのPVを網羅した映像集となっています、多くのヒット曲が生まれましたね。まずはKanye Westの衝撃デビューを飾った「Through The Wire」、自身が交通事故に遭い顔面にワイヤーが入った経験をラップした自虐ソング。ホームビデオで撮ったっぽいチープな作りがまた面白いし、事故後の顔の腫れ上がった写真やJay-Z、Memphis Bleek、Beanie Sigel、Mos Def、Talib Keli、Twistaなどが登場するのも面白い趣向。最後にはサンプリング元であるChaka Khanのポスターを前に、ドヤ顔するKanye Westに思わず笑ってしまいます。続いてはKanye WestのというよりもTwistaのシングルである「Slow Jamz」、皆でしっとりホームパーティー風に踊り明かす感じがレイドバックしていて素敵です。Jamie Foxxのヴォーカルが勿論素晴らしいし、Twistaの神風ラップも相変わらずキレてるし、踊っている女性が超セクシー。自分の元を去り空港に向かう彼女を追いかける「All Falls Down」、このPVではKanye Westは直接カメラ写らず、鏡や窓に映りこんだ姿でしか登場しないのが味噌な作り。最後の女性の泣きそうな顔がすごく可愛くて切ないし、最後の飛行機をプルーフ越しに眺める趣向もなんだかセンチメンタで素敵。あとこのPVの見所はもうひとつ、空港の警備員があのCommonなんですよ(笑)。ざらざらした映像加工があまりにMos Defにお似合いな「Two Words」、この曲は僕の大好きなFreewayも参加しているんで好きな一曲。教会の壇上に立ち熱弁を奮い(出演している女優がダイナマイトボディ)あの奇抜な行進ダンスを披露する「Jesus Walk(Church Version)」、囚人達がハードなお勤めをするシーンと電球が天使の輪に見えるKanye Westが交錯する「Jesus Walk(Chris Milk Version)」はコカインから白い鳩が飛び立つシーンが印象的、最後にはキリストに似た白人と共にストリートに繰り出す「Jesus Walk(Street Version)」の異なった3種類のPVの連続。Kanye Westがどれだけこの一曲に思い入れがあるのかを窺い知れます、いま聴いてもやはりこの曲のインパクトは強烈ですねぇ(吐息)。Kanye Westが意味不明なエアロビインストラクターに扮する「The New Workout Plan(Extended Version)」、途中でLil JonのRemixに転調しあの傘男がラップしています。どれもやはり少し趣向の変わったPVばかりでやはり濃い、Kanye Westのエゴがこの当時から滲み出ていますねぇ~(笑)。
あと本作にはボーナスCDも付属しています、こちらにはなんと7曲が収録されています。とは言ってもきちんとした曲はほんの何曲でガッカリ、中でもKeyshia Coleを客演に招いた「We Don't Care(Reprise)」はただの語りだけだったのでかなり残念(涙)。「Jesus Walk(Remix)」はMaseとCommonを新たに客演に迎えより強力に補強、これがMaseがあのいなたく平坦な鼻声でかなりイイ味出してくれています、Commonに関してはあまりに似合い過ぎて彼のオリジナルの様。そのMaseとJohn Legendを客演に迎えた「It's Alright」、ピアノ鍵盤がオシャレに軽やかに鳴り響くスマートで煌びやかなトラックにJohn Legendのしゃがれ甘いビターなヴォーカルが心地良過ぎます。先程のPV紹介でも出た「New Workout Plan(Remix)」はLil JonがRemixを担当、客演にはそのLil JonとFonzworth Bentが参加。いかにもLil Jonらしいギュイーと捻れたサイバーシンセが派手に鳴るクランクチューンに大変身、これはこれでカッコいいですね。「Heavy Hitters」ではKanye West肝煎りのGLCが参加、Kanye Westらしいストリングスの聴いた舞曲。「Two Words(Cinematic)」「Never Let Me Down(Cinematic)」の二曲はインストながら、新たに敷き直された荘厳で流麗でシリアスなメロディに仕上がっていて、これもKanye Westの創作意欲の高さを痛感するものとなっています。

絶対にお薦めとかそんなではないですが、まぁ面白いですよ。まだこの頃のKanye Westはエゴイスト度が少ない気がします、それでもやはり主張はかなり強いですが(笑)。しかしKanye Westの創作活動には頭が下がる思い、次に出る新作も期待していますよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment