RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil Jon「Crunk Rock」
liljon-CrunkRock.jpg

独自の音楽スタイル“Crunk”を提唱し大流行させたお祭り騒ぎProducer、Lil Jonの待望のソロデビュー作『Crunk Rock』を御紹介。か~な~り~以前から発売のアナウンスがされていた本作、もう絶対に聴けないんだろうと諦めていたらいきなりサックリ発売されていましたねぇ(嬉)。最初こそLil Jon一派のあのウルサイ騒ぎは耳が受け付けなかったんですが、そのうちにやはり段々と慣れるものでして(笑)。まぁでも極めつけはLil Jon & The East Side BoyzとYing Yang Twinsが組んだ「Get Low」、そしてやはりUsherの特大メガヒットクラブバンガー「Yeah!」ですね(双璧)。客演の印象が強いLil Jonなだけに、いきなりのソロ作(Lil Jonの登場自体がかなり御無沙汰)にちょっと期待しちゃいますねぇ。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……最初に述べておきますと、全ての楽曲製作にLil Jonが参加(外部Producerの場合はLil Jon共同制作)しています。まず幕開けを飾るのは「Throw It Up, Pt.2(Remix)」、Drumma Boy製作のシリアスでヒリヒリ冷たいトラックにLil Jonのガミガミ声が炸裂する彼らしいスタート(笑)。客演には最近露出の多いWaka Flocka FlameとPastor Troyが参加、皆が男臭くてもうタフの塊となっています。KEなる人物が製作した「Fall Out」は三人組(Strap、Ali、Quez)Travis Porterが客演参加、ドローンドロンとグドグドな真っ黒ループでジリジリ迫るトラックはサウス全開。ここでは噛み付く様に吠えるLil Jonとは対照的に、Lil Wayneばりにヘロヘロと舐め回すようなTravis Porterのちょい抜けた毒ガスみたいなラップが充満して中毒性高くて、このフックと言いTravis Porterの魅力が完璧に惹き出されています(注目)。ベキベキとへし折る様な電子音が尖っててCrunkしている「G Walk」はShawty Redd製作、客演には意外にもあのSoulja Boy Tell'Emが参加。ビービビビーと単調に鳴る電子鍵盤に合わせて例の踏みしめる様なフロウでリラックスして決めるSoulja Boy、意外ながらもこの組み合わせはなかなか味があって(静と動な感じで)イイ、この曲にSoulja Boyを起用したのが巧く機能しています。Stephen MarleyとDamian "Jr. Gong" Marleyが揃い踏みで参加したのが「On De Grind」、Drumma Boy製作のトラックはちょっぴりRaggae風味ながらもどこか電光石火でCrunk趣味が垣間見れます。Lil Jonの唸って力むラップとは対照的に、二人のまったりと煙たく構える歌声が上手く溶け合って面白い味わいを生み出しています。Lil Jon製作の「Killas」では暑苦しくブチ切れたシャウトするElephant Man、クールにやさぐれた声で切り裂く様なラップをかますGame、鉄ハンマーの様に重たく破壊力のある野太いラップで突っ切るIce Cubeと濃~~~過ぎる面々が参加(笑)。しっかしコレが綺麗にキマッていて、思い切りハードロックで暴れたトラックもカッコ良くてコレが“Crunk Rock”なんだと認識。ビヨビヨビヨビヨとうねる電子音にドカドカと太鼓音がぶつかるシンプルながらも中毒性が高い不思議ビート「Get In Get Out」はCatalyst、Lil Jonのラップも途切れながらなだけに聴き易いPSA的な一曲で(簡単にリピートするタイトルフックも)逆に耳に残る。DJ Montay製作の「Pop Dat P***y」ではBlazedなる男性シンガーが客演、思い切りCrunkしたエネルギッシュなガチシンセ曲にLil Jonの熱い咆哮とBlazedの爽やかな加工歌声がイイ感じ。大きく持ち上げて振り落とすフックがたまらない破壊力で辺り構わず蹴散らす「Outta Your Mind」が最高に痛快ッ、製作&客演には新鋭デュオのLMFAOが参加。音数少なくブツ切りな電子音の応酬、途中で聴こえる宇宙人みたいな声、とにかくLil JonとLMFAOが元気一杯にドカンドカンと地響き鳴らして暴れ回る破壊曲、ストレスなんか一気に吹き飛びます(爆発)。叩きつけるこもった打ビートに宇宙船みたいなピコ音がクールで尖っている「Ride De D」はLil Jon製作、しかも客演には旧知のYing Yang Twinsという事でオーソドックスなCrunkチューン(興奮)。ループするビート&フックが病み付きでこのサイケで疾走する感覚もたまらなく痺れる、Lil JonにYing Yang Twinsだからもう間違いなしの相性で一緒に踏み荒らします(卒倒)。そして本作の注目曲は間違いなくDrumma Boy製作の「Ms Chocolate」ですね、だって援護射撃にR.KellyとMarioの二人を起用しているんだから(失神)。キューンと光線発するキラキラ輝くブライトなシンセチューンはすっきり爽やかで鮮やか、そこにR.Kellyのねっとり悩ましい歌声とMarioのミントみたく爽やかな歌声がスーッと並走する完璧なR&Bチューン(惚)。民族的な細かく叩き散らす打楽器ビートと共に爆走するスピードチューン「Like A Stripper」はLil Jon製作、追いかけ式に疾走するLil Jonのラップ&合いの手も面白いし、客演には甘酸っぱい歌声が綺麗なPleasure PとShawty Puttも参加でもう勢いが止まりません(衝突)。嵐の音で始まりスナップが湿って響く艶やかなスロウ「Moist」は、Lil Jon製作で御馴染みの女性シンガーOobieがしっとり美しい歌声で鼓膜を濡らしてくれます(色香)。続いてもLil Jon製作でNaadeiなる麗しくセクシーな女性が囁き歌声で参加したハウステクノな「Every Freakin Night」も面白い、Jodeci「Freakn' You」をエレクトロにオーバードーズさせた妖しく光るロボ曲。Steve Aikoなる人物が製作したこれまたテクノっぽい打ち込みビートが炸裂する「What A Night」、男性シンガーソングライターのClaude Kellyが歌声参加したドコドコテクノで、程よく涼やかで熱気も帯びたナイスチューン。既出曲であるが収録されて嬉しかったのがLMFAO製作&客演の「Shots」、常夏な振動シンセの炸裂にとにかく飛んで叫んではしゃいで盛り上げるLil Jonが面白過ぎる(笑)。ただただ“ショッ!ショッ!ショッショッショッ!”と繰り返し叫んで煽るフックが馬鹿らしくて好き、もうこれは逆らわずに押されるがままに跳ねて叫んで盛り上がるしかないパーティーチューン(阿呆)。ラテン風味抜群で常夏なサマーアンセム間違い無しの「Work It Out」はチカーノのPitbullが参加、夏には持って来いですね。これまた灼熱スパイシーな「Machuka」はKassiano製作、Mr.CatraとMulher Fileが客演参加の腰振りダンサブルな南国曲。白人エレクトロハウスグループの3OH!3と共演の「Hey」はあのDr.Lukeが製作、Lil Jonの暑苦しくウルサイのを3OH!3がさっぱりクリアに潤していてそれが素敵な化学反応、ここまでエレクトロハウスなのも振り切ってて面白い。

思った以上にバラエティに富んでて、意外と聴いていて飽きません(失礼)。そこはLil Jonの魅力というよりゲスト陣の配置が面白かったからかもしれませんね、多くを外部Producerと共同制作したのも良かったのかもですね。あのLil Jonまでがエレクトロに手を出してしまうのはちょっと悲しいですが、まぁそこはキャラの強過ぎるLil Jonがやるとある程度Lil Jon風味が損なわれていないので良しとしましょう(笑)。ただ振り幅という意味では真っ当なR&Bスロウなんかをやってくれたら嬉しいかな、Lil Jonは意外とそういうの上手いし。そういう意味で今度はR&B勢との絡みを熱望します、しかし本作はこの夏聴くにはかなりお薦めなガチアゲな一枚で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment