RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Drake「Thank Me Later」
drake-thank-me-later-coverart_20100629214432.jpg

Lil Wayne率いるYoung Money軍団の看板スターにして、現Hip Hop界最大の新人王Drakeのデビューアルバム『Thank Me Later』を御紹介。デビュー前からこれだけ話題になるMCというのもかなり稀、デビュー前にJay-ZやAlicia KeysやMary J. Bligeなどの大物から客演依頼されるほど(驚異)。しかしDrakeの無料(!)MixTape『So Far Gone』の完成度を考えれば当然の結果、ちなみにDrake『So Far Gone』のジャケットが物凄くカッコ良かったから、本作もあんな感じに仕上げて欲しかった(願望)。
それでは期待度特大で発表された本作に簡単に触れますと……まず本作を語る上で重要なのは製作陣、Drakeの盟友といえるNoah "40" ShebibとBoi-1daがそれぞれ多くの楽曲を手掛けています、これは嬉しい限りでした。しんみりと静かに流れる優しい煌めきシンセに硬質なドラムス&ピアノ旋律がしっとり絡む「Fireworks」、製作はNoah "40" Shebib(Co製作をBoi-1da)が担当。パンパンと遠くで上がる花火の音、そんな花火が散った後に感じる寂しさみたいな感覚が渦巻く深夜系のトラックがメロディアス。Drakeの蛙っぽいラップも良いけれどやはりまったりトロンと歌うまろやかヴォーカルが素敵、この切り替えがDrakeの最大の魅力。しかもこの曲ではAlicia Keysが客演参加、Alicia Keysの艶っぽくも滑らかな歌声がまたオシャレで儚げでたまらない(惚)。Drakeが舞うような柔らかな歌声をエフェクト掛けてよりフワッと軽く仕上げた「Karaoke」はFrancis & The Lightsが製作を担当、無機質に鳴り続けるドラムスにプアプア鳴る電子鍵盤が浮遊感たっぷりのラヴソング。Noah "40" Shebib製作の「The Resistance」も真っ黒なバックに星が輝くような宇宙空間を彷徨うような、不思議な感覚になってしまう浸透系メロウ。Boi-1da製作の劇的なストリングスが尖った鋭い感触を作り出しているソウルファンクな「Over」、DrakeがLil Wayneにも似たへばった蛙声で攻撃的なラップを繰り出す沸々と滲む自信を繰り出す一曲。「Show Me A Good Time」はKanye Westが製作(Co製作にNo I.D.)、ピアノループに変てこな早回し声をもループさせたKanye Westらしいレトロな味わい深い灯りも見え隠れするメロウ曲。「Up All Night」はBoi-1da製作のドカドカと重ためのビートが渦巻くダークな一曲、レーベルメイトのNicki Minajが肝の据わったクールなラップで援護射撃を放つのもカッコ良くキマっています。「Fancy」はSwizz Beatzが製作を担当(Co製作にNoah "40" Shebib)、そのSwizz BetazとT.I.が客演するという豪華な共演。Ace Spectrum「I Don't Want To Play Around」を45回転早回ししたストリングス効いたキュートなトラック、Drakeに負けじとT.I.もソフトに甘く吹きかけるようなラップを披露しているのもグッド。途中で転調したまた幻想空間にトリップするような靄っぽいメロウ感もたまらなくクリーミーな口説き曲。Noah "40" ShebibとOmenが共同制作した、深海っぽい冷たさの中で光が点滅するような感覚が美しく不思議な「Shut It Down」。ここではThe-Dreamが客演参加し、共に深海にゆっくり静かに沈んでゆく感触がものすごくドラマチックで甘美で切ない(痺)。Drakeのクリーミー×The-Dreamのドリーミーが最高にメルティでスウィート、あまりに心地良く官能的なスロウジャム(溺愛)。Noah "40" ShebibとBoi-1daが共同制作の「Unforgettable」では、Aaliyah「At Your Best(You Are Love)」をサンプリング、絶え間なく鳴る打ビートに滑らかで悩ましい曲線を描くシンセが絡むしっとりと美しい一曲に溜息、しっかりAaliyahの歌声も聴けます(惚)。客演にはYoung Jeezyが参加し息継ぎ無しに近いシームレスなラップで流線的、こういうメロウでもあの煙たい声は魅力抜群です。ドロっと重たい硬質なドラムスにエレクトーンっぽい歪んだメロディが底辺を這うダークで退廃的な「Light Up」、製作はやはりNoah "40" ShebibとTone Masonが共同で製作。ジリジリ焦がすようなデンジャラスな空気のトラック、客演に大物Jay-Zを迎えて対等にやり合うDrake。Boi-1daとNoah "40" Shebibの共同制作でHank Crawford「Wild Flower」使いの「Miss Me」ではLil Wayneが参加、どちらも押し潰した様なぺチャ声でラップするところが似ている、Weezyと違いDrakeが甘ったるく歌える点がハイブリッド仕様なのかな。Noah "40" Shebib製作の「Cece's Interlude」はDrakeのスウィートで優しい歌声が酩酊気味に響き渡る、Interludeでは勿体無いクリーミー曲。シングルカットされた「Find Your Love」はKanye West製作(Co製作にNo I.D.とJeff Bhasker)、これはもうKanye West『808s & Heartbreak』の流れを思い切り汲んだ繊細で脆いラヴソング。Kanye WestよりDrakeの方がヴォーカルが冴えている分、より純度が高く濃厚で綺麗な味わいのスロウ曲に仕上がっています、Drakeはとにかく歌声が甘ったるいんです。Timbalandが製作するも重たくなく、でも引きずるような煌めく電子音&ストリングスはどこか癖ありな「Thank Me Now」も面白い。とここまでが本作の内容で、国内盤には加えて三曲のボーナス曲(どれも既出曲ですがやはり重要)を収録しています。まずはDrake人気の火付け役となったヒット曲「Best I Ever Had」、Boi-1da製作でサンプリングにHamilton, Joe Frank & Raynolds「Falling In Love(Again)」を使用。けして派手なく優雅にしとやかに光り輝くラグジュアリー曲は胸キュン必至のメロウチューンで、そこに乗せるDrakeの蛙声(だけどスウィートで可愛い)ヴォーカルが耳に優しく寄り添うのがたまらない。電子鍵盤の連なりで持っていく「Uptown」はBoi-1da製作、Lil WayneとBun Bという濃いキャラMCに挟まれてもけして喰われないDrakeはやはり存在感あり。最後を締め括るのは成功を夢見る男の心情を歌った「Successful」はNoah "40" Shebib製作、客演にTrey SongzとLil Wayneを招いたアングラ時代に生み出したとは考え難い、冷たく広大で無重力なスペイシー曲にウットリ。

うん、大物ゲストを起用するも完璧にDrake世界に仕上げた力作で御座います。Drakeの抜群のキャラ(ヘナヘナと平べったく無機質に繰り出すラップと、スウィートでまろやかに歌い上げるヴォーカルの差が病み付き)も確かに凄いですが、やはり本作にて多くの楽曲を手掛けたNoah "40" ShebibとBoi-1daの両Producerの手腕が見事で、彼ら三人の世界観がとても先鋭的で輝いていました。この三人とOliver El-Khatibで構成される“October's Very Own”の活躍にも大きく期待したいと思います、ちなみにLil Wayneと共にExecutive producersとしてクレジットされています。しっとりとした静寂の中に柔らかな光がチラチラと点滅するような、儚さや切なさがこもった繊細な楽曲ばかりで、Drakeのヴォーカルをフルスロットルで活かした、新時代到来を告げる秀逸な一枚で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment