RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Dwele「W.ants W.orld W.omen」
Wwwdwele.jpg

Detroit出身でSlum VillageやKanye Westの楽曲参加などで、通なR&Bファンからは信頼を得ているDweleの通算四作目となる『W.ants W.orld W.omen』を御紹介。客演での仕事っぷりが素晴らしいんですが、自身のアルバムに関してはいつも地味な印象を受けるDwele。そのせいか僕も四作目となる本作が初めてのDwele作品となります、国内盤が発売されてなかったら購入を諦めるところでした(幸運)。タイトルからも分かる通り、本作は“欲望”“世界”“女性”をテーマにした三部作となっており、それでかジャケットのDweleも三分割になっていてグッド。
それでは気になる内容を簡単に御紹介します……まずはあのNottzが製作した「I Wish」、軽やかに且つダラダラと硬質ドラムスとピアノ鍵盤が流れ出すミッドに、Dweleの気だるくもソウルフルな歌声がハイに響きます。続いてはキラキラと輝く電子音の細やかな鳴りに、小粒のダイアモンドみたいな鍵盤がメロディを撫でる極上メロウ「She A Star」。Dwele自身が製作したこの曲は後ろで響く“あーあーあーあー♪”やラップみたいなノリで歌ったり、エフェクトかけて歌声捻ったり、そんな遊び心もオシャレな一曲に。G1製作の「Grown」はR.Kellyが手掛けそうなスパニッシュギター爪弾くスパイシーアッパー、ちょっぴり暑いトラックながらもDweleがスーッと流すような清流ファルセットで涼しげにキメてくれてグッド。Dwele製作の「Dodgin' Your Phone」ではDavid Bannerが客演参加、少々ホーンを散らしてフワフワと浮遊するトラックにDwewleがプカプカと裏声で遊泳し、David Banner登場では曲をハンドクラップをフルに効かせた機械チックな転調を魅せる面白い一曲。そのまま流れ込む「Dim The Lights」ではRaheem DeVaughnが客演参加、暗闇の中をボーっと妖しい明かりが灯る様な艶っぽいミッドナイトスロウジャムが心地良い(酩酊)。Dweleのシルキーなファルセットに負けじとRaheem DeVaughnも綺麗で悩ましい歌声を絡ませていて、素敵な共演に仕上がっています。Dwele製作の「How I Deal」では盟友のSlum Villageが参加、この曲はダークで重たいビートを絶えずキックし続けるトラックがHip Hop風味で骨太で、シンプルなだけに耳にこびり付く程に中毒性が高い。しかしフックではDweleのカラフルなヴォーカルが幾重にも織られていてそこがアクセント、Slum Villageも渋いラップでの素晴らしい援護射撃で曲を引き締めています。カラッと乾いた南国っぽいサウンドが吹き抜けるDwele製作の「Hangover」、二日酔いを歌った曲なのにこの爽やかさ&優美さはズル過ぎると思います、Dweleの柔らかく擦れたヴォーカルが心地良く脳内をループするトロピカル風味。ポコスカと鳴る打楽器がまったりとした感触を生み出すボサノヴァっぽい「My People」もDwele製作、こういうトラックを聴くとやはりDweleのファルセットがどれだけの魅力を持っているかを思い知らされます(一撃)。Dwele製作の「Detroit Sunrise」ではLloyd DwayneとMonica Blaireが客演参加、ここでもDweleが陽光のように眩しくも鮮やかなファルセット駆使で、聴き手をじわじわとハイにして体温上昇させてくれます(目覚)。Dwele製作の「I Understand」は彼氏に泣かされている意中の女性に“君の事を分かりたいだけ♪”と愛を告白する一曲、絶えず地上2mぐらいをプカプカと浮かぶ様な妙な空気感がたまらない溶けるミッドチューン。「Love You Right」はあのMike Cityが製作を担当したキラキラ輝いてオシャレ過ぎる夜会曲、アダルトな色気がムンムンの爽やか疾走トラックにDweleの艶っぽく色彩豊かなファルセットが幾重にも折り重なる極上のラヴソングでかなり素敵(惚)。Dwele製作のオールソウルな雰囲気がすごくまろやかでキュートな「Kissing Game」(国内盤ボーナス曲)、そっと囁きかける様なDweleのヴォーカルが優しくてウットリ眠たくなる程のドリーミー曲。「What's Not To Love」では再びMike Cityが製作を担当、Mike Cityらしい艶やかに輝いたオシャレ過ぎる紳士トラックがカッコ良過ぎる、これぞアーバンR&Bといったスマートチューン(惚)。「Give Me A Chance」は再びNottzが製作を担当、メロウながらもどこかタフなスパイスも効かせたトラックがカッコイイ。思い切りロボット化したDweleのぶつ切りフックが耳に残る「You Don't Love Me」(国内盤ボーナス曲)はDwele製作、ヴォーカルのパッチワーク感とシンセのチープな合成感が巧くマッチした浮遊曲に。再びG1が製作した「I Wanna」ではなんとDJ Quikが客演参加、特に西海岸な空気もないですがエッヂの効いたアッパーに仕上がっています。

う~ん、かなり期待していただけにちょっと平均点な一枚でちょっと残念だったかなぁ(辛口)。勿論Dweleの歌唱力は認めますが楽曲に関してはイマイチ印象が弱いというかパンチに欠ける、もっと多くを外部のProducerに任せたら違っていたかも。そういう意味ではやはりMike Cityの仕事っぷりは良かったし、互いの相性も良かった様に感じるので、Mike Cityに全編任せても良かった気がします(勝手)。素敵な一枚ではあったけれど、物足らない感を否定できない一枚かもしれません(惜)。まぁもっと聴き込むと印象が変わるかもしれませんね、Kanye West製作曲があればまた違っていたかなぁ~~~(残念)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment