RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Vanessa Williams「The Sweetest Days」
vanessa-sweetest.jpg

アフリカン・アメリカンとして初めて栄誉ある“Miss America”に輝き、女優やシンガーとして活躍する極上美人、Vanessa Williamsの通算三作目となる『The Sweetest Days』を御紹介。僕も名前は聞いた事あるし、きっと映画とかで見かけているんでしょうが、よく知らないまま購入した覚えがあります(無知)。とにかく本作に凛として写るVanessa Williamsが本当に綺麗で、それに惚れ込んで何も知らないまま購入したんです(笑)。ちなみにVanessa Willimasは本当に美人で他の作品も持っているんですが、まぁどれも変なジャケットばかりで、まともに綺麗なのはこの一枚だけではないかと思います(独断)。
それでは肝心の中身はどうなっているかと言いますと……まずは製作に関しては全曲にVanessa Williamsが関与していて、その多くをGerry E. Brownと共同製作しています。なのでまずはGerry E. Brown×Vanessa Williamsによる製作曲から触れますと、幕開けを飾る「The Way That You Love」から。後ろで静かに刻まれるラップといい、そのリズムは正にR&Bなタッチながらどこかエレガントで滑らかでオシャレ。VibesにRoy Ayersが参加しているのもトピックの一つ、Vanessa Williamsの艶っぽくも品のある歌声がしっとりと華やかな一曲でグッド。爪弾くギターの曇りでブルージーに聴かせてくれる弾き語り「Higher Ground」、Vanessa Williamsの伸びやかな歌声にウットリ聴き入ってしまう温もりいっぱいのスロウ曲。キラキラと星降り注ぐ夜空の様なロマンチックでスムーズな空気がしっとり流れる「You Don't Have to Say You're Sorry」も素敵、思わず溜息がこぼれてしまうディズニー映画ばりの極上ドリーミーで御座います(溺)。多くの女性シンガーに今なお愛され続けるElla Fitzgeraldへ捧げた「Ellamental」、冒頭ではほんの少しElla Fitzgeraldのライブ音源をサンプリング、そのままクールでムーディーなJazz風味のトラック上をVanessa Williamsが滑ります(快感)。「Sister Moon」はStingの同名曲をカバーし、Back VocalにSting自身も参加するという贅沢さ。Stingを僕はよく知りませんが、こうやってよく黒人アーティストに共演を希望されるアーティストですね、この曲もハーモニカの妖しくも艶やかな音色がムードプンプンでセクシーな一曲でStingの音楽幅の広さを知らされます。フランス語の語りから入り込むアコーディオンが印象的な「Moonlight In Paris」、これもまるでパリの街角に迷い込んだ様な気分になるオシャレで優しい一曲で素敵、Vanessa Williamsの囁くようなヴォーカルが透明感に溢れてて心地良いんです。爪弾くアコースティックギターの弦音に心が和み癒される失恋曲「Constantly」、想っても届かない恋心を謳うほろ苦い詩をVanessa Williamsがちょっぴりむせび泣く様に声を出して歌う切ない曲(涙)。最後を締め括るのは「Long Way Home」、これもゆっくりじっくりと流れゆくメロディにVanessa Williamsがその美声を寄り添わせる、王道な作りがたまらない珠玉の美曲バラード(沁)。こういうもう真っ直ぐ純粋なスローに僕は弱い、“家路は長い、家までの道程は長い♪”と繰り返す詩も、端的なだけに意味が深くて考えさせられる人生曲となっています(深)。ここまでがGerry E. Brown×Vanessa Williams製作曲、残りはまた侮れない面子が揃っていまして。まずはポロロンと爪弾き奏でるギター弦がスパイシーな「Betcha Never」はBabyface製作曲、彼氏の浮気に浮気で仕返す女性を謳ったスパニッシュな一曲。Babyfaceは「You Can't Run」も製作を担当、ここでもギターを爪弾くもどこかメランコリックで清涼感溢れるメロディを準備、この作品の幅をグッと広げていますよ(好演)。あとはキラキラと光り輝くラインストーンの様な煌めきスロー「The Sweetest Days」をKeith Thomasが製作、ゆっくりと絡み合い溶け合う極上のスウィートラヴバラードで御座います(昇天)。国内盤にはこれらに加えてボーナス曲が一曲収録されていて、これが絶対に聴き逃せないんです(警告)。それはあのBrian McKnightとの濃厚デュエット曲「Love Is」、Brian McKnightらしいピアノ基調のピュアで壮大な王道バラードで、思わず涙が零れそうになるぐらいドラマチックなバラードに仕上がっています(昇天)。またこの美男美女が麗しい歌声を絡ませるんだからたまらない(極上)、恋人との一途な夜にしっとりと聴き入りたい美曲で御座います(憧)。

けしてR&Bな一枚とはいえないけれど、シンプルでスタンダードな美曲集といった感じで、美しきVanessa Williamsの魅力がぎゅっと詰まった素敵な一枚に仕上がっています(好)。Producerを多く配さなかった事ですんなり一枚を通して聴けるし、夜に恋人とディナーでもしながら流すBGM的な一枚にも良いでしょう。とにかくVanessa Williamsが容姿も歌声も綺麗、やはり男性が美しい女性に弱いのは真実ですねぇ(苦笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment