RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

UGK「Underground Kingz」
ugkugkc.jpg


南の超ベテランデュオUGKの豪華二枚組『Underground Kingz』の御紹介。もう皆様ご存知の超ベテラン、Bun BとPimp CによるデュオのUGK。UGKはそのままズバリ“Underground Kingz”の略なので御座います、知ってましたか。僕が彼らを最初に知ったのはJay-Z「Big Pimpin'」での客演にて、その後は服役していたPimp Cの分までBun Bが客演の嵐で存在感を遺憾なく発揮しておりました。そんな彼らの新作は豪華にも二枚組での発表、これは買わずにはおれませんでした。
それでは大盛りな二枚組みをちょっとずつ消化……まずはDisc 1から御紹介したいなと思います、幕開けは「Swishas And Dosha」から。Belowなる人物が製作したStephen J Rideau「From Step To You」下敷きにこのトラックが意外にもメロウでソウルフル、そしてこの風潮が最後まで続くんだから嬉しい予想外(幸運)。「Int'l Players Anthem(I Choose You)」がもう最重要で最注目曲といえる豪華さ、あのOutkastが揃って参加しているんですから。Three 6 MafiaのJuicy JとDJ Paulが製作したWillie Hutchの定番ネタ「I Choose You」をベッタリと使ったメロウトラックにOutkastはバッチリ嵌ります(冒頭のAndre 3000の滑り出しがやはり粋)。Bun Bが登場するシーンの手拍子を散りばめた転調も御見事、涙なくしては聴けないソウル曲。「Life Is 2009」はあのScarfaceが製作を担当、ゲストにはToo $hortが参加、ゆったりとした土臭いノリがなんとも素敵。なぜか先に登場する「Like That(Remix)」(Below製作)はなかなか秀逸、シャララララン♪な感じの音がなんか僕は好き(笑)。なんとPimp Cが製作を担当した「Underground Kingz」もなかなかソウルフルな作りで僕の好きな路線、もっとスクリューごり押しの泥臭い曲を手掛けると思ってたのに(驚)。と思っていた矢先に飛び出す超スクリューな「Grind Hard」はドロドロで正にサウス、DJ B-Doe製作でD.O.E.とそのDJ B-Doeが客演で参加しています。「Take Tha Hood Back」ではSlim Thug、Vicious、Mddl Fngzと大所帯で攻撃、The Runners製作のトラックはいつも通り緊張感あって格好良過ぎです(痺)。「Quit Hatin' The South」は再びPimp Cが製作を担当、これまたBemnny Latimore「Let's Straighten It Out」を下敷きにしたメロウ路線で泣ける。しかもゲストにはあのCharie WilsonとWillie Dを迎えているんだから間違いないです、熱いに決まってます。「Heaven」もPimp Cによる製作なんですがこれもなかなかどうしてメロウで素敵なメロディ踏襲系、Pimp Cの甲高いラップ(Bun Bと好対照)と歌う様な流れるフックが哀愁たっぷりで痺れちゃいます。「Trill Niggas Don't Die」ではサウスの歌える輩Z-Roがゲスト参加、なかなか良い声していてコレも上手く出来た一曲で僕は好きです。
それではそのままDisc 2の内容を御紹介、怒涛の攻撃はまだ続くのです。「How Long Can It Last」はPimp Cが製作を担当し、再びCharie Wilsonおじさんが登場します。One Way「Something In The Past」を下敷きにしたドラマチックなトラックに、Charie Wilsonの緑茶の如き渋い歌声が目頭熱くさせます。「Still Ridin' Dirty」は再びScarfaceが製作を担当、ここで満を持してScarface本人がマイクで援護射撃してくれます。さすがはサウスの首領Scarface、相変わらずの野太い声で場を引き締めます。「Stop-N-Go」はJazze Phaが製作を担当した彼らしい隙間活かしたちっちゃなバウンス曲、Jazze Phaによる相変わらずの脱力系ボイスも相俟って良い感じに仕上がっています。「Cocaine」はThe Blackout Movementなる人物が製作した土埃舞う燻し銀過ぎる静寂の一曲、其処に絡むのはPimp CとBun Bの二人に負けない立派な顎髭のRick Rossが援護射撃。此処でのRick Rossの存在感は半端じゃなく凄く主役の二人をも喰ってしまう勢いの貫禄、僕個人がRick Ross好きってのを抜いてもズバ抜けて格好良い客演です(賞賛)。MoMoなる人物が製作を担当した「Two Type Of Bitches」はGradys Knight & The Pips「Daddy Could Swear, I Declear」を下敷きにしたメロウ曲、ゲストにDizzee RascalとPimpin' Kenの二人が参加しています。Raheem DeVaughnの甘美な歌声に彩られた「Guess Who Loves You More」下敷きの「Real Women」も極上(Pimp C製作、彼って上手い)、Raheem DeVaughnと共に参加しているTalib Kweliがもう神の如く嵌っていて、完全にUGKの二人のお株を奪っています(個人的感想)。Scarface製作の「Candy」は本作収録のScarface制作曲の中で一番好き、Lonnie Liston Smith「Bridge Thru Time」下敷きの爪弾くギターが哀愁漂うトラックが乙でよろし、Bun Bの渋いラップもいとよろし。「Tell Me How Ya Feel」は再びJazze Phaが製作を担当、これまた完全にJazze Pha流儀の上がって下がるシンセのトラックでいつもの如く。「Like That」ではお祭り大好きJonathan "Lil Jon" Smithが製作を担当した軽くCrunkな一曲、どっちかというと最近のLil Jonに多いロキッシュな匂いのトラックですし、Lil Jonの煽りが無いのはちょっと淋しいかなぁと。「Next Up」も本作における要注目曲、あのMarley Marlが製作を担当した渋すぎて目が眩むトラックに、Big Daddy KaneとKool G Rapという大御所の中の大御所二人が参加した一曲、僕は彼らの黄金時代をよくは知りませんが、それでもやはり興奮して鳥肌立ちます(凄)。「Living This Life」はゆったりブルージーに煙たいトラックで味わい深くて好き、Cee-Lo「Free」を下敷きにしたこの曲はN.O. JoeとJoe Scorseseの二人が製作を担当。ここからの三曲は一応ボーナストラックという扱いらしいです、これがまた豪華で見逃せないんです。「Int'l Players Anthem(I Choose You)(Chopped & Screwed)」はその名の通りチョップしてスクリューしてのサウスマナー爆発の一曲(製作は勿論Juicy JとDJ Paul)、僕はここまで来ちゃうと胃もたれ起こして消化不良になっちゃいます(苦手)。「Int'l Players Anthem(I Choose You)」では原曲のOutkastをThree 6 Mafiaに差し替えたバージョンで登場、彼らのラップも僕は好きなのでこれも味が違って面白くて好き。最後を飾る「Hit The Block」は疲れる程に贅沢、Swizz Beatz製作のバンギントラックに現代のKingことT.I.が援護射撃をかます間違いない一曲。The Notorious B.I.G.「Spit Your Game」を下敷きにしたゴリっと角張った音も無骨で面白いし、それに合わせてかいつも以上に男前に粗く畳み掛けるT.I.のラップも貫禄あって◎で御座いますよ(拍手)。

あ~~~~~~お腹一杯、ってのが正直な感想ではないでしょうか。てか僕はUGKの作品はサウス特有のあの重苦しいトラックで低く低く攻めてくると思ってたのに、蓋を開けてみればまぁソウルフルに情感詰め込むトラックが殆ど、しかもPimp C製作って事でかなり見直しちゃいました。ここ最近の活躍からも“UGKはBun Bで持っている”と思ってましたが勘違い、訂正しますゴメンなさい(陳謝)。サウス好きな方もそうでない方も楽しめる、捨て曲無しな二枚組でお買い得で御座います(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment