RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kay B「Look No Further」
kayb-look.png

西アフリカはGhana出身の両親を持つ英国出身のシンガーソングライター、Kay Bのデビューアルバム『Look No Further』を御紹介。Ne-Yo(そして彼と素晴らしい楽曲を創り上げたStarGate)の出現により、UK産のR&Bがより身近に感じられる様になった事はすごく素敵、しかし日本はここぞとばかりにこういう甘酸っぱいR&Bを取り入れ過ぎてて、そういう風潮に天邪鬼な僕はどうしても反発してしまいます(頑固)。だから損する事もしばしば、だからこのKay Bもグッとこらえて素直に購入しました、このサングラスを掛けた横顔がカッコイイのも手伝いまして。しかしこのKay B、英国で有力なメディアでも“メジャー契約していない最も有望なインディシンガー”と紹介された事もあるとか、かなりの有望株の様です(期待)。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まず本作では最多の楽曲をあのStevie Hoangが製作、このStevie Hoangも知ってはいますが聴いていないアーティストの一人です(苦笑)。そんな訳でそのStevie Hoangが製作した楽曲から御紹介、まずは幕開けを飾る「Lady Of Soul(Intro)」から。キラリと光るピアノ鍵盤の触れる様なメロディに、Kay Bの甘くクリアで蒼々としたヴォーカルが浸透する素敵な幕開け。これまた甘酸っぱい果実のようにスプラッシュな胸キュンシンセが爽やかな「Groove Thang」も良い、青く澄んだ空を眺めながら風をいっぱい浴びながらドライブしたくなる、そんなスカイハイアンセムでフックの“あいあいあーい♪”も耳に残ります(余韻)。切ないR&Bには欠かせない嵐の轟きから始まる「Cheater's Dilemma」は双方の浮気曲、双方の裏切りを知りつつも恋人関係を続けたいと感じる矛盾を謳った、なんとも最近のR&Bにありがちなテーマ。ながらキラキラ光りながらポロロンと涙の様に鳴らす水滴シンセが美しく、Ne-Yo「So Sick」好きなら反応せずはいられない刹那系のミッド曲(涙)。「Party In The Jungle」は打って変わってTimbalandっぽいギュイギュイとパワーで捻じ曲げるジャングルアッパー、あまり癖はなく単調でそういう意味では面白さのない一曲かなぁ(辛口)。どことなくヴォーカルアプローチがR.Kellyっぽくもある「Call Cupid」、ちょっぴりギターを爪弾き行きつ戻りつするポワワンシンセの揺れが胸を切なく締めつける別離曲(涙)。“誰かキューピッドに電話してくれ、僕には今すぐ愛が必要だって伝えて♪”と謳う詩もそのままだけど素敵、Kay Bの懇願するように搾り出すヴォーカルが胸を突き刺す流麗で繊細なスロウジャム。乾いたギターを奏でてドライでしなやかなグルーヴを生み出す「Impress You」、これも“アイツじゃなくて僕を選ぶべきだ♪”と口説くそのままな題材ながら、早口で捲し立てる様な歌唱法や幾重にも綺麗に織られたヴォーカル加工が清涼感を残していてグッド。ピーヒャラ鳴らす怪しげな笛音が彩る思い切り中近東テイストが漂う「You Know I Like That」は、完……ッ璧にR.Kellyを意識した一曲でそこが逆に面白い。US産R&Bに全く引けをとらない極上スロー「Look No Further」もアーバン香る素晴らしい一曲、“もう探さなくていいよ、僕がいるだろ♪”と自信満々に囁く肉食的な口説き文句を、さらりと優美にじっとりと艶っぽく謳うKay Bが憎いです(褒)。ドクンドクンと脈打つような太鼓ビートに、オルゴールの様に儚く繊細なシンセが舞う「Don't U Walk Away」も良い出来映え、とにかくKay Bのスーッと伸びるクリアな蒼々声にお似合い。「Call Cupid(Unplugged)」はその曲名通りに指スナップ&ピアノ弾き語りの生演奏曲、Stevie HoangとRaoとIjahを客演コーラスに迎えてより上品に流麗に仕上げた、なんとも贅沢リッチな仕上がりでもう別物な味わい。「Party In The Jungle(Remix)」はトラックはそのまま、Mr.Max(Kay Bが以前に組んでいたPak Of 3なるグループの一員)のラップを加えてより加速したRemix。そのPak Of 3のMr.MaxとSanteが揃い踏みした国内盤ボーナス曲「Not Today」がかなりカッコイイ、弾く様なハンドクラップに高音シンセ&ピコポコ&スクラッチが重なるポップチューンで、三人の相性抜群過ぎてPak Of 3が好きになってしまう快晴曲。ここまでがStevie Hoangによる製作、本当に素晴らしい仕事っぷりです(称賛)。ベルのチンチン音に野太いキックビートがズシンと響く「Spotlight」はR-Sin製作、ダークな疾走感がなかなかカッコイイ。ビュイビュイと輝く光線シンセが眩しくてそのまま近未来にトリップする、途中のSnoop Doggっぽい歌い回しも面白い「Can YouKeep It Up」。ちょっぴりダーティサウスなトラップ感も垣間見えるドロドロデジタルサイバー「Just Come Around」(客演にVersatyle)の二曲はZouhair "Digital Clue" Qorchiが製作を担当。

うん、やっぱり良かったですね(笑)。やはり聴かず嫌いは損しますね、なんでも気になったら聴くべきです、分かってますが天邪鬼だから出来ないんです(笑)。完璧なNe-Yo系統の甘酸っぱいトラック群は勿論素晴らしかったですが、「Can YouKeep It Up」「Just Come Around」といった近未来型シンセ曲もカッコ良くて、イイ配置でしたよ。Kay Bのヴォーカルもさることながら、やはりStevie HoangのProducerとしての力量を痛感した一枚となりました。最近のR&Bが好きな方なら絶対に押さえておくべき、というかもう持っているか。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment