RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nas & Damian Marley「Distant Relatives」
nasdamian-distant-relatives.jpg

N.Y.を代表する孤高の詩人Nasと、天才Bob Marleyの血を受け継いだDamian Marleyが手を組んだ初合作『Distant Relatives』を御紹介。NasとDamian Marleyと言えば、Damian Marleyのヒット作『Welcome To Jamrock』収録の「Road To Zion」で共演済み。その時すでに相性の良さは証明していて、本作の中でも繰り返し僕が聴いていたのはこの共演曲だった気がします。以前からコラボアルバムを創る構想は囁かれていて、僕は正直にいうと半信半疑だったんですが遂に実現しましたねぇ。僕は普段からRaggaeなんかは全く聴かないのでスルーしようかと思っていたんですが、いざ店頭に並んだ本作を見たらNas目当てで購入してしまいました(愛好家)。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しましょう……まずはDamian "Jr.Gong" Marley製作のズカズカ突き進む速攻Raggaeなラガ曲「As We Enter」で派手に幕開け、NasとDamian Marleyが素早く交互に入れ替わりラップするんですがコレが凄く綺麗でキマッてて、改めて相性の良さを痛感します。本作の殆どをDamian Marleyが制作しているので、まずはその楽曲群から触れますね。アフリカ大地の息吹を感じさせる力強い踏み太鼓ビートと、後ろで聴こえる多くの合いの手が民族音楽っぽさを演出する「Tribes At War」。K'Naanを迎えた事で一層とアフリカ色の強いトラディショナルなトラックながらNasは全く違和感無し、それぞれがギラギラした魅力を放っていてすごく刺激的な一曲。冒頭を心臓の鼓動にストリングスとピアノで飾る「Strong Will Continue」はダークでドラマチックな一曲、どこかブルージーでロックっぽいアレンジが刺々しくてザラザラした感触のハードな一曲。完璧アフリカンなカラっと乾燥した風が吹くマッタリとグルーヴィーな哀愁曲「Friends」、抑えた声で情感たっぷりに歌い上げるDamian Marleyの歌声が心に沁みるし、Nasの真摯にぶつける生真面目なラップが硬派でカッコイイ(惚)。かと思えば「Count Your Blessings」では心地良い風が髪に絡まる晴れ晴れとした爽やかなメロディが耳を癒すギャップに完敗、青空の下で思い切り伸びをしながら聴きたいサンシャイン曲でグッド。映画のワンシーンを切り取った様なスリリングな曲展開に鋭い二人のヴォーカルが劇的に映える「Dispear」、緊張感走るこの躍動感がひとつの神話を物語っています。Dennis Brown「The Promised Land」を下敷きにし、そのDennis Brownも客演に招いた「Land Of Promise」はゆったりとレイドバックしたRaggae曲。歪ませ加工した瓦礫っぽいサウンドが荒涼としてHip Hopテイストな「Nah Mean」はNasっぽさを感じる硬派な一曲で、Sara Chaves「Kurikute」をサンプリングしたDamian MarleyのProduce能力の高さを感じる一曲。Amadou & Mariam「Sabali」をサンプリングした「Patience」、静けさと悲劇っぽさが入り混じったシリアスな一曲でこの二人の独壇場。そして本作最大の注目曲はやはり「My Generation」、客演にはLil WayneとJoss Stone(なぜか記載無し)というなんとも豪華な一曲。子供達のコーラスがとても可愛くてピースフル、そこに温もりたっぷりに情熱的にシャウトするJoss Stoneの歌声がまぁなんとも綺麗。Damian Marley、Nas、Lil Wayneと流れるマイクリレーも個々の個性が光り輝く愛に溢れた一曲。クラシックピアノ鍵盤と静かに打たれる打楽器が柔らかくしなやかなメロディを紡ぐエモーショナルな「Africa Must Wake Up」はK'Naan客演、ここではもうNasが切々とラップを説いていくのがただただ神憑りでカッコイイの一言に尽きます。これら以外にはDamianの兄貴であるStephen Marleyが製作した曲が二曲、どちらにもStephen Marleyが参加しています。哀愁漂うスモーキーな「Leaders」、これはなかなか。しかし素晴らしいのが、爪弾くアコギに清涼な澄んだメロディが流麗に流れる美しき大地曲「In His Own Words」ですね。フックでのマッタリとした歌声とハンドクラップ、そこから転じてNasがラップする時にはガッチリ硬めのビートで攻めるんですが、徐々に雲が切れて晴れ間が見えるような晴れやかさが気持ち良いんです(爽快)。

南アフリカでW杯が開催されている今、本作は裏のテーマソングに決定で御座います。NasとDamian Marleyという事で明るく陽気って事が無いんですが、殺伐とした中に見える哀愁みたいなのが格好良くて、ルーツを辿ったアフリカ音楽っぽいアレンジもしっくり来ている好作品だと思います。思ったよりRaggaeっぽくはないアフリカライクな一枚で僕としてはかなり聴き易かったですねぇ、NasとDamian Marleyの相性も抜群で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment