RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Cherish「The Truth」
cherish_thetruth_cover.jpg

Atlanta出身のFelisha、Farrah、Fallon、Neosha姉妹で構成される女性R&Bグループ、Cherishの通算二作目となる『The Truth』を御紹介。久々の本格的な女性グループという事でかなり期待されていたCherish、最近のニュースではメンバーであり双子のFelishaとFallonがデュオとして新たにデビューする事が決定した模様(驚)。解散とはなっていないみたいですが、なんだか解散しそうな気も……姉妹だから普通の女性グループに比べると仲良く存続できそうな期待もありますが現段階では不明です(惜)。
それでは気になる内容を御紹介致しましょう……まずはDon Vitoが製作を担当しYung Jocを客演起用した「Killa」で幕開け、夜の帳のように冷たく妖艶なシンセが辺りを漂い、そこにピコピコと浮ついたビートが炸裂するヒンヤリデジタルチューン。Cherishの可愛い系のハーモニーとは対照的に、Yung Jocのしゃがれたす少しへヴィー気味のラップが良い援護射撃しています。「I Ain't Trippin'」は御馴染みC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashの売れっ子コンビが製作、The-Dreamらしい“ゆーゆーゆー♪”の重ね技がCherishのキュートなハーモニーに彩られ浸透する中毒性の高いガーリー曲。C. "Tricky" Stewartの作る軽やかで華やかな香るシンセトラックも絶妙、すごくキラキラしていて素敵です。JNEWなる人物が製作を担当したハートブレイク曲「Amnesia」、アコギを寂しく切なく鳴らした微細いメロディラインがギュッと胸を締めつけるし、Cherishの湿ったハーモニーも情感たっぷりでたっぷり聴き入る事の出来るバラード(泣)。“彼に気付いてもらえるように、メモを書こうかしら♪”と歌う「Notice」は再びDon Vito製作、一音を優しくこだまさせたポワワンとまろやかなシンセ曲が艶っぽくて色っぽい、こういう囁く系の色香曲は女性グループには持って来いなアプローチ方法かと。再びC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashが製作した「Frames Out」はダークでソリッドな尖ったクール曲、ぐわんと飲み込むようなダークホールシンセでピコポコと先鋭的で耳にこびり付くこと間違い無し。またフックでの単調でオモチャっぽい歌い回しハーモニーも耳に残るし、レロレロしたThe-Dreamのヴォーカルもちょっぴり聴こえて癖になります(酩酊)。あのEric Hudsonが製作を担当したふわふわと軽やかでドリーミーな「Before You Were My Man」は、トラックの調子とは逆に“あなたが私の彼氏になる前の話だけど……♪”と彼の友達と良い仲だった事を告白する、男はきっとショックであろう一曲(笑)。Cherishの育ての親ともいえるJazze Phaが製作(Co製作をCed Keys)の「Superstar」はもろにNe-Yo直系(StarGate直系)の清涼で透明感溢れるギター弦チューン、淀みなく優しくそっと触れる様なメロディが切なさを増幅させる美曲で好き(惚)。そんな繊細な旋律に合わせてCherishのハーモニーも囁きかけるように優しく慈悲深い、“私はあなたのスーパースター♪”という詩もグングンすいすい心に沁み込んできます(感動)。続いてもハープみたいな金音が優しくこもった響きを届ける天国曲「Only One」はBryan-Michael Coxが製作、ピアノこそ鳴りませんが非常にBryan-Michael Coxらしい胸張り裂けそうにしとやかなバラードですごく素敵です(愛)。R."K Fam" FambroとT.Adonis Shopshireが共同制作の「Love Sick」は、ドローリと濃厚でマーブル色なシンセが妖しげに渦巻くダーティスロウ。サンプリングにMarlena Shaw「It Was A Very Good Year」を使用し、“あなたを愛の病気にしてあげたわ、私は気分最高よ♪”と自分を裏切った男を嘲るなんとも恐ろしい一曲(凍)。Ron "Neff-U" Feemsterが製作の「Damages」も、Timbalandっぽい奇怪さとThe-Dreamっぽいリフレインをぐるぐる巡らす中毒性の高い失恋バラード(侵食)。「Like A Drum」は再びJazze Phaが製作を担当、自分を捨てた男性を想い“あなたのせいで心臓がドラムみたいに鳴っている♪”とバムバムバムバム繰り返すマイナー調の失恋曲は悲しさがメロディを埋め尽くします(可哀想)。国内盤にはこれらに加えてボーナス曲を二曲収録、これが無ければ全11曲だったとはコンパクト。前作よりヒットを記録したシングルのRemix版「Do It To It(Rap Remix)」、新たにChingy、Yung Joc、Fabo(D4L)、Jody Breeze、Jazze Phaの強力布陣を敷いた好Remixでグッド。最後はDon Vitoが製作を担当したクラシカルなメロウソウルナンバー「Silly」、指スナップも効いたなんとも温かで緩やかなスロウにウットリしちゃいます(落着)。

前作『Unappreciated』に比べるとグッと大人っぽくなったし、だいぶ軸もしっかりして安心して聴き易い一枚に仕上がっていると思います。製作陣もかなりしっかりした布陣なのも安心できる理由の一つ、全員がトレンドをきちんと意識した良質なトラックを提供しています。女性グループがあまりに少ない昨今、出来ればCherishとしての活動も継続して頑張って頂きたいものです(願)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment