RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Roots「How I Got Over」
roots-howigot.jpg

Drums担当のAhmir "?uestlove" ThompsonとMC担当のBlack Thoughtによって結成された生演奏主体のHip Hopバンド、The Rootsの通算十作目となる『How I Got Over』を御紹介。移り変わりの激しいこのHip Hop業界において、その独自のスタイルを貫き不動の地位を確立しているのがこのThe Rootsですねぇ、いまだに彼らみたいなHip Hopバンドというのは現れていませんね(出現してもおかしくはないのに)。けしてキャッチーさは無いんですが、無駄や飾りを削ぎ落としたハードでコアな独特の音使いがとにかくカッコイイ、燻し銀なHip Hopを聴かせてくれるから僕も大好きです。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しますと……まずはDirty ProjectorsのAmber Coffman、Angel Deradoorian、Haley Dekleの不思議なハミングが奏でられる「A Peace of Light」で幕開け、製作はAhmir "?uestlove" ThompsonとRay Angryが担当。「Walk Alone」はTruck North、P.O.R.N.、Dice Rawとのマイクリレー、ちょっぴり暗いピアノ鍵盤のしとやかな鳴りと、モワモワしたスモーキーな歌フックが耳にじんわり残る哀愁漂う一曲。寂しげなヴォーカルにチチチチと硬質なドラムスがビートを刻むタイトなスロウ「Dear God 2.0」はMonsters of Folk「Dear God(Sincerely M.O.F.)」をサンプリング、そのままMonsters of Folkの歌声を活かしたソウルフルでクリアな一曲。P.O.R.N.とDice Rawに加えて注目若手のBluが参加した「Radio Daze」、これも?uestloveの叩くドラムスがあまりに荒涼としていてカッコ良く、彼の紡ぎ出すビートがグイグイとこのタフな世界に惹き込みます。三者三様のマイク回しも必聴でやはり味わい深い、ただただひたすらフロウを吐き出す様が神憑り的にカッコ良くて痺れてしまいます。少し柔らかなソウルフルなメロディが絡む「Now Or Never」はPhonteとDice Rawが客演参加、心地の良い流麗でいてソウルの散らばったメロディ&ヴォーカルに胸打たれる事必至、こういうメロウが途中で挟まって良かったです。ブルージーでスピーディーなオシャレアッパー「How I Got Over」もカッコイイの一言に尽きる(惚)、客演にはDice Raw参加。ドカドカと叩き突き進むメロディアスでファンキーなトラックが最高に痺れます。亡きDillaへと捧げたであろう美しい「DillaTUDE:The Flight Of Titus」を経て流れ込む「The Day」も柔和で煌びやかで美しい、客演にはBluとPhonte、女性シンガーのPatty Crashが参加。ちょっぴり浮遊感のあるメロディも?usetloveのドラムスで引き締まって聴こえるのでキッチリHip Hopしてて、それでいてPatty Crashのネオソウルっぽい鼻から抜ける様なヴォーカルが耳に残るミッド曲。Joanna Newsom「The Book Of Right On」使いでJoanna Newsomが客演の「Right On」、原曲の持つどこか掴めない不思議な感覚の酩酊感にThe Rootsの音が混じってHip Hopを象っている感じが面白い、客演のSTSがまたネチっと鼻声の甲高いラップで援護射撃していてなかなか良いです(注目)。John Legend「Again」を思い切りサンプリングしヴォーカルもモロ使いした「Doin' It Again」はもはや続編曲、John Legendの持つまろやかな渋味&流麗なピアノ旋律をそのままにタフで鋭いBlack Thoughtのラップが鬼のごとくカッコ良く乗っかる一曲(惚)。そして続く「The Fire」ではそのJohn Legendを客演召還、ゆったりと溜めを作って揺らすビートとピアノ&オルガン鍵盤が武骨でファンキーで黒く光る、そこにJohn Legendのザラザラとした感触の煙たい歌声が無機質に絡むソウルフルな一曲。ブパブパブパブパと上がってゆく電子音が面白いしナイスアクセントな「Tunnel Vision」を挟み、キリキリとエッヂの効いたスクラッチっぽい電子音の連続が先鋭的な「Web 20/20」がマジでカッコイイ(失神寸前)。僕が好きなPeedi PeediとTruck Northを客演に迎えてゴリゴリにマイクを回す攻撃的な一曲で、エレクトリックな刺激が最高に痺れるガチアッパーで斬れ味抜群です。最近よく聴いた楽器ブブゼラみたいなブイーー音が耳にこびり付くドロっと重たい「Hustla」、STSの上空を飛ぶ甲高いラップが最高にハイで気持ち良いんで好きですよ(惚)。

やはり今回もThe Rootsでないと描けない(創れない)世界観をバッチリ表現していて、唯一無二な生のHip Hopを聴かせて頂きました(御馳走様)。Black Thoughtも勿論カッコいいし好きだけど、客演参加のDice Raw(常連)やPhonte、Blu、Peedi Peedi、STSなんかもかなり良い仕事していましたねぇ。特に僕が応援しているPeedi Peediにはもうちょっと出番を増やしてほしいです、もっと言えばちょっとソロも聴いてみたい(我侭)。この流れでいくとThe Rootsがガッツリ関与しているという、John Legendの新作もかなり気になりますよねぇ。The Rootsの生演奏の息吹を聴いて、部屋でライブ感覚を味わってください。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment