RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toni Braxton「Pulse」
tonitonibraxton-pulse.jpg

魅惑のアルトと美貌で男性R&Bファンを魅了し続けるベテラン、Toni Braxtonの通算六作目となる『Pulse』を御紹介。前作『Libra』からはおよそ五年ぶりという事でかなり久しぶり、しかしこうやって作品をドロップし続けているだけでもこの業界では凄い事。Mint ConditionのKeri Lewisと結婚、二人の男の子も授かっていましたが離婚してしましました(悲)。そこで浮上した相手が有望な若手Trey Songzだったりと話題には事欠かなかったせいか、そんなに久々には感じませんでした(苦笑)。いつも大胆なファッションでも楽しませてくれるToni Braxton、しかし彼女の最大の魅力はあの低く柔らかな歌声、僕も大好きな女性シンガーの一人です。
それでは気になる内容を御紹介……まずは最近のR&Bでよく聴く純白系の壮大な美スローバラード「Yesterday」はFrank Eが製作(Vocal ProduceにHarvey Mason, Jr.)、ジワジワと染み渡る恋愛感情の衝動がたまらなくドラマチックで奥が深く、Toni Braxtonの少し低いコク深いアダルトで艶っぽい歌声が最高に映える別離曲。“あなたは完璧に過去♪"と繰り返すキッパリとした女性らしい別れ言葉も、成熟した女性Toni Braxtonが歌うとより説得力があります。Lucas Secon製作でEvelyn Champagne King「We're Going To A Party」を下敷きした「Make My Heart」、派手なホーンと電子音が砕けて飛び散り輝く最高にホットなアッパー。このガチャガチャ感がたまらなく興奮するしToni Braxtonの吠える様な歌声がたまらなくカッコイイ、あとは途中の“だだだんだんだんだんだん♪”は一緒に思わず口ずさんでしまいますねぇ(単調)。OakとHarvey Mason, Jr.が共同で製作を担当した「Hands Tied」、美しい曲線を描く純白の銀世界を歩くような不思議な純白さと魅力が奥行きを感じさせるラヴバラード(惚)。“両手を縛られてもあなたをを愛する事が出来るわ♪”と謳う真っ直ぐで強い愛とセクシーな艶っぽさが混じった詩も素敵、Toni Braxtonの歌声がすごく官能的でたまりません(溺)。Delta Goodremの同名曲をカバーした壮大で力強く聡明な美曲「Woman」は製作&アレンジにSteve MacとDavid Fosterが参加(Drums MixにTroy Taylor)、女性の凛とした輝きと真っ直ぐな想いをToni Braxtonが全て飲み込み吐き出す様に歌い上げる、感動のバラードに息を呑むばかり(惚)。Busbeeなる人物が製作したアコースティックな切なく悲しいちょっぴり暗いトーンのスロウ「If I Have To Wait」、黒さこそ全く有りませんがToni Braxtonの低くしなやかな歌声が胸を詰まらせる悲恋の一曲。再びLucas Seconが製作した「Lookin' At Me」はカラフルで柔らかな電子音がキュンキュンと跳ねるブライトなドカドカ曲、アッパーなんだけれど艶やかさとしなやかさを上手く兼ね備えた近未来ポップチューンで好き、この跳ね具合はどこかSwizz Beatzっぽい乗り。爪弾く弦のメロディラインが颯爽と吹き抜ける「Wardrobe」はDernst "D'mile" Emile IIが製作を担当、Ne-Yoっぽいスッキリクリアな爽やかメロディが印象的。Harvey Mason, Jr.が製作したドラマチックな波が押し寄せ聴き手を気持ちを奪ってゆく雄大なスロウ「Hero」は聴いていて凄く胸を打たれる、Toni Braxtonのどこまでも深く堂々とした歌声が押し寄せるように響き渡る圧倒的な純白系バラードです(深々)。爪弾くアコギの優しく温かなメロディに思わず昔のToni Braxtonを思い出す「No Way」はMichael Warrenが製作、“あなたを傷つけるなんて絶対にしないわ♪”と優しく歌うToni Braxtonの母性溢れる歌声に柔らかく包まれる美スロー。続いてもキラリ輝く綺麗なピアノイントロが麗しいChuck Harmony製作の「Pulse」、これもすぐに劇的で力強いメロディに圧倒される壮大なバラード。最後を締め括るのはHarvey Mason, Jr.が製作した流線形のシンセをしなやかに絡ませたピアノ美曲「Why Won't You Love Me」、時折に細いファルセットで触れるように奏でるToni Braxtonの歌声がただただ美しくて、“どうしてあなたは私が望むように愛してくれないのか教えて♪”と歌う詩も重なって思わず涙が零れそうになる極上のバラード(クレジットが無いけれど途中の男性の返答ヴォーカルが素晴らしい)(溺愛)。ここまでが本編、これに加えて国内盤には二曲のボーナス曲を追加収録でコレが聴き逃せない。まずは噂のTrey Songzを新たに迎え、濃厚で濃密なデュエットを繰り広げる「Yesterday(Remix)」はTroy TaylorがRemixを担当。原曲よりもより軽やかに煌びやかさが増加したメロディラインに二人の大人な絡みがすごく色っぽくてムード満点。“あのベッドの上に巻き戻せたらいいのに♪”と歌う色香と切なさが入り混じる「Rewind」はBrody Brown製作、これもしなやかさと品格が漂うアダルトな一曲で、Toni Braxtonのただただ情深く滑らかなアルトヴォイスが撫でるように響くミッド曲。

う~ん、やっぱり数多くいる女性シンガーの中でもToni Braxtonの歌声は唯一無二の存在感を放っています(魅力的)。あの時に男性と間違えてしまいそうな程、低くお腹に響く歌声がたまらなくセクシーで官能的で美しい(溺愛)。しかもその歌唱力はいつまでも健在で抜群、やはり90年代を生き抜いたディーヴァ達は違いますねぇ(貫禄)。イマドキなメロディも配しながらも後半では一昔前のToni Braxtonっぽい曲もあったり、安定感のある聴き易い一枚に仕上がっていると思います。大人な女性が大好きな男性陣にはかなりお薦めです(笑)、ちょっぴりエローい気品がたまりません(褒言葉)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment