RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lloyd Banks「The Hunger For More」
lloydb-hfmcovs.jpg


僕の中ではG-Unitの二番手っていう印象が強いLloyd Banksのデビューアルバム『The Hunger For More』を御紹介。しかし世間的には人気、実力的に見てもYoung Buckが二番手って感じなんですかねぇ。とにかくソロデビュー前から50 Cent作品やG-Unit作品でそのラップを聴かせていたLloyd Banks、ですからすんなり聴けると思いだいぶ経って購入した一枚で御座います。
そんなこんなの本作ですが……天下のG-Unit(当時)からドロップの作品ですから当然抜かりは無いだろうと踏んでました、そして内容はやはりなかなか良かったと最初に言っておきます。まずはTony Yayoを援護射撃に迎えた「Ain't No Click」で幕開け、Mobb DeepのHavocが製作したダークな雰囲気のトラックにこれまたLloyd Banksの渋い(50 Centとちょっと似てる)ラップがはまった一曲。DJ Whoo Kidの掛け声で始まる「Playboy」はRon Browzによる製作曲、Wings「Time To Hide」使いのトラックがなんともネタ物っぽくて僕は好き。「On Fire」は本作からの先行シングル、Ki Mil製作(MixをEminemが担当)したジャキジャキでアゲルこのトラック感は50 Centそのもの(フックは50)、とは言ってもLloyd Banksをけなしているんではなく彼もバシーっとキメてくれています。途中で鳴るピロピロ宇宙交信音が癖になる「I Get High」はHi-Tekによる製作曲、しかしこういう時のHi-Tekの音の振り幅には驚かされますね。しかもこの曲には50 CentとSnoop Doggが援護射撃に回っているんだから間違いなく破壊力があります。「I'm So Fly」はTimbalandが製作を担当したドカドカと派手な一曲、ここではTimbalandの奇天烈性は影を潜めあくまでギャングスタでストイックなトラックを提供。でもやはり味は濃い、Lloyd Banksのラップも絶妙に絡まって上手くいってます。「Work Magic」はG-UnitよりYoung Buckがゲスト参加、Scram Jonesによるド派手に鳴らすドカドカトラックに、Young Buckのこれでもかとサグなラップが加速する迫力ある一曲。「If Ya So Gangsta」はChad BeatとG-Unitの裏方代表Sha Money XLが製作を担当、僕はSha Money XLの作るトラックはかなり好きなんでもっと多く関与して頂きたかった(残念)。「Warriors Part.2」はかなり豪華、Eminemがまず製作を担当しており、そのEminemに加え50 CentとNate Doggがゲスト参加した勢揃い曲。Eminem製作のこのジャキジャキな鋭いトラックも相変わらずキレていて素晴らしいのに、そのうえEminemと50のラップにNate Doggの歌声ですよ、Lloyd Banksが完全に喰われています(諦)。しかし「Karma」ですぐに主役の座を奪還、Greg "Ginx" Doby製作のNatalie Cole「Inseparable」を下敷きにしたキラキラメロウなこのトラックでのLloyd Banksの二枚目ぶりは半端じゃない、KCなる男性シンガーの歌フックも素敵です。「When The Chips Are Down」は今となっては考えられないThe Gameとの共演曲、Black JeruzとSha Money XLの製作曲に絡むThe Gameはやはり危険臭プンプン、G-UnitなトラックとのThe Gameの相性は抜群だったんですけどね。「Til The End」は再びEminemが製作を担当、彼御得意の物悲しいピアノのループを主軸に繋げたシリアスな一曲、ここでもNate Doggが歌フックを引き受けています。Baby GrandがThe Sweet「All It Takes Is You And Me」を下敷きにしためちゃんこソウルフルな早回し(?)曲、「Die One Day」なんかは僕の好物。Barry White「Love Serenade」をネタ使いしたThe Diaz Brothers製作の「Southside Story」も、最後を飾るに相応しい楽曲で締め良好。

最近のG-Unitは本当に勢いが無くなった感があって、この頃のG-Unit作品を聴くと本当に力が入ってて冴えてるなぁと痛感させられます。このLloyd Banksに関しても本当に水準の高い一枚に仕上がっていて、Roc-A-FellaでいうMemphis Bleekみたく永遠の二番手では勿体無い気もするMCで御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment