RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jamelia「Thank You」
jamelia-thankyou.jpg

英国はBirmingham出身の見目麗しき女性R&Bシンガー、Jameliaの通算二作目となる『Thank You』を御紹介。昔の昔は“UK産のR&Bなんて……”と見向きもしなかった僕、しかし今ではかなりのUK産がCD棚に収まっています(笑)。このJameliaに関してはもうジャケットに惚れて購入したのを覚えています、Jameliaは歌手ながらモデルもこなす程の抜群のスタイル&なかなかの美貌の持ち主なので御座います。悲しいかな、やはり女性シンガーとなるとまず顔とかスタイルを見てしまう男な僕がいます(謝)。
それでは気を取り直して内容に話を移しますと……まずはCutfather & Joeが製作を担当した鋭さ際立つ鋼鉄アッパー「Superstar」で華々しく幕開け、これが激しいギターリフ&スクラッチ&ビートがぶつかりながら融合したナイスな攻撃曲で、Jameliaの凛としながらもキュートな歌声が跳ねる様が楽しくて良い。失恋により強くなった女性が“あなたのおかげよ、例を言うわ、ありがとう♪”と吐き捨てるタフな「Thank You」はSoulshock & BikerのSoulpowerタッグが製作、カラフルで不思議な響きを湛えたビー玉シンセが彩るトラックは煌びやか、そこにちょっぴり切ないアコギが絡み女性のスッキリとした美しさを見事に表現した晴れやかな一曲。Soulshock & Karlin(これぞ本来のSoulpower)が製作した「DJ」、ちょっぴりオリエンタルな弦音にドカッドカッと打ちつける太いビートがホットなTimbaland風味のバウンス曲。Cameron McVey & Matt Kent製作の「See It In A Boy's Eyes」は、あのColdplayのChris Martinがソングライト参加した異色曲。窓を打ち流れる雨の様なドラマチックなオルガンの響き、森の中の様な不思議な温もりが残るビート、どこかレトロでメルヘンなメロディライン、そのどれもがどこかColdplayっぽい感触のミステリアスなミッドでこれは要注目です(侵食)。R&Bではけしてないんですがこのグルグル回ってくる中毒性が心地良くて、マーブルな酩酊気分でハイになる素敵な一曲です。Jimmy Hogarthが製作の「Taxi」はダークメタリックな宇宙空間を、黄色いキャブで滑走する様なビコビコビューンなスペイシー曲でかなりカッコイイ。Jameliaの短く切る様なヴォーカルもクールで粋でカッコイイ、面白さ抜群で耳に残ります。Ignorantsが製作した「Dirty Dirty」は漆黒の歪んだシンセが悩ましく妖しく絡み疾走する、これまたあまりにラフカットな電子トラックが武骨でカッコ良過ぎるダーティ曲、Jameliaのラップもかなりイカしていて斬れ味抜群で痛快だし巧い(褒)。Copenhaniacs製作のポコスカ打楽器が鳴るフロア揺らすバウンシー曲「Club Hoppin'」、TimbalandっぽいジャングルビートにBubba Sparxxxが太くも滑らかなラップを走らす事でより重心の低いヘヴィーな一曲に仕上がっています(流石)。早回し声が炸裂しオモチャっぽいふざけた様なホーンがブヒッと鳴る「Cutie」は面白さ抜群のポップ曲(笑)、Jameliaの可愛いヴォーカルに被せて派手にゴタゴタと塗りたくったトラックは斬新だし耳にこびり付く。製作はC.EmmanuelことC.Swingが担当、本当に良い仕事してくれましたよ(褒)。Marc "M2E" Smithが製作した「Bounce」はモロにTimbaland趣味爆発、乾いた打ビートにピコピコと肩透かしな電子音がチグハグに絡むトラックは見事だし、途中エフェクトかけたりフックでは畳み掛けるように弾けさせるJameliaのヴォーカルワークも面白くて聴き入るばかり(途中のJameliaのラップもやはり巧い)。Busta Rhymes率いるFlipmode Squadの紅一点、Rah Diggaを客演に招いた「Bout」、C.Emmanuel製作の映画『ロッキー』のテーマっぽいホーン使いが面白いしド派手でファンキー、Rah Diggaもあのしゃがれた声で焦げ臭い援護射撃をかまします。細かく切り刻んだシンセサイザーを繋ぎ合わせた様なエッヂーな継ぎ接ぎ曲「Off Da Endz」も、民族っぽい声を組み込みながらも単なるごちゃ混ぜでなくきちんと構築されてる瓦礫チックがたまらない、製作はC.Emmanuelが担当。援護射撃にはSo Solid CrewよりAsher Dが参加していて、彼がまたメチャカッコ良い援護射撃でグッド。べったりとしたシンコペイトとジャングル電子音のグチャグチャ感が中毒性高い、どことなくRaggaeっぽいメロディも感じる「B.I.T.C.H.」はCopenhaniacsが製作、どこかLeft Eyeっぽい小悪魔さが香るJameliaのラップもやはり良いですねぇ(感心)。ストリングスがしなやかながらもサイバーな電子光線の唸りがトラックを捻じ曲げる「Life」、どこか退廃的ながらも色鮮やかな電子音が点滅し神秘的な美しさを秘めている「Antidote」、どちらもC.Emmanuelによる製作曲で彼の一流の手腕を堪能できる素晴らしく芸術的なトラックばかりです(聴惚)。とここまでの本編に加え国内盤にはボーナス曲として「Superstar(Bob 'Reef' Tewlow Remix)」「Superstar(Copenhanicas Remix)」「Superstar(Ayo Supersar JD Remix)」のRemix三曲を追加収録。中でもSo Solid Crew所属のJDがRemixした「Superstar(Ayo Supersar JD Remix)」は、一聴の価値ありかと思います。

かなり秀逸な一枚に仕上がっていて驚き、今聴き返してみてもかなりの高性能なシンセ曲が搭載された近未来的な一枚で御座います(称賛)。Jameliaの可愛い感じのヴォーカルも勿論良いんですが、あのLeft Eyeばりの小生意気なラップ技術には目を見張るものがあります(度肝)、僕的にはかなり良い味出していると思うのですが。あとはC.Emmanuelの仕事っぷりが凄まじく良い、確かに全てのトラックが似たテイストなんですが、そのどれもが一癖も二癖もあって斬新で耳に残ります。あとはChris Martinが書いた「See It In A Boy's Eyes」、あれはColdplay好きが聴いても絶対に気に入る一曲だと思います(要注意)。Jameliaの本作かなりイイです、まだ聴いていない方は是非とも聴いてみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment