RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Big Boi「Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty」
600px-Big-boi-sir-lucious-left-foot-the-son-of-chico-dusty-HQ.jpg

Hip Hop界きっての最強デュオOutKastの片割れ、Big Boiによる待望のソロアルバム『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』を御紹介。OutKastといえばどちらかといえばAndre 3000がかなり目立つ存在で、Big Boiがちょっと地味に見えたりもするんですが、ソロ作はBig Boiが先に完成させたみたいですねぇ。Big Boi(OutKast?)主宰のレーベル“Purple Ribbon Records”からもJanelle Monaeが好調なセールス&評価を獲得するなど勢いに乗ってます、この紫を基調としたジャケットもそこから来ているんでしょうか。
それでは気になる内容を簡単に御紹介……トークボックス使って緩やかに「Feel Me(Intro)」で滑り込み、そのまま盟友Mr.DJが製作の「Daddy Fat Sax」へ。ちょっぴりスクリュー使いながらスクラッチやシンセサイザーを多用しながら独特の先鋭感を演出した近未来的なワープ曲。Sleepy BrownとJoiという家族同然の二人を客演に迎えた「Turns Me On」、製作もOrganized Noizeという事で完璧にOutKastっぽい味わいに仕上がっています。後ろで静かにピコピコ鳴る電子音に線の細いシンセメロディが軽やかに疾走するナイススライディングな曲、Sleepy BrownとJoiの鼻から抜けて宙を舞うようなヴォーカルもハイで素敵。宇宙船っぽいトリップ音を出しつつもブレイビーツっぽいオールド主義なメロディも最高に気持ち良い「Follow Us」はSalaam Remiが製作、客演にはPurple Ribbon所属の白人バンドVonneguttが参加。このミクスチャー感覚がハイセンス&遊び心満載でOutKastっぽいカラフルさ、ロックっぽくもHip HopしているSalaam Remiの面白さが詰まった一曲。Scott Storchが製作を担当した先行カット曲「Shutterbugg」、Soul II Soul「Back To Life(However Do You Want Me)」とThe System「You Are in My System」をサンプリング使用。チープな電子音の連続ループに歪んだ“ぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶ♪”声が絶えず響く、流行のエレクトロなんだけど懐かしさプンプンで、なんとも中毒性の高いロボット型トラックが面白い。Big Boiの細かく刻み攻め込む鋭いカットのラップも最高に冴えているし、トークボックス使ったちょっぴりサイケでクレイジーなトラックに淡々と斬りかかるBig Boiがカッコ良過ぎる。合衆国チックなゴスペルとホーンが飛び散る雄大な「General Patton」、製作はJbeatzzが担当。Terrence "Knightheet" Culbreath製作のドカドカ打楽器と弦楽器がトローリと融合するオリエンタルな「Tangerine」、客演にはT.I.とKhujo Goodieが参加。Big Boiのあの低く落ち着いた声でラップするのが好きだし、T.I.もKhujo Goodieも良い味出していて土臭いサウンドもイケテます。Yelawolf客演のチキチキ系の浮ついたビートの「You Ain't No DJ」は相棒のAndre 3000が製作、しかしAndre 3000にしてはあまり捻りのないトラックでちょっと残念かなぁと(辛口)。「Hustle Blood」はなんと同郷のLil Jonが製作を担当、客演にはJamie Foxxが参加という異色っぽい組み合わせ。まったりとレイドバックした泥臭いサウンドにJamie Foxxのリラックスしたヴォーカルがスーッと伸びゆくスロウ曲、これはこれで非常にALR産っぽいドロ~リ感で好きです。「Be Still」はRoyal Flushが製作を担当したオシャレなJazzy電子曲、Janelle Monaeが艶っぽくもちょっとボケたヴォーカルで華やかさを演出していて素敵です。「Fo Yo Sorrows」ではGeorge ClintonにToo ShortにSam Chrisとベテラン勢が参加、Organized Noize製作の不可思議系のふらふらメロディにBig Boiの早口ラップが滑ります。「Night Night」ではATLの新進気鋭B.o.B.とJoiが参加、上がったり下がったりする浮遊系の電子音&ホーンの鼓動が面白いサイバー曲はDJ Speedy製作。Joiは結構目立っているんですが、B.o.B.を歌フックだけでなくラップさせたらもっと面白かったかも。DJ Cutmaster Swiff製作でHarold Melvin & The Blue Notes「I Miss You Part I And II」をべったりサンプリングした「Shine Blockas」、客演にGucci Maneが参加しよりくどくて濃い味付けのこってりソウル風味に仕上がっています。「The Train Pt.2(Sir Lucious Left Foot Saves The Day)」はOrganized Noizeが製作のこれまた宇宙系な静寂遊泳シンセ、同じくOrganized Noizeが製作の「Back Up Plan」もザクザクと波寄せるビートがOutKastっぽくて落ち着くミッドアッパー。

Big Boiのソロではありますが、かなりOutKast路線の延長線上な空気感でファンも一安心な一枚。Andre 3000関与曲がたった一曲だったのですが、基本的にOutKastが創り上げた世界観をBig Boiが一人で遊泳しているといった感じでした。そういう意味では冒険している曲はなかったし、これといったキラーボムも無かった気がします。ただ流石はBig Boiで安定したトラック群だし客演陣もなかなか良い味出しているので、聴くべき一枚なのは確か、でもやっぱり少し地味だったかな(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment