RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Goodie Mob「World Party」
goodie-world.jpg

グループ名の由来は“Good Die Mostly Over Bullshit(善人ほど良い死に方をしない)”という、Goodie Mobの通算三作目『World Party』を御紹介。Atlanta出身のCee-Lo、 Khujo、T-Mo、Big Gippの四人で構成されるGoodie Mobは、Organized NoizeやOutKastと共にDungeon Familyの一派。この作品の後に中心メンバーともいえるCee-Loが脱退、レーベルもLaFaceからAristaへと転換期前の作品。しかし今はまたGoodie Mobとして活動を再開している様で嬉しい限り。このジャケットがなんだかダサかっこいいんですよねぇ、ファンキーです(笑)。
それでは気になる内容を簡単に御紹介します……まずはOrganized Noizeが製作でLionel Richie「All Night Long」をサンプリングした「World Party」、ちょっぴりカシャンと壊れた響きを湛えた鍵盤音の連なりが無機質に尖ったエッヂさを生み出すトラック、このごちゃ混ぜ感がたまらなく泥臭くファンキーで中毒性高いんですよ。「Chain Swang」はなんとDeric "D-Dot" Angelettieが製作を担当、サンプリングにThree Degrees「Here I Am」を使用したちょっぴりシリアスな一曲。氷雨のように冷たく降りしきるピアノ鍵盤の音粒に、重たいビートがずしりずしりと圧し掛かるヘヴィーなトラックは東海岸っぽい真面目さが素晴らしい。象の鳴き声みたいなファンファン音が派手に飾り付けるOrganized Noizeが製作の踏み鳴らしファンクチューン「Get Rich To This」、客演にBig BoiとBackboneが参加したこの曲ではCee-Loの怪鳥の如きつんざめくフロウが炸裂してて痛快だし、Big Boiが全てを巻き込むハリケーンラップで他を蹴散らしてしまう勢いで素晴らしい援護射撃。Rebert BarnettとThomas Burtonが共同制作した「The Dip」はちょっぴりスリリングなソウルフルメロディにドタバタとビートが疾走感を煽るスピーディーチューン、それだけでなくストリングスを絡める事によってより優雅でしなやかな印象を生み出しているなかなかの好曲。完璧にエイリアンっぽくエフェクト加工されたCee-Loの異次元ヴォーカルフックが先鋭的な「All A's」は、Outkast作品で御馴染みのMr.DJが製作を担当したサイバー曲。ここでの眼を光らせて噛み付くようなCee-Loのガミガミフックは凄く特殊で耳に残る、ウネウネ曲がるシンセラインに細かく無機質にカチカチカチカチ鳴る硬質ビートが最高にタイトでカッコイイ。CyptronとDallas Austinが共同で製作した「What It Ain't(Ghetto Enuff)」が本作のハイライトである事は間違いなし、なんたってあのTLCが客演参加しているんですから(昇天)。CyptronとDallas Austinが手掛けたビヨビヨと波打ち妖しい閃光を放つ宇宙戦争っぽいメロディも激しく面白いし、あまりにメタリックなSFチック曲でこれだけでもお腹一杯。そこにTLCのあのサイボーグっぽい冷たいハーモニーがスーッと滑走し彩るんだから最高ッ、Goodie Mob面々も勿論カッコいいんですが、Left Eyeが登場すると共に急転調するシーンが最も鳥肌モノですね(劇的)。「I.C.U.」はOrganized Noizeが製作でSleepy Brownが客演参加、洞窟の中でこもって響くようなボコボコ音にGoodie Mobの低くて怪しいラップが這い回る一曲。「Rebuilding」はDeric "D-Dot" AngelettieとKanye Westによる共同制作、一時期のKanye WestはDeric "D-Dot" Angelettie率いるCrazy Cat Catalogueの一員だったんですよね(意外)。Grover Washington「Love Song 1700」をサンプリングしたどこか物憂げでレトロなマイナー調のトラックはKanye Westっぽい、こういう哀愁系のメロディもCee-Loの搾り出す様なソウルヴォーカルがあると引き立つんです。Rondal Rucker製作の「Just Do It」もちょっぴり影のあるダークなメロディに、Goodie Mob面々の引き裂くように鋭いラップが突き刺さるスピーディーな一曲。Organized Noize製作のキュイーーーンと軋む電子音の伸びがなんともスペーシーな「Street Corner」はBackboneが客演参加、初期のOutkast作品に通じる電子ファンクな一曲。ザクザクとブツ斬りにするようなエッヂの効いたシンセの連なりがクールに鋭利でクールな「Cutty Buddy」、製作はOrganized Noizeで客演にはSleepy Brownが参加。様々な音色のシンセを妖艶かつ摩訶不思議に紡いだ四次元曲ながら、Goodie MobとSleepy Brownが泥臭くファンキーなためにきちんと重厚感も残ったファンキーな一曲に。本作の隠れ注目曲が最後を飾る「Fie Fie Delish」、なんと製作はあのEasy Mo Beeなんだから驚きの組み合わせ(燻銀)。Was Not Was「Where Did Your Heart Go」を下敷きにしたなんとも骨太でドロ~リ濃厚なファンクソウルチューンに、Goodie Mobの脂乗り切ったギトギトなラップが乱れ撃ちする、ド渋いセンスが黒光りする一曲でグッド。

新作に期待のかかるCee-Lo、今ここでもう一度Goodie Mobに焦点が当たる事は間違い無しです(事前準備)。再結成して本当に良かった、またこの四人揃ったGoodie Mobでの作品を聴きたいです。何かとゴタゴタ前の一枚ではありますが、製作陣もきちんと気心の知れた仲間達なので安心して聴けます。兎にも角にも本作に関しては、あのTLCが参加したハイパースペースチューン「What It Ain't(Ghetto Enuff)」の一曲狙いで購入しても、絶……ッ対に損しませんから(豪語)。
スポンサーサイト



Comments

No title
こんばんわ
グッディーモブ・・ もうかれこれ5年は聴いてないような気が・・

TLC参加に反応です。
レフトアイ存命中のトラック活用っすか~
ん~聴いてみたいっ

No title
ezeeさん、いつもコメント有難う御座います。

Goodie Mob、カッコイイですよねぇ、濃いです(笑)。
Cee-Loの新作もかなり期待が掛かりますよねぇ、ソロ前二作も素敵だったし。

そうなんですよ、完全無欠なTLCが参加しているんですよ(発狂)。
Left Eyeの可愛くも鋭いラップで暴れてて、すごくカッコイイんです。

絶対に気に入る筈です、チェックしてみて下さいね。
またコメントお願いしま~す。

Leave a Comment