RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

福原美穂「Music Is My Life」
miho-musicmylife-deluxe_20100622201722.jpg

アメリカ人の祖父を持つクウォーターのシンガーソングライター、福原美穂の通算二作目となる『Music Is My Life』を御紹介。皆が結構知っているのかどうか分かりませんが、コンスタントに楽曲はドロップしているし、そのどれもが映画なりドラマなりCMなりにタイアップ起用されているんで、福原美穂の楽曲を耳にしていると思います。そのキッパリサッパリとした綺麗な顔立ちも好きですし、とても日本人とは思えないそのリズム感&声量が僕は大好きで、Hip HopやR&Bでないのにガンガン車で運転しながら聴いている本作で御座います。
それでは簡単に楽曲を紹介してゆきますと……まずはZETTONなる人物が製作したThe Alan Parsons Project「Some Other Time」をサンプリングした「RISING LIKE A FLAME」 でド派手に幕開け、これがもう完璧にサンプリングの妙技を活かしたソウルフルな燻し銀ナンバーで最高に熱いッ。全編英語なのも手伝ってもう福原美穂じゃなく海外アーティストの曲と間違えそう、こういうザラッとした感触のソウル曲に福原美穂の爆発するようなヴォーカルが魂揺さぶります。続いては福原美穂が作詞作曲の爽快夏曲「HANABI SKY」、スッキリとクリアなミネラルウォーターみたいに澄んだロックチューンで、福原美穂の伸びやかで突き抜ける様な歌声が胸に響き渡ります(惚)。これだけ力強いエネルギッシュなトラックに“こんなわたしのこと、忘れないでいてよね、すぐに泣いちゃう癖も、忘れないで♪”なんて詩を乗せるいじらしさ、花火と共に散った過去の恋愛を見つめる失恋曲。キラキラと光り輝くピアノ旋律に硬質なドラムスが絡み疾走する元気なアッパー「未来 −ミライ− 」も福原美穂が作詞作曲(アレンジに亀田誠治)、ここではポジティヴなメッセージを福原美穂の弾むようなリズミカルな歌声が心躍らせ走らせてくれる、なんとも軽やかで熱い一曲でグッド。掻き鳴らすギター弦にロックなカットがクールでタフでカッコイイ「LET IT OUT -album version-」、とにかく福原美穂の歌声がパワフルでダイナミックで、こういうロックテイストの曲でもすごく映えるんです。個人的に好きなのがアコースティックな温もりが込み上げる切なさを柔らかくする「もしかして」、福原美穂が作詞作曲した究極の失恋ソング(涙)。別れた後も友達として会っている女の子の切なく悲しい気持ちをストレートに書いた等身大の詩がすごくイイんです(共感)、すごく滑らかでしとやかなメロディもすごく優しくて耳障りがよくて、聴いててちょっと涙零れそうになります。同郷である北海道出身のバンドsleepy.abをfeat.した「Apologies」、これもどこかノスタルジックで曇った音がしっとりと柔らかで、互いの感性が綺麗に重なったスロー失恋曲。福原美穂が繊細なファルセットを駆使して細く優しく囁く様に歌い上げる珠玉のバラード「Cry No More -album version-」、“もう泣かないで、あなたの景色が消えたとしても、私があなたの目になるわ♪”と歌うソウルフルなスタンダード曲で、途中の盛り上がりなんかもすごくエモーショナルで心揺さぶられる壮大な一曲(感動)。そしてBlack Musicファンにとっても嬉しい驚きとなったのが「Baby Baby」、この曲ではあのLaura Iziborが楽曲提供し客演までしているんですから(興奮)。いかにもLaura Iziborらしいレコード復元したみたいな(良い意味で)埃っぽいレトロソウルな一曲。全編英語のこの曲で福原美穂はLaura Iziborと互角に仲良く歌っていて、一時期のAlicia Keysを彷彿とさせる古き良きソウル曲を創ってくれています。そして僕のずっと大好きな一曲が「なんで泣きたくなっちゃうんだろう」、派手にホーンが飛び散りリズムがドカッドカッと響くパワフルなポップチューンが最高に気持ち良い、なのにそれとは正反対な“もっともっと!キレイになって、振り向かせたい♪”と友情から恋愛に進めない臆病な女心を謳った詩が切なく可愛過ぎる(溺愛)。そんなじれったい気持ちを見事に表現した、福原美穂のその“ん~~~っ”と溜めて放つ“もっと!もっと!”が痛快でもう気持ち良過ぎるんですよ(壷)。Christina Aguileraと張り合えるぐらいの力強さと爆発力で弾けて歌い上げるファンクロックソウル「TOUCH & LOVE」はもう独壇場、ファンキーで息荒いバンド演奏に乗っかり早口でバキバキとぶっ壊しながら歌う福原美穂は完璧なソウルディーヴァです(君臨)。福原美穂の実体験を基に書かれたハートフルな家族愛曲「Sotsugyou」、どこまでも綺麗で眩しく温かい福原美穂の歌声がどこか人懐っこくて、家族の優しさ&温かさに感謝したくなる素敵なミッド。Mariah Careyっぽい歌い方がしっとりと滑らかで美しい感謝曲「THANK YOU」、福原美穂のパワフルなヴォーカルも好きだけれどこういう繊細で滑らかなヴォーカルも好き、一気に声量が大きくなり響き渡るフックも好き。最後を飾るのは爪弾くアコギ一本に乗せて歌う弾き語り曲「あいのうた」、素直な愛情を飾り気なくストレートに真摯に歌ったラヴソング、福原美穂の裸なヴォーカルがすごく綺麗で感情を揺さぶる素敵な一曲。

福原美穂とバンドっぽさがすごくよく滲んだソウルロックアルバム、聴いていてすごくスッキリと気持ちが良いクリアな一枚で御座います。Black Music好きとしては初期のMariah Careyっぽい王道バラードとか、ガッツリとソウルフルなトラックで吠えて欲しいんですが、まぁ「HANABI SKY」や「未来 −ミライ− 」や「なんで泣きたくなっちゃうんだろう」がかなり良い出来だから、良しとします(笑)。とにかく歌が上手いし詩が可愛い、圧倒的な歌声の割りに、意外と恋愛には臆病な感じの福原美穂がなんか高感度高いです(裏腹)。ちなみに僕は初回限定盤のDVD付きを購入しました、「HANABI SKY」「LET IT OUT」「なんで泣きたくなっちゃうんだろう」「未来 -ミライ-」「Baby Baby(feat. Laura Izibor)」のPVが収録されていて綺麗で可愛い福原美穂を堪能できるのでお薦めです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment