RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

will.i.am「Songs About Girls」
wia-sagcovs.jpg


Black Eyed Peasの頭脳ことwill.i.amの『Songs About Girls』を御紹介。もう本当に最近のBlack Music作品では絶対にクレジット入りしているのがこのwill.i.am殿、Justin TimberlakeからBusta Rhymes、John LegendにThe Gameともう種々雑多、もうヒット曲が欲しいならこのwill.i.am様になんでも訊いてって感じで依頼殺到で御座います。Black Eyed Peasのアルバムもここ日本でも馬鹿売れ、てな訳で本作もまずは国内盤が先行発売される形となりました。
そんなこんなで僕なりの解釈で書かせて頂いて……本作ではwill.i.amだけでなく外部からもプロデューサーが参加しているので、まずはwill.i.am自身による製作曲から触れてゆきたいと思います。ピアノの跳ねる音をあしらったElo「It's Over」をサンプリングした「Over」で幕開け、この曲のフックで嬉しくなったのがwill.i.amの歌声。絶対にwill.i.amの歌声は絶妙な味だろうと想像していたんですが予感的中、ほぼ全曲でwill.i.amの歌フックを堪能できるのが喜ばしい限りです。「Heartbreaker」ではラップというよりもう殆ど全編が歌っている感じで僕的には全然アリ、電子音を散りばめたちょっぴり甘酸っぱさ香るトラックに乗る懺悔の歌詞も最高に冴えている、僕も一緒になって歌いながら謝ってしまいます(阿呆)。しかもこの曲、バックボーカルにあのCee-Loが参加しているんだから厚みがあるに決まってます(吉)。「I Got It From My Mama」は本作からの先行シングル、これはもうBEP時代に得た鉄板ヒット法則に則った間違いない一曲。Magazine 60「Don Quichotte」を下敷きにしたガチャガチャ騒ぐトラックと女性歌声もセクシーでグッド、やっぱこういうwill.i.amもイケてますな(実感)。ジャカジャカ鳴るエレキギター音とベース音(?)に思わずノッてしまう「Get Your Money」も最高に痺れる、途中のwill.i.amのファルセット歌声に思わず疾走します。どことなく夢見心地でキラキラな「Impatient」では、完全にEarth, Wind & Fireが憑依したかのような裏声&ディスコ仕様で踊らされ捲くり、本当に引き出しの多い方ですな。「Invisible」ではPaper-Boyなる人物と共同制作、途中で電子加工されたwill.i.amの歌声が乗っかる、どことなくHip Hopとは似つかないロキッシュにさえ感じる歌モノな一曲。「Fantastic」ではZ-TripによるRemix版のJackson 5「I Want You Back」を使用、流石は一筋縄ではいかないよといった感じ(笑)。弾けるドラム音に思わずハッとして目が覚める「Fly Girl」なんかもwill.i.amの得意分野といった感じ、生楽器っぽさがたまらなく温かくも感じます。ヒューマンビートボックスぽい音と歪んだシンセ、そしてエッジ効かせたwill.i.amのラップが見事な「Make It Funky」は本当にファンキー、ドカドカと行進する様はまるでサーカスの様で無邪気で陽気で最高に熱い。「S.O.S.(Mother Nature)」は最後(一応)を飾るに相応しい幕引き曲にして、神に助けを乞う警鐘曲。とここまでが一応will.i.amによる製作曲、ここからは外部のプロデューサーによる製作曲を御紹介します。まずはPollow Da Don製作曲「She's A Star」から、深い闇夜を彷徨うかのような揺らめき感とwill.i.amの歌が絡む一曲。そのPollow Da Donは「Ain't It Pretty」も製作を担当、これまた妖しくも艶っぽい都会の夜の様に美しいトラックで、ちょっぴり儚げにラップするwill.i.amのフックが絶妙に美味な素敵曲。あとは新進気鋭のFernando Garivayが二曲の製作を担当、「The Donque Song」はテクノ(?)味付けのサイケな一曲、途中で絡んでくるSnoop Doggがこれまた良いスパイスになってて一気に流れを変えます、恐るべしSnopp Doggのズルズルラップ。“チャンスをくれ”と彼女に復縁を迫る「One More Chance」も程よく歌とラップの比重が取れていて素晴らしい平衡感覚、will.i.amのボーカルで充分に楽しめるのに、そこに早回しみたいな歌声がちょっぴり絡むのがまた上手いです(脱帽)。そして国内盤にはこれに加えて三曲がボーナストラックとして収録、本当に大盤振る舞いで御座います。「Mama Mia」「Spending Money」はwill.i.am製作曲、前者はRay Charles「What I'd Say」をサンプリングに使用。「Damn Damn Damn」ではLil Jonが製作を担当、ちょっぴりクランクを加味させた、しかし途中でLil Jonの合いの手が無かったので寂しくも感じた(その代わりに途中でWyclef Jeanみたいな合いの手が……)一曲。

いやはや、そりゃ皆に曲作りを頼まれるっての。このwill.i.amってのは現代人の痛点ってヤツを感覚で熟知しているんでしょうねぇ。まさに番人受けする音楽ってのが彼の作る音楽、良い意味でも悪い意味でも“そこまで黒くはない”かなって印象を受けます。勿論、will.i.amですから真っ黒な音も創り出せるんでしょうが、ここでは本当に色んなジャンルを彼の解釈でごちゃ混ぜたグッドミュージックを堪能できます。一枚ずっと流しっ放しでさらりと聴けます、色んなシーンにピタっとはまるマストな一枚でしょう。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment