RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Zena「All Of Me」
zena-allofme.jpg

英国はBirmingham出身の元Mis-Teeq、Zenaのデビューアルバム『All Of Me』を御紹介。英国を代表するガールズグループMis-Teeq、Zenaはその結成当時のメンバーだったのですが、1st『Lickin' On Both Sides』の製作前に脱退したそう。ずっとソロでの成功を望んでいたZenaはグループ活動が肌に合わず、すぐに脱退してソロデビューのチャンスをじっと待っていたというかなりの根性です(恐入)。このジャケットのZenaはちょっとダサい感じですが、中のアートワークを見るとすっきりした顔立ちが素敵ななかなかの美人なんです(重要)。
それでは簡単に内容を御紹介したいと思います……まずは幕開けを飾る「Let's Get This Party Started」は驚き、あのC. "Tricky" Stewartが製作を担当したジャカジャカ系の強烈アッパー。どこか隙間の空いた電子音の間を埋める強めのドカッビートが最高にクール、The Neptunesを思わせるクールでエッヂの効いたパーティーチューン。「Been Around The World(Original Mix)」はDIAが製作を担当(ソングライトにC. "Tricky" Stewart参加)の晴れやかでキラキラと煌めくミッド、Zenaの輝き溢れるシャインヴォーカルにお似合いのパール曲でスッキリと美しい、客演のVybz Kartelが冒頭のちょっとしか出番が無いのが不思議ですが。「Change The Game」はLeney Stewartが製作の電子鍵盤がカチカチと鳴る一曲で、低く鳴るベースラインが渋くてカッコ良く、なかなかタフなR&Bトラック。それに対比する様にZenaのキュートな歌声がひらひらと舞うのが気持ち良くて、より可愛くライトさが際立ってナイスです。雷鳴の轟きとしっとりと濡れたピアノ旋律が美しく琴線に触れる「Necessary Thing」、あのAnthony "Dent"が製作を担当した王道な純粋ラヴバラード(惚)。Zenaの滑らかで優しい歌声がそっと触れるように響き、きゅっと感情を掴まれるのがたまらなく切ない(涙)、ピアノを基調としたこの丁寧で繊細なメロディもただただ美しく溜息が漏れるばかりです。French製作の「Feelin' You」は宇宙船の中で聴いている様な感覚に陥る、サイボーグっぽいビコビコ電子音の連続がクールなアッパー。「All Of Me」はC. "Tricky" StewartとWirlie Morrisによる共同制作曲、これもドカッと強くキックする打ビートが痛快でよりタフに仕上げているUS産R&Bらしいソリッドな一曲でグッド。「Baby Be Mine. Part 2」はMichael Daley製作のビョンビョンと奇怪なシンセが跳ねるダークトラック、客演にMega Manが参加しRaggae風味を調合しています。Saqib製作の「I'm Ready」も押しては引く様なシンセサイザーの曲線的なメロディが耳に残る、ノイジーさを加味してZenaの正統派なヴォーカルを目立たせたカッコイイ一曲。ゲームの効果音っぽいコンピュータメロディにハンドクラップとビートを乗せた「Pull Ya Brakes」、Hip Hopっぽいラフで荒削りなビートがシンプルながらも先鋭的でいて骨太でカッコイイ、製作があのFocusという事で即納得。「Average Girl」は再びFrenchが製作を担当、これもシンセ駆使なんですがどことなく異国情緒を感じさせるメロディで刺激的な色香が漂う一曲でグッド。TimbalandやThe Neptunesが流行させた変てこジャングル系の雑種ビート「Get On It」はMaximum Riskが製作、なかなか癖があって良いですよ。懐かしいソウルも香る滑らか悩ましい「It's About Time」はTrevor "Melody Man" Davey製作、これもドリーミーな雰囲気も漂ったすごくすっきりとクリアな一曲で聴き易くて良い。Wayne LawesとRikardo Reidが共同制作の「Do She Know」、アコギの舞う様に軽やかな旋律にピコピコと電子音が交錯する現代的な一曲。Trevor "Melody Man" Daveyが再び製作の「Fallin' For You」もザクザクとシンセがカットするんだけど、根底には官能的でしとやかなソウルメロディがしっかりとあって、聴いていて思わず引き込まれ堕ちてゆくラヴソングになっています。最後を飾るのはピアノ弾き語りの極上バラード「In Too Deep」、Wayne LawesとRikardo Reidが共同制作。Zenaの可愛くて締めつける様なヴォーカルを幾重も織ったフックがすごく美しくて、そのキュートさが滲んでパチンと弾ける、友達の彼氏を好きになる禁じられた恋を歌った切ない純粋スロー(溺)。あとは強力なRemixを二曲収録、このRemixが本当に豪華過ぎて絶対に侮ることなかれ(警告)。まずはTrevor "Melody Man" DaveyがRemixした「Been Around The World(Unusual Suspects Mix)」はBeenie Manが援護射撃、相変わらずのザガザガフロウで完璧なダンスホール仕様に仕上げています。そして驚きはあのBpbby Brownが援護射撃とう贅沢(?)な「Been Around The World(Original RedZone Mix)」、Bobby Brownがグッと力んだ熱くほとばしるシャウトを被せていて……歌ってはいません(笑)。

英国産の割にはかなりUS仕様になっていて、これはもう普通のR&Bな一枚として安心して聴けると思います。しかも結構粋なProducer陣が揃っていて驚き、そういう意味でもこれは嬉しい一枚だったと思います。Mis-Teeqよりも断然充実していた本作を聴く限り、Zenaがソロ活動を選択したのは間違いではなかった言えます。今や名ProducerのC. "Tricky" Stewartが参加しているという意味でも、聴いて損はしない一枚、見かけたら購入してみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment