RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Christina Aguilera「Bionic」
christina-bionic.jpg

他を圧倒するその歌声&パフォーマンス&世界観で全世界を揺るがし熱狂させる女性アーティスト、Christina Aguileraの通算四作目となる『Bionic』を御紹介。Christina AguileraといえばJustin Timberlake、Britney Spearsらを輩出した米人気番組“The New Mickey Mouse Club”出身、当初はアイドル路線だったのを2nd『Stripped』で一気に方向転換し、刺激的でセクシーでワイルドな大人の女性へと変貌を遂げよりアーティストとしてスケールアップ。その後に発売された『Back To Basics』ではHip Hop界の神様DJ Premierを迎え、古き良きソウルやジャズ音楽を見事に復元してくれました。とにかく圧倒的なパワーがChristina Aguileraの最大の魅力、そんな彼女が放つ新作はその名も“超人的な~”を意味する『Bionic』、ジャケットを担当したのはグラフィックデザイナーのD*Faceなる人物でChristina Aguileraのお気に入りなんだとか。顔の半分が機械仕掛けというのも本作の内容に大いに関係あり(しかし喉の部分には小鳥がいる)、期待は高まるばかりです。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……最初に述べておきますと全曲をChristina Aguileraが共作しているそう、やはりクリエイティブですねぇ(感心)。まずは冒頭から瓦礫っぽいドカドカエレクトロでガチガチに幕を開けるJohn HillとSwitchが共同制作(ソングライトにはDirty MoneyのKalenna Harperが参加)した「Bionic」、Christina Aguileraの弾ける様なパワフルなヴォーカルフックで“捕まえるわ、超音速電子ロケットで♪”と宣言するハイパーソニックな一曲。本作からの先行カットとなったのがPolow Da Don製作(ソングライトにEster Dean)の「Not Myself Tonight」、Polow Da Donらしいビュイビュイと美振動するダークでソリッドなシンセサイザーと打ビートがゾクゾクする様な疾走感を生み出す近未来的なスピードチューン。Christina Aguileraの爆発するような歌声も鮮烈で、クールながらも激しさも兼ね備えた一曲。本作で早くも僕のお気に入りなのが同じくPolow Da Don製作(ソングライトにEster Dean)の「Woohoo」、客演には今人気No.1な女性MCのNicki Minajが参加という強力チューン。クラップを散らばせたガチャガチャ破壊しながら突き進む電子トラックにカッチリと固めにキメるChristina Aguileraのハリのあるヴォーカル&繰り返す“うッうー♪”フックが耳にこびり付いて離れない、そこに絡むNicki Minajのじっとり舐め上げる様なラップも小悪魔キュートでこのタッグはなかなか相性抜群でグッド(惚)。John HillとSwitchが再び共同制作したKati Kovacs「Add Mar, Uram Az Esot!」をサンプリングした完璧ロボット化したテクノポップチューン「Elastic Love」、ここまでするとChristina Aguileraの超絶的なヴォーカルもフラットにされて威力半減でちょっと萎える(愚痴)。ドカドカとキックする四つ打ちビートにウネウネと曲線を描くシンセラインが流麗なスパニッシュ混じりな「Desnudate」はC. "Tricky" Stewartが製作、ここでもダークでソリッドな近未来的な電子光線で妖しく光るも、あちこちにラテン風味も効かせる事でちょっと違った味わいに仕上げているのが彼らしくトリッキー(褒)。無機質にキメたフックに鮮明に吠えるChristina Aguileraのヴォーカルが最高に熱い、“おーおおーお♪”だけであれだけ破壊力発揮するのは彼女ぐらい。C. "Tricky" Stewartは続く「Glam」も製作、シンプルに上下する電子グルーヴに無感情に囁くようなヴォーカルと透き通るようなフック、完璧な機械仕掛けかと思わせつつもどこか生身のChristina Aguileraの感情も剥き出しになっている好楽曲。「Prima Donna」もC. "Tricky" Stewartが製作を担当、ここではもうチカラ漲るChristina Aguileraが高々と“私はプリマドンナ、世界だって支配できる♪”と歌い上げるフックが痛快で最高に気持ち良いッ。“夜通し愛し合っても朝にはセックスを♪”と歌う刺激的な詩が彼女らしい「Sex For Breakfast」はFocus...が製作(ソングライトにNoel "Detail" Fisher)、ピアノ鍵盤のほろりと鳴る音に絡む滑らかで悩ましいシンセ曲線、そこに優しく美しく絡みつく吐息混じりなフックがすごくセクシーで綺麗な艶スロウ。Christina Aguilera作品ではもう御馴染みのLinda Perryが製作のアコースティックな「Lift Me Up」はまた純朴で飾り気無しの真っ直ぐなラヴバラード、深々と切々と心を込めて丁寧に歌い上げるChristina Aguileraの歌声に心底抱き締められます(癒)。息子への惜しみない愛情を歌ったレトロスロウ「All I Need」はSamuel Dixon製作(ソングライトにZero 7のSiaが参加)、ちょっぴり曇ったメロディと慈しみ深いその歌声に心に染み渡ります。Samuel DixonとSia Furlerは続く静かで煌びやかな雪ピアノスロウ「I Am」、暗く悲しみに満ち溢れた細く繊細なピアノ弾き語りに失恋曲「You Lost Me」の二曲も製作。特に後者はとても儚くて悲劇的で胸を締めつける、Christina Aguileraの今にも泣きそうな恨めしいヴォーカルも心臓に突き刺さります。“男なんて大嫌い、男なんて最低よ♪”と吐き捨てるエレクトロダンスチューン「I Hate Boys」、Rihannaが歌っていそうな曲だけれどまぁノリは良いから好きです。製作はPolow Da Don(ソングライトにEster Dean)が担当、サンプリングにElektrik Cikernut「Jungle Juice」を使用。Peachesを客演に招いた「My Girls」はLe Tigre製作、これはもうピコポコと電子音がキュートに交錯するエレポップチューン。ギュイギュイと唸りを上げてつんざめく尖ったシンセサイザーがソリッドで格好良いサイボーグチューン「Vanity」はEster Deanが製作、Christina Aguileraの挑発的なヴォーカルがエロくて偉そうでサディスティックでカッコイイです(惚)。とここまでが一応本作の内容で、国内盤はすべて“Deluxe Edition”として更に5曲を追加収録しております。ピコピコと宇宙船っぽい電子音ながらもどこかノスタルジックなメロディが渋くて耳馴染みの良い「Monday Morning」、パチパチな弾けビートに“わーわーわーわー♪”なフックが病み付き度満点のアッパー「Bobblehead」はJohn HillとSwitchが共同制作(共にSantigoldがソングライト関与)。ダークなメロディが充満するドロっと重たい「Birds Of Prey」はLadytron製作、これは他とはまた違った味わいでエレクトロの幅広さを感じさせる一曲。恋人に与えられた傷口が熱を持ちたまらず吠える別離曲「Stronger Than Ever」はSamuel DixonとSia Furler製作、静と動が激しく入り乱れる圧倒的なエモーションを浴びせる悲恋バラード。最後にはちょっとだけいじったあまり違いの分からない別バージョン「I Am(Stripped)」を収録。

うん、けして悪くない出来なのは確かなのですが、やはりちょっと物足らない気もしますねぇ(辛口)。エレクトロを意識した一枚という意味では、サウンドプロダクションも超一流で隙が無く、すごく先鋭的な一枚に仕上がっている事もよく分かります。しかしそのエレクトロチューンだとChristina Aguileraの凄まじい(それこそ“Bionic”な)歌声が無機質に加工されていて、それだけ旨味が逃げちゃっている気もします(残念)。勿論Christina Aguleraが歌声をずっと抑え込む事は不可能なので、きちんとパワフルヴォイスも飛び出しはするんですが、もっとガッツリ聴きたいというのが本音です(欲望)。Lady Gagaがどうのこうのというのはこの際抜きにして、本作はエレクトロ濃度とChristina Aguileraとの相性が難しい点だったかなぁと。でも純粋にエレクトロな一枚として考えればかなり高品質な一枚なので御安心ください、その点は保証します。つまりは“エレクトロ”というカテゴライズに“Christina Aguilera”というブランドが収まり切れないんですよねぇ(困惑)、もっと聴き込めばもっと中毒起こすだろうしけして嫌いじゃないですが、やはり賛否両論は分かれそうな一枚でしょう。でも聴かないのは絶対に損します、スルーするのは絶対に危険です(警告)。
スポンサーサイト



Comments

とてもわかりやすい解説で驚きました。
Re: タイトルなし
ミミさんコメント有り難う御座います★
いえ、全然意味不明な感想です。感覚だけで申し訳ないです(笑)。
良かったら、また遊びにきてください★

Leave a Comment