RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Faith Evans「Keep The Faith」
faith-evans-keep-the-faith.jpg

The Notoirous B.I.G.の元妻でありBad Boy Recordsの“First Lady”とも呼ばれた、Faith Evansの通算二作目となる『Keep The Faith』を御紹介。Faith Evansはそれよりも以前からソングライト等(宿敵扱いされていたMary J. Bligeの楽曲にも参加していた)で活躍、それらを経て当時凄まじい勢いだったSean "Puffy" Combs率いるBad Boy Recordsからデビューしましたよね。Bad Boy Records好きの僕としてはやはりFaith Evansの作品は外せないし、Faith EvansがBad Boy Recordsを脱退したのは悲しい限りです(残念)。本作はBiggieが急逝した後に発表された作品、そういう意味でも大きな意味のある一枚かと思います。
それでは簡単に内容を御紹介しますと……まずはBad BoyらしくThe Chic「Chic Cheer」を思い切り良くサンプリングした「Love Like This」、製作はRon "Amen-Ra" Lawrence×Sean "Puffy" Combsが共同制作。Biggie「Juicy」に通ずる様なファンキーさの中に甘酸っぱさが香るダンスチューンで、Faith Evansのゴスペル仕込みの伸びやかな歌声が舞うビートフルな一曲に。続く「All Night Long」も引き続きRon "Amen-Ra" Lawrence×Sean "Puffy" Combsの共同制作、Unlimited Touch「I Hear Music in the Streets」を下敷きにしたジャカジャカなリフとポロロンと鳴る弦音が官能的で艶っぽく響き渡るしとやかなアッパー。これもFaith Evansの最後の方の叫びに近いヴォーカルが熱っぽく弾ける素敵な一曲、Puff Daddyがラップで援護者射撃を挟みます。ちょっぴり曇ったしっとり濡れたメロディがなんともFaith Evansにお似合いの「Sunny Days」はJ-Dub×Sean "Puffy" Combsが共同制作、サンプリングにはAl Johnson「I'm Back For More」を使用した超ソウルフルな一曲。プワンプワンと膨らみ曲線を描くシンセメロディ、低く太く響くベース弦の爪弾き、艶っぽく濡れているんだけれどどこか爽やかでスーっと抜ける様なFaith Evansのヴォーカルで心地良くなるラヴソング。初恋の切なく悲しい淡い気持ちを綴ったバラード「My First Love」、製作はCarl "Chucky" Thompson×Sean "Puffy" Combsの黄金玄人タッグが担当(興奮)。ピアノ鍵盤を貴重としたクラシカルで上品な煌びやか流麗曲はとてつもなくオシャレでシルキーな肌触り、“あなたは初恋の人、あなたに代わる人は誰もいない♪”と感情豊かに真っ直ぐひたむきに歌い上げるFaith Evansにただただ胸を締め付けられるばかりの美曲です(感動)。J-Dub×Sean "Puffy" Combs製作の「Anything You Need」も、グランドピアノが静かに重厚な音をひとつひとつ丁寧に奏でる優雅で滑らかな極上スロー、Faith Evansの輝きに満ちた丸みのあるヴォーカルに優しくくるまれる心地良さにウットリです(溺)。何度も裏切られ傷つく女性の気持ちを歌った切ない別離曲「No Way」はフックでの幾重にも重ねられたFaith Evansの歌声が冷たく悲しく胸に突き刺さる感触がたまらない(涙)、J-Dub製作のこのバラードにはBackground VocalにKelly Priceが参加しているのも特筆すべき点。Ron "Amen-Ra" Lawrence×Sean "Puffy" Combs製作でAngela Bofill「Gotta Make It Up To You」使いの「Life Will Pass You By」、キラキラと美しいラインストーンなメロディラインに、少し重たいビートが入りより深みとドラマチックさが加味されたサンプリングの妙技が光る一曲。ゴスペルをルーツに持つFaith Evansらしい神と人生を歌った一曲で、Faith Evansのレンジの広い秀逸なヴォーカルワークを堪能できる一曲。Dent×Sean "Puffy" Combs製作の「Keep The Faith」、重たい雲間からFaith Evansの純粋で力強く綺麗な歌声という陽光が差す、希望とパワーに満ち溢れた前向きな一曲で素敵。驚いたのが「Never Gonna Let You Go」で製作はあのBabyfaceが担当、Babyfaceらしいどこまでも澄んだゴスペル風の壮大な美バラードに、Faith Evansの全てに輝きと息吹を与える優しいヴォーカル(Background VocalでBabyfaceのソフトな歌声も聴こえます)に感動するばかり、“絶対にあなたを放さない♪”と真っ直ぐぶつける詩を聴いているうちに涙が零れそうになる事必至です(溺愛)。甘~くて溶けてしまうブラウンシュガーな濃厚ラヴソング「Caramel Kisses」はCarl "Chucky" Thompsonが製作、Faith Evansだけでももうフラフラになってしまうのに、更に112が客演参加して甘美で滑らかな歌声を重ねるのでもうトロトロの骨抜き状態にさせられます(昇天)。「Lately I」も本作のハイライト曲、ソングライトにはDiane Warren、製作はSteven "Stevie J." Jordan、Vocal ProductionにはDavid Fosterが参加というなんとも豪華な一曲。Diane Warrenらしい美しい詩は失恋を引きずる女性の心情を謳った切ないもの、穏やかで優しいピアノメロディが余計に悲しさや寂しさを胸に詰まらせる美しさが憎いバラードです(涙)。

やはりFaith Evansの歌声は良いですねぇ~~(感嘆)、彼女を支えるBad BoyのProducer陣も勿論すごく良い仕事っぷりで流石なんですが、それを120%に魅力増幅させるFaith Evansの艶やかなヴォーカルに拍手で御座います(称賛)。Faith Evansの魅力にどっぷり浸かれるのは勿論、Bad Boy Recordsの脂の乗りを感じる事のできる一枚で御座います。大人の女性には是非聴いて欲しいですねぇ、苦難を乗り越え更に強く美しくなったFaith Evansに出逢って下さい(薦)。
スポンサーサイト



Comments

アリバイ会社
初めまして☆

アリバイ会社をやっているものです(^^)

いつも楽しく
拝見させていただいています!!



また覗かせていただきます!!

今日も
ハッピーな1日になりますように☆彡
No title
アリバイ会社さん、返信遅くなってすみません。
そういう会社があるのですね(驚)。

これからもよければお付き合い下さい。
またお願い致します★

Leave a Comment