RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mis-Teeq「Lickin' On Both Sides」
misteeq-lickin.jpg

Alesha Dixon、Su-Elise Nash、Sabrina Washingtonの三人で構成されるUKを代表する女性R&Bグループ、Mis-Teeqのデビューアルバム『Lickin' On Both Sides』を御紹介。Destiny's Childが解散した今、それこそ本当に女性グループの一時代が終わった感のあるR&B界。本当に一頃はかなりのグループが存在したのに、出ては消えるというスピードが凄い、やはり女性同士は難しいのかな(勘繰)。英国で大ヒットを飛ばしたこのMis-Teeqもその例に漏れず、たった二作を残して解散してしまいましたねぇ(惜)。
それではグダグダ長い前置きはこのぐらいにして……まずは今や超売れっ子となったStarGateが製作を担当した「One Night Stand」で幕開け、ビコビコビコと段階的に上がる機械的な電子音にするりとストリングスが絡む事で、ちょっぴりサイバーな艶っぽさが増幅しているナイストラック。「That Type oOf Girl」はEd Caseが製作を担当したクラブバンガー調に寄せた爽やかアッパー、Mis-Teeq特有のウィスパー気味のハーモニーが静かに響き、そこにAlesha Dixonのなかなかタフで骨太なRaggae風味のラップが旋風を巻き起こす一曲。ベンッベンッと小気味よく弾かれる弦音にキュートなシンセが跳ねる「Roll On(Blacksmith Rub)」はBlacksmithによる製作曲、晴れやかで陽々としたMis-Teeqのヴォーカルが軽やかでフワフワと舞う爽快なミッドで気持ち良い。どことなくDestiny's Childっぽいエッヂを感じさせる「B With Me」はMushtaq製作、これは重めのリフが聴いているながらも箇所箇所にはトロピカルなメロディも絡んだティンパニっぽい一曲。UKの専売特許であるガラージを取り入れたガチガチにぶち上げる「Why?」はDavid Brant製作、Destiny's Child顔負けの早口歌唱法はまるで早回ししたいみたい、キリキリ急回転したメロディに合ったエッヂ鋭い一曲に。「They'll Never Know」ではSo Solid CrewよりAsher DとHarveyの男性MCが参加、Synth(彼もSo Solid Crew所属)製作のトラックもやはりロボ宇宙船っぽいビカビカなメタリックなシンセチューンでガツガツなアッパーのラップ曲。Marshall 4 Marshall製作の「Stamp Reject」は一時期のTimbalandを思い起こす歪んだ重低音シンセの波が渦巻き押し寄せるパワフルな一曲、しかしこれだけのシンセ曲の中にあっては中毒性も薄れて勿体無い気も。Ceri Evansが手掛けガラージ感爆発の「All I Want(Sunship Radio Edit)」、とにかくただただドカッドカッドカッとビートをキックしてそれに合わせてMis-Teeqの囁きハーモニーが跳ねるアッパー。Jensen & Larssonが製作した「Nasty」は、どこか懐かしいディスコ調の煌びやかトラックで染み入るファンキー感がたまらない、ずっとシンセ続きだからこういう王道なファンクチューンが新鮮に聴こえて余計に活きます(貴重)。ジャカジャカと掻き鳴らすアコースティックギターの淀みの無いメロディに心洗われる「These Days」、製作はStarGateという事でこれは物凄く納得。最近のStarGateを知る僕らでも一発でStarGate作だと解るクリアで爽やかなミッド、スーッと体内を駆け巡り抜けてゆく甘酸っぱい一曲でグッド。Michael Gaves製作の「Better Better」は特殊そうな楽器をアレコレ奏でる事で、どこか異国情緒やスパイシーな刺激を堪能できるなかなか面白いカルメン曲。'Nsync「No Strings Attached」を思わせる大袈裟ビートが癖になる派手な大技「Secrets Of The Night」は好き、製作はJensen & Larssonのタッグが担当。ギターリフにぶつ切りカットされた電子音がクラクションぽく鳴る「You're Gonna Stay」は躍動感たっぷり、製作はThe Full Crew。最後を締め括るのはギター旋律がカラカラと鳴るエスニックな、David Brant製作の「Girl You'll Miss」

う~~~ん、Mis-Teeqのヴォーカルワークとかはけして嫌いではないんですが、やはりProducer陣が似たテイストの楽曲ばかり作っていて単調に感じてしまうんです(苦言)。そのどれもがガラージ主流で(仕方ないのでしょうが)途中でちょっとだらっとなるのは否めない、StarGateがもう少し関与して爽やか系を作ったら良かったし、もっと本格的なアーバン風のR&Bを積極的に取り入れても良かったと思います。まぁでも希少なガールズグループだったからやはり解散したのは残念、またいつか活動再開したら聴くと思います。中でもやっぱりAlesha Dixonが特別にカワイイし綺麗だしセクシー(惚)、ソロで活動しているので応援したいと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment