RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「XXL's 10 Freshman for '10 Mixtape」
freshman-mixtape-cover-300x300.jpg

XXL誌が選出した2010年イチオシのMCのFreestyle曲を収録した無料Mixtape『XXL's 10 Freshman for '10 Mixtape』を御紹介。僕は英語が分からないので記事内容もよく把握できませんが、Eminem周辺でのMixtape仕事でもよく知られるDJ Whoo Kidの監修で、今年大躍進を期待される注目MC達のFreestyleをキッチリ収録という事で、これは絶対に聴いてチェックして、自分のお気に入りのMCを見つけておく大チャンスで御座います(幸運)。
それではMixtapeという事で簡単に御紹介……勿論Mixtapeなのでクレジットが一切無し、製作とかサンプリングとかの情報は一切ありません(悲)。まずはゴーストチックなオルガンメロディが暗く切り裂く「Old Skool Chevy」はJay Rock、力技に近いしゃがれたラップが焦げ臭く剛でなかなか聴き応えのある声質。Jay-Z「Where I'm From」のビートをそのまま使った「Angels Freestyle」はPill、薄めの声で淡々と繋げるフロウはなかなかソフトながらも冷静でシンプルイズベストなタッチ、最後にはMichael Jackson「Thriller」でのVincent Priceのあの不吉な笑い声が響きます。ギュイギュイとひねりながら侵食するダークシンセが癖のある「When They Talk About Me」はNipsey Hu$$le、ライトで軽やかな鼻声でメロディアスに流暢に滑らすフロウはなかなか面白い。どこか神妙な映画のワンシーンを思わせるシリアスなトラックにビート&悲鳴がぶつかる「I Need To Know」はFashawn、抑揚少なく冷淡に鋭くも平坦に攻めるラップはどこかMobb Deepっぽい不穏さ。硬質なドラムスビートにスクラッチ&ホーン&捻れシンセが絡む90年代Hip Hopを感じさせるざらついた「Born To Roll」はFreddie Gibbs、硬派で筋肉質な厳ついラップがゴリゴリしていて正にパンチの効いたラップを投下して来ます(爆破)。シンセサイザーが緩やかに交錯するダークナイトな電子曲「G-d Up」はWiz Khalifa、T-Painに通じるような甲高い声で上空のメロディを辿るユラユララップ&歌っちゃうフックが病み付き度高しな一曲。どこかで聴いた事のある感傷的で悲しげなピアノ旋律に水音が流れる「Who's World Is This」はJ.Cole、Nasっぽいラインを聞かせながら抑えた声で時折メロディを撫でる優美なラップは相変わらず魅力あります(惚)。シャウトを短く切ったトラックで単調なバウンスを紡いだ「4 My People」はBig Sean、どことなくFabolousの通じる様なマッタリと迫る鼻声ラップが静かなだけにじわじわ効きます。明るくブライトなメロディ&シンセが地味に可愛くてハッピーな「Thinkin' Bout You」はDonnis、冒頭でヴォコーダー使いながらも上昇気流に乗ってどこまでもハイな気球ラップはOl' Dirty Basterd的な愉快さがあって面白いかも。2Pacが登場しそうなウェッサイ風のPファンク「Youz A Hole」は再びFreddie Gibbs、ゴツゴツなくせしてフックでは男臭くも滑らかに優しく歌ってしまうFreddie Gibbsが憎いッ、こういう腹に響く低音ラップも僕は好物なんでたまりません(惚)。銃声バンッなギャングチューン「Welcome To Watts」は再びJay Rock、Jay Rockもやはりゴロツキ風なしゃがれ声でジリジリ焦がす煙たいラップで男臭い。45回転早回しなソウルフルチューンが爽やかな「The Hustle」、そんな45回転をフルに活かしてメロディを繋ぐドラマチックな「Will Never Lose」と二曲続けてNipsey Hu$$leが登場。サウスっぽい重たい横揺れがチープで面白い「Swag So Mean」は再びDonnis、なかなか癖のあるフロウなんで中毒性がかなり高く個性的。ピコポコとアホっぽい合いの手がモロにトラップしている(笑)「Bread In The Kitchen」、逆に遅回ししたようなドロ~リ感が胃に重たい「6 Rings」は二曲続けてOJ Da Juiceman。彼にに関しては客演していた時の方が光っている気がする、Young JeezyやGucci Maneに比べると思ったよりも灰汁は弱くて聴き易いかもしれません。

2010年の新たな波をまとめた必須カタログ的な一枚、こういう作品を無料でダウンロードさせてくれるXXL誌は太っ腹で御座います(流石)。全員に注目するも良し、この中から一人を選ぶも良し、好きに楽しんで下さい。まずは速攻でダウンロードしましょう、Mixtapeをチェックするのって結構楽しいですよねぇ。『XXL's 10 Freshman for '10 Mixtape』のダウンロードは下記サイトから。
http://www.xxlmag.com/online/?p=72313
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment