RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Razah「The New R in R&B」
razah-rb.jpg

Jamaica出身でN.Y.はBrooklyn育ちの期待の若手シンガー、Razahの通算二作目となる『The New R in R&B』を御紹介。20歳の時にあのVirgin Recordsと契約を結ぶも、レーベルとの折り合いが上手くいかずに結局お蔵入りとなったのが本作『The New R in R&B』、当時はシングルヒットも多くて最も作品ドロップを期待されていたR&Bシンガー
だったと思います。インディでの発売だったので気乗りしなかったのですが、やはり気になったので結局購入しました(後に国内盤が発売されたのがショックでした)。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しますと……これが本当に簡単な記事になっちゃいます、インディ発の輸入盤所持という事で、全くクレジットが無い状態なのでほぼ情報無しで御座います(涙)。一応、製作陣としてはSwizz BeatzやThe Heatmakerz、DJ Green Lanternなんかが参加している様です。まずはあのTeddy Pendergrass「When Somebody Loves You Back」をサンプリングした爽やか過ぎるミント曲、「Feels So Good(Remix)」でスッキリと幕開けを飾ります。その頃のソウルフィーリングを存分に活かした渋くも流麗で軽やかなメロディが素敵、Razahの若々しく甘酸っぱい歌声にもばっちりフィット。ここでは援護射撃にMemphis Bleekが参加、彼らしいスカイラインを優々と越えるラップで盛り上げます。続いてはMobb DeepよりProdigyが参加した「I'm In Love With You(Remix)」、A Tribe Called Quest「Stressed Out」を組み入れたこのトラックはドカッドカッと蹴られるビートに、これまたスーッと抜ける様なメロディが爽快。Razahの早口で繰り返すフックも耳馴染みがよく、やはりキャッチーさ&爽快さで抜きん出た一曲に。煌びやかなメロディをちょっぴり早回しでループさせた都会の夜風の「I Ain't The One」、Razahの抑えたヴォーカルが綺麗にスーッと伸びる疾走曲でなかなか良いです。思い切りタフで重たいエレキギターのリフでメロディが紡がれたロキッシュな「Where You」ではJuelz Santanaが参加、この曲とRazahの相性はちょっぴり疑問ですが、Rockネタを得意とするJuelz Santanaがかなりのハマリ役で良い仕事しています。ポロロンと鳴るピアノ鍵盤にビートが絡むどことなくスパイシーな「Que Sera Sera」、息継ぎ少なめに繰り出すヴォーカルがより鋭さを増長させるミッド。「Gotta Keep Ya Head Up」では南の大御所Bun Bが参加、ゆったりとレイドバックした曲をピッチ早めたようなサウス仕様の一曲でBun Bの野太いラップがやっぱりカッコイイ。蒼々と輝くシンセサイザーの波がクールな「Roll With Me」は先鋭的でカッコイイ、愛車で颯爽と自然を駆け抜ける時に聴きたいスピード感溢れるサマーアンセム。45回転早回しのトラックがゴリゴリHip Hopっぽい味わいでたまらない「Rocking Chair」はGwen Maccrae「Rockin' Chair」のリメイクっぽい曲、クレジットこそ無いけれどCam'ronがしゃがれた声でタフで強力なラップをかましていてかなり効きます。往年のソウル曲を思い切り45回転使いした一時期のKanye WestかJust Blazeがやりそうな「Make You Mine」、流麗で艶っぽい吐息混じりの歌声を絡ませるのはCoco Chanel。「Mother Nature」ではアングラで活躍し続けるMixtape界の天才Papooseが参加、どこかMichael Jacksonっぽいハミングが印象的な一曲。昔のソウル曲からヴォーカルを抜き出しループさせ、現行の煌めき電子音に融合させた清涼チューン「Not My Girl」。ここで再びJuelz Santanaが参加していてこういう早回しっぽいトラックもまた彼の独壇場で輝きまくりです。ポロポロとゆったりと溶け出すように爪弾くアコギのメロディがセクシーな「How Do You Know」ではSwizz Beatzの元奥様のMashondaとデュエット、Mashondaの透き通るような可愛い歌声がRazahの甘酸っぱい歌声と相性抜群。どんよりと重たいオルガン鍵盤がマイナー調のメロディを奏でる「Hold On(Better Days)」、ブルージーでRazahの唸るようなヴォーカルも聴ける力強い一曲。ギュイギュイとうねりながら繰り出されるちょっぴりノイジーなアッパー「I'm In Love With You」、ここでは盛り上げさせたら誰にも負けないFat Man Scoopが参加。トラックとFat Man Scoopがゴリゴリながらも、Razahが爽やかで軽やかなので良い感じにスッキリ仕上がっています。最後を飾るのは「Gangsters, Hustlers & Ballers」、どこか影のあるストリート受けしそうなサグっぽい一曲。

全体的に45回転早回しっぽいトラックが多く、そのどれもがR&BというよりはHip Hop志向なトラックだった様に思います。こういうサンプリング主体のトラックが好きな僕としてはかなり聴き易かったです、Razahの歌声も(良い意味でも悪い意味でも)癖が無く、すんなり耳に入ってきます。トラックの質もかなり良いし(きっと凄い製作陣なんだろう)、参加したMC達もかなり豪華な面子ばかりで、お蔵入りというのはあまりに勿体無い一枚です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment