RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mobb Deep「Amerikaz Nightmare」
mobb-ancovs.jpg


超ベテランのハードコアデュオMobb Deepの『Amerikaz Nightmare』を御紹介。もう言わずとしれたデュオですから説明は不要、しっかし彼らがG-Unit入りした時は結構驚きましたね。そんなMobb Deepがいわゆるセールス的な低迷期に陥っていた時に発売されたのがこのアルバムで御座います。相変わらずダークでハードコアなジャケットも厳つくて、怖いです。
それではいつもの様に軽く内容に……なんだかんだで流石なかなか良い一枚なんです(当然)。まずは当然Havoc製作の「Amerikaz Nightmare」で幕開け、ハイハットの鳴りと不穏でダークな低音がゆらめく相変わらずなビートは流石はHavoc殿。そんなHavoc製作曲が本作も殆ど、なのでまずはそれらの楽曲から触れます。「Flood The Block」ではちょっぴりロキッシュな音も混ぜ込んでオールドスクール(Run D.M.C.っぽい)作り、軽く歌っている様なフックもMobb Deepっぽくなくて面白い。「Dump」では西のベテランNate Doggが歌フック参加、不穏ながらもちょっぴり派手なトラックにNate Doggの下手ウマな歌声がベタベタと絡みつくかなり濃い(期待通り)一曲で好き。「Shorty Wop」では甲高く鳴るサイレンの様な音がアクセントになっていて、Mobb Deepの危険度を如実に表していてバッチリはまってます。「One Of Ours Part II」ではJadakissが援護射撃、Mobb Deepだけでも十分に暗黒なのに、そこに御馴染みの掛け声“ひゃっはー♪”で登場するJadakiss、最凶で最高で御座います。「On The Run」ではちょっぴり中近東っぽいトラックで妖しげに光る、さすがバラエティが豊富です。ドラマチックなメロディにシンプルに叩くキック(スネア?)が鳴る懐古主義な「We Up」はMobb Deepの真骨頂、これにEminemとか絡んだら面白いんだけど。⑮「Neva Change」はHavoc本作初のネタ使い、The Eight Minutes「Time For A Change」を敷いています。とここまでがHavoc製作曲、あとは外部のプロデューサーを起用していまして。「Win Or Lose」はMobb Deep作品には欠かせないThe Alchemistが製作を担当、Jean Plum「Here I Go Again」を下敷きにしたメロウな泣きの一曲。そのThe Alchemistは本作の先行シングルだった「Got It Twisted」も製作、Thomas Dolby「She Blinded Me With Science」とMilkey Dread「Saturday Night Style」をダブルで使った完全な悪魔降臨曲は恐ろし過ぎ、Mobb Deepには嵌っています。シンセ音で連ねたトラックが小気味良い「Real Niggaz」はRed Spyda製作、このRed Spydaも毎回良い仕事するのになかなか見かけないから残念。「Real Gangstaz」ではCrunkの帝王Lil Jonが製作を担当&ゲスト参加、毎度御馴染みピューピュー鳴る笛の様な音が面白い完全Crunkな一曲、相変わらずLil Jonの掛け声が熱いです。そして「Throw Your Hands(In The Air)」ではあのKanye Westが製作を担当、ここではThe Cold Crush Brothers「Live In Connecticut」をサンプリングしメロディあるトラックを提供、これでKanye Westのラップがあっても良かったかなぁと。

とまぁざっとこんな感じでして、売れた売れないは抜きにして安定した仕上がりは一流Mobb Deepの成せる技だと痛感しました。Mobb Deepに求められているハードコアを突き詰めていければ人気は落ちないんだろうけど、それではセールスに繋がらないし……難しいラインにいるんでしょうねぇ(大変)。G-Unitから出したアルバム『Blood Money』もそんな売れなかったし……G-Unitの今後もちょっぴり心配ですねぇ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment