RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Alicia Keys「The Diary Of Alicia Keys」
akdoac.jpg


彗星の如く現れた若き女性シンガーソングライター、Alicia Keysの通算二作目となる『The Diary Of Alicia Keys』を御紹介。その端正な顔立ちでまず僕のハートをギュッと鷲掴みにしてくれたAlicia Keysですが、そんなルックスから想像もつかない程に熱っぽく力強いソウルフルな歌声で聴き手を魅了します。そんな彼女の2ndは世界中が待ち望んでいたといってもけして過言ではないでしょう、彼女の溢れんばかりの才能に溺れる者続出で御座います。
それでは曲目にふんわりと触れてゆきます……まずはAlicia KeysとKerry "Krucial" Brothersが共同制作した「Karma」で幕開け、Hip Hopに通ずる野太いビートに悲劇的なヴァイオリンが絡む劇的なトラックはAlicia Keysらしいセンスの光る一曲。続く「Heartburn」は驚く事にあのTimbalandとAlicia Keysが共同で製作を担当、彼得意の歪んだ電子音などの変態趣味は息を潜め、あくまで細かく刻まれるドラムビートを主軸としたクールな一曲。こういう生音っぽいトラックもするりと作れてしまうTimbalandはやはり凄腕一流Producerなんだなぁと痛感、きちんと中毒性(Timbalandっぽさ)は残ってますし。二曲が連なる「If I Was Your Woman/Walk On By」はAlicia Keysに加えて、あのEasy Mo BeeにDwayne Wigginsも製作に携わった要注目曲。Isaac Hayes「Walk On By」を下敷きにしたトラックは秀逸、Alicia Keysの持つ空気感を思う存分に味わえます。そして特大ヒットとなったシングル「You Don't Know My Name」は御存知Kanye Westによる製作曲、彼らしいソウルマナーを踏襲し45回転早回ししたキラキラソウル曲は恐ろしい程にAlicia Keysの歌声にフィット(失神寸前)。The Main Ingredient「Let Me Proove My Love To You」を下敷きにこの曲を書いたKanye Westは天晴れです、そして途中に語りを入れたAlicia Keysの伸びやかながら切なさもぎゅっと詰まった歌声に思わずキュンとなります(惚)。そしてこれまたロングヒットとなったAlicia Keys代表曲といっても過言でない「If I Ain't Got You」、Alicia Keys自身によるソングライティングでピアノ弾き語り。冬になるとなぜか聴きたくなる温かみのあるトラックとAlicia Keysの伸びやかで力強い歌声。優しく歌っている途中にサビで盛り上がる曲調は素晴らしいし、愛を歌う歌詞も美しくて優しい(賛辞)。そして僕が本作でかなり気に入っているのがAlicia Keys製作の「Diary」、ゲストにはなんとあのTony! Toni! Tone!が参加しています。とは言ってもメンバーの一人であるDwayne Wigginsがギターで参加しているのみ、Raphael Saadiqが参加していたら最強だった(惜)。しかしそんな事抜きで充分カッコイイんです、途中から熱っぽいボーカルで滑り込んでくる男性シンガーJermaine Paulも素晴らしい歌いっぷりで感動。パッと聞きのタイトルでは童話を思い浮かべる「Dragon Days」はAlicia Keys製作(Co製作はKerry "Krucial" Brothers)、低音と高音のピアノ音が絡まる生音重視な一曲。真っ黒ソウルがギラギラ輝く「Wake Up」のサビで柔らかな音に転調する辺りが好き、製作はAlicia Keys。硬質ながらも生音っぽいHip Hopっぽいトラックが先鋭的な「So Simple」はAndre HarrisとVidal Davisの名コンビが製作を担当、段階的にハイになるAlicia Keysの歌声が艶っぽくて素敵、ゲストにLellowなる人物が参加。これぞAlicia Keysといった具合の陰影の浮き出るピアノ弾き語り曲「When You Really Love Someone」。Alicia KeysとKumasiが共同制作した流麗なピアノがどこか物悲しげな「Slow Down」、キラキラしたイントロに思わずうっとりしてそのまま飲み込まれる「Samsonite Man」、Kerry "Krucial" Brothersと組んで製作したホーン鳴る都会の夜な大人な一曲「Nobody Not Really」も素敵、これは単純にR&Bではなく、それこそAlicia Keysが創り上げたあらゆるBlack Musicのエッセンスを取り込んだ融合曲で御座います(心地良)。国内盤の最後にはHip Hopファン泣かせの粋な計らい、Nasのクラシック曲「NY State Of Mind」をベッタリ使ったAlicia Keys製作の「Streets Of New York」を収録。このネタ選びだけでも充分興奮できるのに、原曲のNas声をほぼそのまま使用して、最後にはさらに生ける伝説Rakimまでも参加させたんだから、Alicia Keysの魅力は計り知れないですよねぇ。

外部Producerもちょうどいい塩梅で呼び込んでいて、Alicia Keysの幅をより一層と広げる事に成功しています。夜にお酒でも飲みながら聴くと、気分も安らいで気持ち良く酔えること必至です。古き良き音楽を充分に心得ながら、それを自身の中で上手く消化してより黒いソウルを詰め込むAlicia Keysは正に歌姫。才色兼備とはまさにAlicia Keysの事を言うんですね、最初に書きましたが顔が綺麗なんでそこもかなりポイント高いです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment