RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rick Ross「Teflon Don」
rickross-teflon.jpg

Maiami出身でギャングどころか元看守だった過去を持つ、Rick Rossの通算四作目となる『Teflon Don』を御紹介。MCとしては完璧にマイナスな要素となった経歴スキャンダル(そう呼んでも大袈裟じゃない)、しかしRick Rossの人気がそれで陰る事はまず無さそうですね(鉄壁)。その証拠に本作も順調にリリースしてきました、しかも良いスパンでRick Rossはドロップ出来ていますねぇ。髭熊なこの風貌からは想像のつかないメロウ系を得意とするRick Ross、やはりかなり期待して購入してしまいました。
それでは気になる内容を御紹介しましょうか……まずはRick Ross作品では御馴染みのJ.U.S.T.I.C.E. League製作の「I'm Not A Star」で幕開け、相変わらずドロドログドグドと重く渦巻くサウスな重厚トラックに、Rick Rossの野太い熊声がダラ~と伸びる一曲。続く「Free Mason」はThe Inkrediblesが製作した郷愁ソウルフルな曇ったメロディが印象的な燻し銀曲、客演には前作を除き参加しているJay-Zが参加(Additional VocalにJohn Legendが参加)。このミッドナイト系統の涼やかで流麗なトラックはオシャレだし、Jay-Zがなんだか久々に昔のようなハスラーな雰囲気のスマートに流すフロウを放っていてカッコイイ、John Legendのレトロソフトなヴォーカルも際立っています(素敵)。Bobby Sealの演説から始まる「Tears Of Joy」はNo I.D.が製作を担当、サンプリングにはWillie Hutch「Hospital Prelude Of Love Theme」を使用。煌びやかなピアノ旋律と滑らかなホーンで、曲線的な悩ましいメロディラインとジリジリ焦がすような硬質ビートが重なり合うアダルトな一曲。太くゴツくもどこか影と哀愁を持ったRick Rossのラップも流石の持ち味だし、客演参加のCee-Loの怪鳥の如く吠える歌声が鋭くハートに突き刺さるソウルフル過ぎる一曲。Rick Rossの完璧な構想で継承され続ける「Maybach Music III」、今回もT.I.にJadakissにErykah Baduという豪華極まりない面子での総攻撃に聴き手は確実に撃沈。J.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作の生音オーケストラ駆使の艶やかで壮麗でドラマチックなトラックは息を呑むほど美しい、まるで映画スコアの様に壮大で緻密な一曲を繰り出すからJ.U.S.T.I.C.E. Leagueは恐ろしい(称賛)。そしてRick Rossの大ボスな巨漢声、T.I.のあの挑発するようなクールで鋭いラップ、Jadakissの低く構える奇声に近いダークなラップ、Erykah Baduのマッタリと溶ける色っぽく悩ましい歌声とどれを取っても最高な共演曲(興奮)。微振動するシンセビートの波にカラフルなメロディで揺れるぶっ壊れ気味の「Live Fast, Die Young」はKanye West製作&客演(John LegendもAdd Vocal)、Kid Dynamite「Uphill Peace Of Mind」やThe Bar-Keys「If This World Were Mine」等をサンプリング。どこかレトロな味わいの中にもKanye Westのカラフルな遊び心が混じった新鮮な一曲で、重たいRick Rossと軽いKanye Westの対比も面白くてなかなか味のある一曲に仕上がっています。「Super High」がなんと驚き、あのDJ Clark Kent(懐)とThe Remedyが共同制作しています。The Enchantment「Silly Love Song」を使った流麗でしなやかでシルキーな肌触りの極上ソウル使いは流石はDJ Clark Kent、途中で聴こえるスクラッチと言い、この甘美でオシャレ過ぎる夜会曲にヤラレました(嬉)。しかもこのメロウソウルフルな世界を彩るのはスウィート全開の紳士Ne-Yo、スマートで癖のない柑橘声でより輝きが増します。そこから大きく転換する振り幅も含めて面白いのが「No.1」、製作はNate "Danja" Hillsで客演にはTrey SongzとDiddyが参加。Danjaらしい騒がしく落ち着かないピコピコ電子音&電ビートのクール曲に、Trey Songzの機械っぽくフラットに歌うヴォーカルが最高に熱いシンセ曲で、コレなら飛び道具のDiddyを使うのはかなりアリですね(笑)。意味深な(?)曲名も気になるLex Luger製作のドロドロ重たいダーティサウス仕様の「MC Hammer」はGucci Maneが客演参加、あまりに濃~い味付けもちょっと癖になるグッドリ酩酊曲。引き続きLex Luger製作のサウスマナーの「B.M.F.(Blowin' Money Fast)はStyles Pが客演参加、冷徹クールで切れ者のStyles Pがラップ撃ち放つ事で少しサウス薄まりシリアスさが増してグッド。Rick Rossが新たに続編しそうな車曲「Aston Martin Music」はJ.U.S.T.I.C.E. League、客演にはDrakeとChrisette Micheleという間違いない布陣を用意(策士)。ヒンヤリと冷たい電子音が静かに点滅する様に光り消える、幻想的で高級感の香るトラックは極上そのもの。Chrisette Micheleの吐息に近い艶っぽくも美しいヴォーカル、Drakeの柔らかなファルセットを利かせたヘロへロなヴォーカルも最高のフックとして機能しています(必殺)。そして最後を飾るのはなんとあのRaphael Saadiqが客演(!)する「All The Money In The World」、製作はThe Olympicksが担当。せっかくなんだからRaphael Saadiqに曲ごと作らせたらもっと面白くなったろうに、そこがこの曲の惜しい点。この典型的なサウスHip HopなトラックにRaphael Saadiqのベッタリ子供っぽいヴォーカルは合わない(辛口)、Raphael Saadiqの極上なレトロソウルフルなトラックだったらもっと活きたのに……まぁでもRaphael Saadiqのまろやかシュガーな歌声を聴けるのは素直に嬉しいですが。

まぁ簡単に言ってしまえばズルイ一枚に仕上がっています、この客演陣を揃えるのは(Rick Rossは毎作ながら)ズル過ぎますよねぇ(贅沢)。ただRick Rossが“他のMCが豪華ゲストを多数起用する”のとちょっと違うのは、その共演が少し想像できない点にあると思います。どれだけ客演の多いMCやシンガーを起用しても、“あのRick Rossとどう絡むのか”とちょっと期待してしまうんですよねぇ。Rick Rossのあの熊みたいな巨躯とはかけ離れたしとやかでオシャレなスマート曲の数々もそう、そういう意味ではRick Rossも自分演出が巧いMCなのかもしれません。当然の如く高水準をキープした一枚で満足しました、やはり売れるんでしょうねぇ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment